2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/03/08 (Tue) ラブシーン?

スクープ!!!
こんな写真が手に入ったので衝撃後悔・・・いえ、公開!
011@_4_20160308122937716.jpg
私が攻めのラヴシーン♪
あはは。

3年に一度、救急救命講習を受けております。
もう忘れてたけど、多分一月頃、この服は私の夜勤の時の勤務服(制服が無いので、自分で勝手に決めてる)なので、夜勤明けにヘロヘロで講習を受けた時の物ですね。
夜勤なので17時間以上寝ずに働いた後の講習で、30回心臓マッサージを行って人工呼吸を繰り返す。
元々筋力の無い私にはとてもきつかった^^;
でも、講習を受けて初めて知ったこと。
心臓マッサージは心臓の鼓動を呼び戻す…ってんじゃなく、本来の目的は心臓を外からの圧力で動かして、脳にきちんと血液を送り脳の機能を維持する為(心臓が動いてる状態に無理やりする)だったんですね。
何とな~く、心臓の電気ショックと同じように、これをやってる内に自発的に心臓が動くのを待ってるのかと思いました。
そして電気ショックの認識もちょっと違っていました。
電気ショック(一般のAED含む)は、心臓をいったん止める事を目的にしたもの。
心室細動(合ってます?)という、心臓を規則正しく動かす信号が何らかの理由でおかしくなってしまった時、そのおかしくなってしまった信号をいったん止めて、正しい信号の再開を待つって事。
AEDは除細動器と言われるので、強制的に信号を戻せるのかと思ってた。
あくまでもいったん止めて、正しく戻るのを待つ・・という、受動的な物だったんですね。
救命救急とは、本人の生きる力次第なのかもしれません。

夜勤の時は、出来るだけ学んだ知識を駆使することが無いように・・・と、いつも願っております。
だって夜勤って、人を頼る前に自分が対処しなくっちゃいけないんだも~~~ん。

心臓マッサージは緊急を要するけど、いったん始めたら途中でやめては無駄になる。
まず人を呼んで、救急車を呼んで・・・心臓が止まってしまえば、その間にも脳は死に向かう。
その手順を的確に判断せねば。
でもね、私決断は早いけれど、その判断は間違ってることが多いし!(←おいっ!)

見守って下さった方々にご報告です。
実務者研修は無事に終了しました^^
ヤッホ~~~イ♪
開放感、パネエ~~^^

マダムは勤め人 | trackback(0) | comment(7) |


<<春待ち猫 | TOP | 恐縮ですが>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちわー

しかし、マダムさん、凄いですねえ
新しいことを次々と習いそれがちゃんと
身についてなにがあろうと対応ができておられるんじゃないでしょうか、
素晴らしいことです。
夜勤などホントに大変と思いますが
どうぞお身体に気を付けて下さい。

2016/03/09 12:17 | つとちゃん [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<つとちゃん>

こんにちわ^^

いえいえ、身につくなんてとんでもない。
まだまだです^^;
実践したことがまだないので、イザとなったら訓練通り動けるか・・・が、課題です(出来れば実践することが無いように祈ってるヘタレですが)

ありがとうございます。
今日も夜勤です。
がんばりま~す^^

2016/03/10 13:21 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

夜勤後の講習お疲れさまでした。

心配蘇生法の講習は私も何度か受けたなぁ。免許更新のためにたぶん5回ぐらい受けたかも。全部アメリカでです。最後に受けたのも今は期限が切れちゃってます。毎回内容が変わっていて、前回は人口呼吸は一回あるかないかぐらいで、胸を押す回数が増えていたと覚えています。日本も同じなのかしら。人工呼吸はこちらの講習ではプラスチックのマスクを使いますが、そちらでは人形に口をつけるんですか? それとも口を近づけるだけ?
私も実際使う羽目になったことは一度もありませんが、これからもそういう状況に合わないことを願っています(笑)
AEDが一度心臓を止めるためのものだとは私も知りませんでした。

2016/03/12 21:40 | ボーダ [ 編集 ]


 

こんにちは

心臓マッサージは心臓の鼓動を呼び戻す・・・ではないんですね~
びっくりしました
AEDとかを使わないといけない場所にいたら
逆に人を死なしてしまうんじゃないかとか
怖くて絶対出来ないと思っていました
・・・って今も出来ないと思いますけれど・・・
研修って大切なんですね
お仕事柄遭遇するかもしれない確立高いですよね
頑張ってね~

全身の写真が出たところで
次はお顔のアップかな?
楽しみ~ぃ 
 

2016/03/13 17:23 | 桜子ちゃん [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ボーダ様>

ありがとう^^
アメリカでは免許更新の時に救命講習が必要なのかしら?

