FC2ブログ
2018・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/17 (Sun) 介護現場から~尊厳と自尊心とプライド④

遅々として進まないこのテーマ(笑)
その上、夏休みを挟みながら(サボリながら)チョボチョボと進めております。
・・・飽きた?
あはは。私も。
でもテーマを作ったからには、一応まとめる努力をしよう。
ガンバレ!私。

さて、自宅介護と施設介護についてですが・・・
私は施設介護を否定してるわけではありません。
私本人の、出来るだけ好き勝手に暮らしたい・・・という自然な欲求(エゴとも言う?)では、不自由な施設よりは気ままな自宅で生活する事を望みますが、それが難しい事は充分に分かっているつもりです。

自宅介護を一番困難にするのは、やはり排泄の問題行動かと思います。
認知症でなくても、排泄はコントロールできなくなりますし、排泄以外でも高齢者の独特な不潔感覚は、若い世代の方達には耐えられないでしょう。
高齢者にとっては「不潔」じゃないんだけどね。
例えば・・・服は洗ったら痛むから洗いたがらない。
服は一回着たら洗濯するものと思っているアナタ、3日に一回のお風呂でも脱いだ服を洗いたがらない気持ち、理解できないでしょう?
私は潔癖症だから高齢になってもその点は大丈夫かも?と思ってるアナタ、潔癖症は他人のみに作動するのかも。
自分のモノは汚くないから、使った食器を水でさっと流しただけで水切りカゴに入れたりする。
その癖、自分ルールは人に押し付ける。
もしかして認知症ではない高齢者でも、同じかもしれない。
一緒に暮らすには、案外そういった小さな価値観の違い・・・特に不潔感って決定的な破たんかも。

もしこれから、自宅で高齢者の介護をするつもりの方がいたら・・・
アドバイスとしては、被介護者の台所とトイレは別になってる方が良いのではないのかと思います。
離れや二世帯住宅のような形態であれば、自宅介護も可能かも。
自分のテリトリーは自分の清潔感覚が保てる・・・これが、きっと心のテリトリーと平和を守る事。
そうしたら相手のテリトリーでは、高齢者を理解する努力が出来るかも。

介護施設では、排泄の介助や始末は日常です。
それでも嫌にならないのは、仕事だからっていうより、自分の生活とは違う場所ってところじゃないかな。

離れや二世帯住宅の形態が、物理的、心理的に難しかったら、無理をせず施設介護を選びましょう。
身体介護や生活介護はプロの介護者に任せて、家族は心の介護を試みませんか?
施設に入所させる事が「姥捨て山」とは決して思わず、施設を高齢者の自宅と思ったらいかがでしょうか?
面会に行くと「迎えに来てくれたの?」と、帰り支度をする親を見るのがつらいこともあるでしょう。
認知症が進んだら、家族の顔も名前も忘れてしまって、よそよそしい感じもするでしょう。
一緒の時間をすぐに忘れてしまっても、とても大切な時間であると思ってます。
施設で間が持たなかったら、外食でも散歩でも喫茶店に入るでも・・・外出して楽しい時間を過ごして下さい。
施設では、どうしても介護者が足りなくて外出が頻繁にできませんしね。

施設は病院では無いので、泊まりじゃなければ、少しくらいの急な外出も大丈夫ですよ、きっと。
(・・・一応利用施設に確認して下さいね)

う~ん。
ばぁちゃん家は、独特の臭いがするかも・・・(笑)
でも嫌がらないで^^
施設は高齢者のテリトリーですから、臭いや他の利用者様も含めて、不潔感も丸ごと・・・理解や受け入れる努力もしてみてください。
もし受け入れられなくっても、顔や言葉や態度に出さない努力だけはして欲しいと思ってます。
私達介護者は、そこで仕事をしております。
病院にお見舞いに行ったりするとき「俺、病院の匂いってダメなんだよな」という言葉を良く聞きますが、好きな人はいませんから・・・黙ってなさい(笑)
施設も同じよ。

私は高齢者を介護施設に入れる事が、家族として恥ずかしいとは思いません。
認知症の高齢者が家庭にいたら・・・「家庭崩壊」だよな~と思う事柄って、実際に沢山ありますもの。
ただ・・・ちょっと嫌だな~と思うのは、施設に入ったからと、自分達の日常と切り離してしまう事。
・・・微妙な事なので、上手く伝わるか心配なのですが^^;
施設で働く前の自分を含めて、多くの方達が心に線引きをしてるんじゃないかしら?

今、高齢者を抱える方達が見てきた高齢者の終末期って、「病院」だったんじゃないかと思う。
主に老人病院と呼ばれ、何もかもドクターにお任せして、家族の義務を十分に果たしたと満足できる場所。
だから医療に関係ない施設に入れると、家族の義務を放棄したように思えるし、施設というだけで日常ではないような気がしてしまう。
施設に入れる罪悪感で、ギリギリまで自宅介護で無理をしちゃうと、逆に顔も見たくないって思っちゃうかもしれないし。

もっと肩の力を抜いてもいいんじゃないだろうか。

高齢者が施設に入ったら・・・ばあちゃんはちょっと安全な場所に引っ越し出来た・・くらいの感覚で、一か月に一回くらいは、ドレ顔を見に行ってやろうか、どこか食べに連れていってあげようか・・って家族が気軽に思えたらいいな。^^


マダムも人間 | trackback(0) | comment(11) |


<<介護現場から~尊厳と自尊心とプライド⑤ | TOP | 介護現場から~尊厳と自尊心とプライド③>>

comment











管理人のみ閲覧OK


^^ 

認知症の介護について~介護経験者の自分としては。一般の方とのギャップ。被介護者に対する受け取り方の相違に。戸惑ったりします。一般の方は認知症の人を何か特別な存在にして扱っているように思います。

常に身近にいた自分には。それがとても不自然に思えてなりません。フツウの人と若干違ってしまっただけで。何も恥ずべき存在ではありませんし。これまでのようにフツウに接して良いのだと思います(もちろん認知症であることを前提に置いて)。

こういうことを書くのも以前。知人に認知症になられた方がおられて。自宅に伺った際の奥様の様子に違和感を持ったからです。奥様には初めてお会いするわけでもなく。見知った間柄なのですが。来なくてもいいのに。何故来たの?という態度がありありと見えましてね。それがひどく自分には哀しかったんです。

認知症は誰にでも起こり得ることで。ごくフツウの病気と同じです。仮に誰と会っていると認識できなくても。上手く表現できないだけで。心の中では分かっているのかもしれない。知人と会うことで。いい意での刺激になるのかもしれない。少しでも何かの役になるのかもしれない。自分はそんなふうに思います。

今回のテーマとは関連がないかもしれませんが。近頃思っていたことを書きました^^)/

2014/08/17 19:07 | waravino [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

< waravino 様>

・・・それは、凹みますね^^;
家族にも様々な考え方があるのでしょうから、こちらの気持ちに反して、嫌な顔をされてしまう事もあるんですね。

尊敬する人が認知症になったら・・・その姿を認めたくないあまり、人に見られるのをためらう方もいるのかも。
本人の尊厳の為と、見られるのを嫌がる人もいそうです。

いずれにしても自分には生まれそうもない気持ちなので、私もお世話になった方の顔を見に行ってしまうかも・・・もちろんご家族を応援する気持ちで。
waravinoさんが、結論づけているなら、それがwaravinoさんの正解で良いのだと思います^^
曲げなくても大丈夫。
相手方が嫌ならば遠慮するしかないと思いますが・・・その場合、たまに簡単な絵葉書でも出したらいかがでしょう?

ほんにんや家族の尊厳やプライドと言ったものが絡むと、介護は更に難しくなっていきますね。
基準が個人の経験によるものだから差が激しいし、介護には踏み込む行為が多いですものね。
私は利用者さんを愛しく思うあまり(?)つい、子供に接っするような態度をとってしまうのが、日々反省の種なのです。
愛しい気持ち=敬語の使用・・・ってのが、中々出来なくて(笑)
まだまだ修行中。

2014/08/19 11:39 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

私もマダムと同感です。身体介護や生活介護はプロに任せて、家族は心の介護を続けるーー ただそのためには、よい介護者がいるよい介護施設が必要です。それが高額すぎなければ、理想的なんですが。私の友人に、すごく質のいい家庭的な介護施設に90数歳の母親を住まわせている人がいます。友人と同じ街なので、週に一度ぐらい会いに行っているようです。私も行きましたが、そこは悪い匂いもしません。猫や犬や、庭にはニワトリもいて、畑もあります。でも、かなり高いようです。私は自分はどんなところに入ることになるんだろう、と思いますが、介護者がきちんと責任を果たしていなかったり、感じ悪かったりするところだったら、入りたくないと思うし、入ってしまったら、逃げ出したいと思うかも。
現在私が訪問中の90歳の元義母は、90歳で自宅で一人暮らししています。歩くのが難しくなって来ているし、身体的にはかなりスローですが、認知症はありません。これからどうなって行くんだろう、と考えます。

