2018・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/03 (Sun) 介護現場から~尊厳と自尊心とプライド③

タイトルの「介護現場から~」というのは、嘘ではないですが、実はとても狭い範囲となります。
なぜならば・・・私は今働いてる職場以外に「介護現場」を知らないから。

私の働いているのは「小規模多機能型」の施設のグループホーム。
ご存じの方も多いと思いますが、高齢者のグループホームとは、認知症の方々が共同生活をする場所で、介護者はその手伝いをする為にいるわけです。
認知症の軽いグループでは、皆が仕切りたがり、仕切られるのを嫌がり、家事は手伝いたいけれど手伝わされるのは嫌・・・という、まだまだ生臭い争いがありますし、認知度が低くなると・・・やっぱり仕切られるのを嫌がり、家事を手伝うのは面倒だし、手伝わされるのは嫌という(笑)
ま、人間の基本「自分本位」に限りなく近づくのは、集団の中では良くあること。

介護者側の思いも様々・・・グループホームは認知症リハビリの為でもあるから、自分の事は自分でするのが前提とする人、作業効率が一番として面倒だからやっちゃう人。
私は・・・実は本人が嫌がっている、もしくはもう難しいのにやっていただく事にはあまり意義を感じない。
なぜならば・・・自分が逆の立場になったら、出来るだけ楽に快適に暮らしたいからなの。
私自身は外に出ない限り、朝から着替えもしないで過ごしてる。
でも施設に入ったら、毎日朝と夜、着替えなくっちゃいけないのよ^^;
ご飯作りの手伝いもしなくちゃいけないし、お風呂も3日に一回は入らなくっちゃいけない・・・自分が望んで入った訳じゃないのに。
高齢者になってからの家事は、本人がやる気であればやって貰って、やる気が無ければやらなくてもいいんじゃないかと思うのだけれど、それは正しくないようで。
正しくは、出来る限りやって貰う事が認知症の進行を遅らせるようで・・・
人の分まで家事をやりたがる方には自分の分だけやるように、自分の分もやりたがらない人にはやってもらうように仕向けるわけです。
それがどのくらい認知症の進行を遅らせるのか、遅らせる事によってどのくらい介護費用や医療費がかからなくなるのか、そしてそれが高齢者にとって幸せな事なのか、「やりたがる人にやりたがらない人の分までやってもらっちゃえばいいじゃん」と思っちゃう私には、正直未だもって良くわからんのよ。

施設にいても80歳も過ぎて高齢になったら、好きな味付けの好きなモノを食べて、もし病気になったら無駄な手術や大げさな治療は諦めて、管を付けるのは尿管くらいのなるべく普通に近い暮らしが出来て、痛みだけ取り除いてもらって、食べられなくなったら諦めて・・・というのはやっぱりダメかしらね。

自由気ままな独居、家族とずっと同居していた方はそのままあの世に行けるのが一番よね。
親も自分も。
だけど・・・認知症やその他の病気になって、生活そのものが不可能になったら・・・
先の事なんてまだ考えられない、考えたってどうしようもない、なるようにしかならない・・・なんて思っている人も多いと思う。
実際に介護中の方だって、目の前の高齢者と自分の将来は切り離して考えていると思う。
いや、介護中の大変な時だからこそ、被介護者と自分を重ねる事は出来ないでしょう。

いずれ介護しなければならない家族がいる場合、自分が高齢になった時、又は終末期にはどうしたいか。
もちろん答えは一つじゃないし、すぐに結論は出ないと思うけど、答えを人任せにしない事が一番大事なのではないだろうか。

自分に何が出来るか・・・残念ながら私は自分の親の時は、自分に何が出来るかなんて、考えた事も無かった。
親が早くに逝ってしまった事もあるし、嫁いでしまった末子だという事もあって、出来なかったんじゃなく、するつもりが無かったんだと思う。
その分義両親の時は真剣に考えたかったけど、私の元ダンさんは、自分の親の事なのに考えるのをとても嫌がった。
その時になったらどうにかなるさ・・と、自分の思った通りに家族が動いてくれるだろうと・・・それは楽観的というより責任転嫁だと思うけれど、それは男の人に多い?
道義的な道を選びたいけれど、ババはひきたくないし、自分自身(嫁は別)が面倒を背負込むのは嫌なのよね。
きっと自分の事も「野垂れ死に」なんて格好をつけた「人任せ」に違いない(笑)

男性の平均寿命も80歳を超えたようで・・・そろそろ男性も真剣に介護と自分の終末期を考える時代になっている。
奥さんに介護が必要になったら?
奥さんに先立たれたら?
熟年離婚をして一人になったら?
考えたくないけど、考えとこう(笑)
自宅介護と施設介護。
子供任せはダメだからね・・・と言うよりアテにするのは難しいのよ。

マダムも人間 | trackback(0) | comment(7) |


<<介護現場から~尊厳と自尊心とプライド④ | TOP | 介護現場から~尊厳と自尊心とプライド②>>

comment











管理人のみ閲覧OK


^^ 

自分の終末期~さて。どうなっていることやら。今はまだ体も動きますし。ある程度の体力も残っています。しかし徐々にではありますが。確実に老化・劣化しております(排尿のキレが悪いw)これは誰も逃れられない事なので。諦めの境地に達しています。老化現象。そうなったらなったで。モノの見方・価値観も変わると思いますし。それに従うしかありません。自然の流れに沿いながら老いて死んでいきたいです。ああ。「上手に死にたい」^^;)/