私も実は救命講習を、ここ5年間で4回こなしました。
合宿で免許取得時。
職場で2回。
なぜか、この前の実務者研修の最終日でも。
それぞれ少しづつ、やり方は違うけれど^^
実務者研修の最終日のは、人工呼吸無しの、胸骨圧迫100回で、とてもハードでした。
講師はナースさんで、その時にAEDのコトをちゃんと聞いた気がします。
ドラマで良くある、ピッピッっという心拍の波形が、小さくブレているときが心室細動で、心拍停止後の完全棒線のピーー状態ではAEDはその性質上、役に立たないようです。
あのドラマで見る「ボンッ」と高出力な電気ショックは、また違うのかもしれないけれど。

そうそう。
合宿免許の時と、職場での人工呼吸は、プラスチックのマウスピース(と呼んでいいのかな?)のようなモノを使用してやりました。
マウスピースの周りに、ビニールが広がってるもの・・ボーダさんのいう「マスク」と同じ?
講習後貰ったものは、この写真のエプロンのポケット内に、いつも入れています。

一応人工呼吸は教わりましたが、講師はやらなくても良いようなことを言ってましたけど。
特に相手が嘔吐した場合^^;

うんうん。
この知識、出来れば、使いたくはないですよね。
使う場面を考えると・・・怖いです。


<桜子ちゃん>

いつもありがとう~^^

そうそう。
今更だけれど、私も認識の違いにびっくりでした。
何とかの法則ってのがあって、心臓マッサージ(今は胸骨圧迫というのが正しいらしい)をして、脳に酸素を届けないと、5分を堺に延命率が50%を切るらしい・・・って、すでにウロ覚えですやん^^;

「顔出し」に関する桜子ちゃんの考え方、私も同意してるのですが・・・考えたら私一人暮らしなのよ~
ご近所さんや職場など、身近な人には教えてないブログだけれど、
住んでるトコのかなりの情報を垂れ流ししているから、顔を常時晒すのはちょっと怖いかな^^;
前に私に危機感が足りなくって、住所を気軽に教えたことで、ちょっと怖い目に合ってるし。

実は以前アマゾネスさんには神戸旅行の時、写真をアップして良いって許可を貰っているので、今度の命日にでも二人で写ってる写真をアップしようかな~なんて、思ってます^^
アマゾネスさんのお顔を知ってほしい想いもあって、でも痩せちゃってたから、本来の健康で美しい時の写真じゃないのがなんだか申し訳なくって・・・色々と迷ってたけど、桜子ちゃんの言葉で、やっぱりアマゾネスさんをアップしなくっちゃと(笑)

あはは。
9月13日だから、その前後に遊びに来て下さいね^^



2016/03/14 00:52 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

心臓マッサージ、電気ショックの認識
マダム半世紀さんと同じでした。
救命講習、以前から一度受けたいと思ってはいるものの
なかなか・・・^^;

研修お疲れさまでした^^v

2016/03/20 06:36 | ネーサン [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ネーサン>

ありがとうございます^^

救命講習、受ける機会って普通は中々ないですよね。
私は珍しく・・・この5年・・・あ、4年館だった。
・・・で4回も受ける機会があって。
でも、やる度に思うんですよ。
出来ればやるハメにはなりたくないな~って。
人の生死に向き合う覚悟って、中々つかないものでございます^^;

ねっ?
心臓マッサージ(胸骨圧迫)、電気ショック(AED)の正しい認識自体が、難しいですよね。
体育会系と全く縁の無い私。
イザと言う時、頑張る根性があるかが心配です^^;

ネーサン、今年も梅見は出来ましたか?


2016/03/21 09:44 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/848-80ab945e

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる