FC2ブログ
2018・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/07/16 (Wed) 介護現場から~尊厳と自尊心とプライド①

介護現場で働いてると、尊厳やら自尊心やらプライドやらを考える事が良くあります。
・・・ま、そんな事も考えようかな~と思って、介護の仕事を選んだのですが。

私の介護現場に入る前の覚悟として「可哀想とは思うまい」というのがあります。
その人にとって、身体でも頭でも「衰えた状態」を憐れまないようにしようと。
皆様、色々なこだわりがあると思うけれど、個人的には「同情」は嫌いじゃないです。
同じ思いを共有しようとする心があるんじゃないかなと思うから。
でも「憐れみ」って、なんだか嫌なんですよね。

わかっていただけるかわからないけれど「可哀想だったね」は許せるけれど、「可哀想に」は許せない。
ん~、こんな言い方だと、ニュアンスが微妙過ぎる?(笑)
これも今流行りの「頑張って・・は悪説」みたいな、言葉狩りに思えちゃうかもしれないけれど、実はその言葉に含まれる軽い優越感や侮蔑を嫌悪してるだけかもしれない。
だから本当は「同情」や「憐れみ」を、明確に区別出来てるわけじゃないとは思うけど。

あはは。
話を戻すと、例えば排泄のコントロールが出来なくなってしまったり、記憶も無くなり、感情もコントロールできず、満足に一人で歩くことも出来なくなった高齢者と接する時・・・それを「可哀想」とは思わないようにしようと思っている訳です。
・・・変な文章^^;
こう表現すると、なんだか善人みたいなんだけど、そうじゃなくてね。
つまるところ自分の為なんだけど^^;
私は、自分がそうなっても、決して人に憐れんで欲しくないだけなの。

そうは言っても、意識下でどうしても生まれてしまうんですよね「可哀想」という感情。
アルツハイマーのSさん、徘徊、暴言やらで、誰よりも手間がかかって、介護者全員が機嫌を取って・・・きっと人生の中でこんなに人に構って貰って、話題の中心にいて「学園の華」並みに注目を浴びて、我儘放題の至福の時って無いんじゃないかと思うのだけれど・・・それは本人にはわからない。
・・・それが「可哀想」と思うっちゃうのよ。

あ・・まだ「尊厳」のその字にもたどり着けない(笑)
あはは。
長くなりそうなので、ちょこちょこまとめようと思ってます。
気が向いたら、気長にお付き合い下さいね^^
IMGP1026 (2)
息子その2から、7月に入ってから貰ったカサブランカ^^
そう「母の日」のプレゼントです。
もう、枯れちゃったけど。
今の時期、水が暖かくなるのであまり長く持たないのよね。



マダムも人間 | trackback(0) | comment(2) |


<<介護現場から~尊厳と自尊心とプライド② | TOP | お勧め木材編>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

同感! 同感!

可愛そう 嫌いな言葉
じゃ あんたはかわいそうな人じゃないのね。

って言い返したくなるね。

可愛そう って上から目線ですよね。

介護は 最後は哲学の世界に行ってしまうと思いませんか?
私も少ない介護施設経験で
いろいろ学びすぎて(笑)
疲れてしまいました。

極端に言えば ある現場では「そないなこと知るか!」というくらいの気持ちを持たないと
潰れてしまう。。。

私はそれができなかったので
倒れそうでした。

マダムさんは プロですからすごいです。
頭の切り替えが上手なのですね。
優しさと 自分をきっちりしないといけないですね。

2014/07/17 09:38 | くーさん [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<くー様>

>最後は哲学の世界に行ってしまうと思いませんか?

人生哲学の世界ですね^^
・・・って、哲学が何たるか、も大して理解してませんが^^;
あはは。
私は自分の人生しか知りませんので、哲学までたどり着けないかも。

まだまだプロとしては未熟だと思います。
でも、介護を学んでいる、というより、自分の人生を学んでいるような気になります。
身体介護の少ない、グループホームだからこそ、考える事が出来るのかもしれませんね。

有料ホームだと、サービス業が比重を増すので、考える事が違うかもしれません。
私は有料ホームには向いてないと思う^^;

2014/07/18 00:53 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/776-04faec88

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。