2014/08/04 08:48 | waravino [ 編集 ]


 

私も母を施設に入れていますので、偉そうなことは言えない立場ですが、老人介護の問題は人生の最後をどのようにして過ごしたいかという考え方によるのではないかと考えさせられています。
私自身はもろに責任転嫁で人任せだったのですが、施設に預かってもらうまではそれなりに大変でした。家族全員がそれに振り回されて、笑顔などとても出ない家庭でした。

私も痴呆が進む前に施設に入って、少なくとも家族に疎まれる前に何とかしてほしいと思っています。
痴呆が進んだ後の延命治療などは私もしてもらわなくてもいいかなあと感じています。
こういうことは何が正解かわからないので難しいですね。

2014/08/04 22:57 | kaguma [ 編集 ]


 

どうやって「よく老いようか」考えるんですが、なかなか答えは出ません。体は絶対にこれから老いていく、1人でできないことがどんどん増えていく、誰かに助けてもらわなくてはならなくなる、でも嫌な施設に身を置きたくない、そのためにはお金がたぶん必要になる、でもそんなに貯蓄はない、どうしよう? って考えます。家で老いて死ねたらいいでしょうが、そんなことができると期待しない方がいいでしょうし。考えても答がでないです。でも、考えすぎると落ち込むので、途中でやめてしまいます。せめて周りの人間に自分の希望を文書で残しておこうとは思いますが、それすらも思うだけで実行していません。
記事の前半の部分に関しては、私もお料理などの仕事をしたくない人に強制するのは賛成できません。理由は同じ、自分なら強制されたくないからです。

2014/08/05 18:12 | ボーダ [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

< waravino 様>

>ああ。「上手に死にたい」^^;)/
私もそう思います。
それと・・・上手に老いたい!^^;

なんだか年を取るたび、柔軟性が無くなってくる自分を感じて、ちょっと困ってます。
あはは。
本来の性格が又戻って来た・・・ってところでしょうか。
・・・それとも今、私が自由すぎるからでしょうか(笑)
ま、生きるのがヘタな私に、上手く死ぬ事が出来るとは思ってないのですが。
やはり子供達への負担を少しでも減らす事が出来れば・・・なんて思うのも、まだ元気なせいかもしれませんし^^;

だって、明日も1年後も10年後も、まだまだ未知の世界ですものね。
考えも変わっちゃうかも。


<kaguma様>

kagumaさんも介護で大変な思いをなさったのですね。
それはお疲れ様でした。^^;

私、親御さんを施設に入れる事を、決して引け目に思う必要はないと思ってるんですよ。
次回、その事をちゃんと説明する予定です^^

親御さんを施設に入れる事が、コンプレックスになってる方もいらっしゃるようで、驚く事あります。
以前に「高齢者を施設に入れたら可哀想」又は「親の面倒を見るのは当たり前」と、思った自分の考えに縛られてしまってるんじゃないか・・な~んて思います。
それもあって、自分を縛るのは自分の考えなんじゃ?と思いました。

自分自身が高齢者を受け入れる事が出来るのが、結局は自分を救う道なんじゃないか・・とは思ってますが。
高齢者を受け入れる=自宅介護・・とは、思ってないので大丈夫です。
・・・だって、認知症が大変なのはわかってますから!

2014/08/06 00:25 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ボーダ様>

そうそう。
嫌な施設には入りたくない・・・でも、自分で施設を決めるには、分不相応の資金が必要になるかもね。
それに自分で決めたとしても、終末期までお世話になるのは不可能だと思います。
・・・日本では、終末期は医療が必要と思う家族が、殆どだからです。
自宅で自然に看取られたいと思うには、医療が満足ではない離島が一番向いているかもしれません・・・
それって高齢者には、最先端の医療は必要ないって事で、ちょっと皮肉っぽいかな?

そうそう。
自分の将来を考えても、満足する答えは出ない。
でもさ、高齢社会になってしまった日本に必要なのは、自分が高齢者になった時どう暮らしたいか?終末期をどうしたいか?を、個人が真剣に考えて、社会全体がそうやって動いていく以外にないんじゃないだろうか?
終末期なんて特に、自分でやって貰いたくない事を、父母にしてる方も多いと思うのよ。
終末期の高齢者の為ってより、自分が後悔をしない為にね。
・・・だから、まず自分の中の意識を変える事が重要かも・・・な~んて、一番難しいんだけどね^^;

難しい話だけれど、この際、もうちょっと進めちゃおうかって思ってる。^^
良かったら、一緒に考えてね。

2014/08/09 09:58 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

相手のためにという理由のもとで、実は自分が後悔しないようにしているという、落とし穴のような状況は意外に多いのかもしれません。これは本当に難しい問題だと思います。自分の中の意識を変えるのが重要、、、同意します。
施設が無理になったら、ホスピスのようなところには行けないんでしょうかね。それともホスピスは近い将来死ぬ人が行くところだから、施設からホスピスの中間のような場所が必要なのでしょうか?
難しい問題ですが、誰でも関わることなので、とても関心があります。ぜひ続けてください。忙しそうなので私が代りに言いますが、kumikoさんもぜひ続けてほしいと言ってます。

2014/08/10 03:19 | ボーダ [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ボーダ様>

ありがとうございます♪
一緒に考えて下さる方がいて、心強い^^

今ちょっと夏休みを貰って、元ダンさんと一緒に遊んでいるので、考えをまとめる事が出来ません。
あはは。
気長に待って下さると嬉しいです。

2014/08/10 21:47 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/778-fd78ffc4

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。