2014/08/23 14:13 | ボーダ [ 編集 ]


 

しつこくコメントナンバー2です(爆)
匂いや衛生観念の差は、お互いに度を越えていると感じるようになったら、とても大変なことなんでしょうね。私自身、悪臭はかなり不快です。騒音もその次ぐらいに不快です。悪臭、騒音も世間一般の基準ではなく、「自分の基準」があります。それの不一致が身近な者同士で起こったら、難しいでしょうねー 今、90歳の「ママ」と過ごしていますが、彼女は年齢のわりに頭はしっかりしていて、清潔でもあります。毎朝、自分で体を拭くか、シャワーを浴びるかのどちらかをします。でも、加齢臭っていうんでしょうかね、そういうがあって、かなり気になることもあります。私がここにいる期間が短いからすべて受け入れてよい時間を過ごすことに気持ちを集中できますが、日常的だったら、そうはいかないでしょう。騒音は、テレビのボリュームが高くて同じ部屋にいるのが苦痛になります。それも、短期間なので、がまんできます。こう考えると、長期の介護はどれだけ大変なんだろう、と思います。

2014/08/23 21:50 | ボーダ [ 編集 ]


こんにちは 

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。

2014/08/25 11:34 | 鬼藤千春の小説 [ 編集 ]


 

私も自宅介護は絶対無理だと思うわ。
母も、うちのすぐ近くに暮らしていたけど、
一人暮らしの限界を感じて、施設に入ってもらった。
兄も同じように限界を感じていたみたいだけど、
私に気兼ねして、言い出せなかったみたい。
私が切り出した時、ほっとしてたわ。
入所費用とかも、兄弟でちゃんと割りましょうって。
マジで、良い妹だぜ!(爆)

実際に老人の排泄をめぐる大変さは、
祖母の時に経験していましたから。
プライドと、臭いと、量の多さ。
それが、毎日の事ですからね。

義父の時は、義妹や仲人さんにまで、
どうして家で見られないんだ、って、
さんざん文句を言われましたよ。
でも、工場の仕事しながら、
どーやって、介護するんだ?!
「寝かして、放っておけばいい。」と義妹。
それなら、施設のほうがよっぽど安心じゃね?
あ、もうやめよう、思い出すだけで、
めっちゃムカついてくる!!

とにかく世の中には無知蒙昧の輩がいるから、
心無いことを平気で言ってきたりするから。
でも、無理なことは無理だと言わないと、
本当に家庭も心も、体も壊れてしまう。

余裕のある心で、時間のある時に。
そうすれば、いつも優しい気持ちで接することができて、
あんなこと言わなきゃよかった、なんて、
悲しい後悔をしなくてすむものね。

私がアルツったら、マダムさんのとこに、
お世話になりに行こう!!
それまで元気に頑張ってね。

2014/08/25 18:13 | とる☆ねこ [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ボーダ様>

お返事が遅くなっちゃって、すみません^^;

良い介護者のいる良い施設・・・難しいですよね。
実は、私の勤務先のグループホームでは、利用者さんは愛されています(笑)
他施設を知らない私でも、こんなに利用者が愛されるところは無いんじゃないかと思う程。・・・あるかも(笑)
日本では公的施設は介護保険が利用できる限り、そんなに料金の差は無いと思うのだけれど、良くわかりません。
グループホームで自己負担は月々14~16万くらいかな。

有料のホームはもちろんピンキリだと思う。
良い所に入れたとしても、そこで最期までいられないかもしれないって事も問題かも。
医療行為が出来て最後までいられるところは、入所難度が高くて中々入れないし、自分でいくつかの施設から選ぶなんて無理っぽい。

ドイツのママ、90歳で一人暮らしは大したものだけど、周囲は心配よね。
大切な人には、最後まで幸せでいて欲しいと思うけど、近くにいられるわけもないし、う~ん・・・難しい。
歩くのがもっと困難になったら、やはり施設に入る方が安心出来ると思うよ。
今、ボーダさんにとってもママにとっても、貴重な時間を過ごしてるんだな~と思ってる。
楽しんでね^^


<鬼藤千春様>

ご訪問、ありがとうございます♪

今度時間のある時、ゆっくりと訪問させて頂きますね。
よろしくお願いします^^



<とる☆ねこ様>

>マジで、良い妹だぜ!(爆)
ホントだ!(笑)

とる☆ねこさん、大変だったね。

確かに、自宅介護で無理はしない方が良いと思う。
介護を仕事としてる私でも、一日何回かは(イライラしたら負け)と、心で呪文を唱えます(笑)
一日中、また休日無く介護する人には、この呪文も効き目が無くなると思うわ。
それくらい認知症の介護って報われないモノなのよね。
認知症でなくても、違う難しさがありそうだし^^;

>私がアルツったら、マダムさんのとこに、
お世話になりに行こう!!

あはは。
とる☆ねこさんがアルツったら、私もアルツってますから~
同世代でしょ!

2014/08/26 02:24 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

キレイ、汚いの基準の違い、わかります。
祖父が・・・すごいオシャレだし、グルメだし、いわゆるハイカラなヒトだったんだけど、なぜか毎日欠かさず一番風呂に入るのに下着とか、母がやいやい言わないと換えようとしない・・・タオルを浴槽に入れてしまうので、湯垢だらけになっちゃって、祖父の入った後にもう一回入れなおしてたり・・・。
食器(陶磁器)にも通で、台所仕事も手伝ってくれるのに、なぜかすべての食器に汚れが・・w
でも祖父の部屋はきっちり整理整頓されてて・・・
まったくもって、当時はそのギャップに当惑したものです。

ほんとにぽっくり逝っちゃったので、最期は「きれい」でしたが、この記事読んで、改めて自分の価値基準を他人に押し付けちゃいけないって思いました。
・・・でも亭主には押し付けたくなる!

2014/08/26 11:50 | とんがりねずみ [ 編集 ]


マダム半世紀さんへ!! 

御無沙汰でしたね~~汗)
そろそろ私も年頃wになり考えたくなくても現実問題ですね~~汗)
流石は体験者のお話は最高説得力あり参考になりました。
二世帯生活が理想的ですが経済的問題がそうもいきませんですしねー・
今は長期入院もできず。通院介護か施設入所するしかないように思いますねー。いくら神様みたいな人でも長期となると爆発することもあるでしょうし・・・現実に事件になっている事もあり複雑な問題だと思いました。汗)
認知症って普通の病気で誰でもなるものなんでしょうかね??注意事項をこれから勉強してみようと思いました。有難いお話感謝でした。!

2014/08/26 15:06 | 荒野鷹虎 [ 編集 ]


 

マダムさま、こんばんは。
お久しぶりです。

少しさかのぼって読ませていただきました。
介護のお仕事に真摯に向かい合っていらっしゃる姿勢に感銘を受けながら勉強させて頂きました。

寿命が延び、誰にでも訪れる老いについて考える機会を与えて頂けたことに感謝いたします。

ありがとうございました。
これからも、どうかお身体にお気をつけて
介護のお仕事にお励み下さいますように。

2014/08/26 22:19 | 憧レ屋総本店(妻) [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<とんがりねずみ様>

>・・・でも亭主には押し付けたくなる!
あはは!
とんがりさんらしい~^^

そうそう。
高齢者になると、目が悪くなるって事も関係してるかも。
食器の汚れは案外気にしないのよ。
洗剤すら使おうとしない。
でも、箸は必ず食べる前に水で洗ったりして・・・行動が良くわからない^^;
油断してると、自分の飲んだカップをそのまま食器かごに入れちゃう人もいるしね。
グループホームでは、利用者さんの洗った食器を影で洗いなおしてたりするよ。
自分で洗った方がよっぽど早いけれど、そこは生活リハビリだから受け入れないと、利用者さんの出来る事がなくなっちゃう。
コレ、家庭では難しいと思う。
非効率的過ぎて、今の主婦には受け入れられないかも。


<荒野鷹虎様>

私もご無沙汰しています^^

自宅介護は本当に難しいです。
自治体によっても違うと思いますが、独居で介護保険を利用してる方が、自宅に長くいられるかもしれませんね。

>認知症って普通の病気で誰でもなるものなんでしょうかね??
癌が細胞の老化であるように、脳の老化が認知症かもしれないですね。
頭を使いながら身体を動かすのが効果的だそうですよ。
あと、予防法を検索したらアロマが出てくるかもしれません。

私はまだまだ勉強中なので^^;
あまりお役に立つ事も言えなくて。

鷹虎さん、お身体の調子はいかがですか?



<憧レ屋総本店(妻)様>

あはは。
まだまだ勉強中なんで、偉そうに言えるわけもないのですが、ちょっとまとめてみました^^;


憧レ屋妻さんの近況を見て、お元気そうで本当に嬉しくなりました。

女の命は長いですから(笑)亡きご主人への土産話をたくさん作りましょうね!

2014/08/28 20:28 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/779-a9389fc8

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。