FC2ブログ
2019・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/09/13 (Thu) アマゾネスさん

アマゾネスさんが・・・・逝去されました。

アマゾネスさんのブログはこちら⇒「アマゾネスの独り言」

私もアマゾネスさんは絶対、自分のブログを四十九日前に見に来る・・・って、思ってます。
縁の出来た方も、又陰ながら見守ってくださった方も、良かったら一言、アマゾネスさんのブログにお声を残して頂けたら嬉しいです。

苦しくないわけは無いと思うけれど、私の知る限り、貴女は最後まで前向きで明るく強かった。

アマゾネスさんからの最後のメールを紹介します。
8月28日
「ありがとう~子供たちは どうあっても2クール目をやってくれ~っていう事ですドクターは途中棄権する事になるかも…それでも頑張るのなら…頑張る?って。私がやりたい事を我慢して子供たちの気持ちを優先してるんじゃないかと…思わずドクターに私が今やりたいのは子供たちに私がどう生きたかを示して 頑張る姿を見せる事なのかもしれませんって…言うのが やっとこさだったよ~ドクターはカラダが慢性肝疾患みたいになって、ガリガリに痩せてるのにお腹だけぽっこり膨らんで…栄養失調みたいになってるのを心配して言ってくれているのも よ~くわかる今日久留米大学から旦那に連絡が入ったみたいです1クールの結果が随分良かったみたいですちょっと嬉しいここまで来たら、最後までやるっきゃないよね~子供たちのためだけじゃなくって 私やみんなのためにも腹は苦しいけど、頑張るぞぉ~」


まだまだ花の54歳で、やりたい事も沢山あったと思うけれど、貴女の人生は明るい家族に囲まれて、まるで幸せを凝縮したように、素晴らしいものだったと思います。
今までとっても頑張ったんだから、少しゆっくりとお休み下さい。

でも、私がそちらに行った時は、先輩として色々教えて下さいね。
又、ゆっくり喋くり倒そうね。^^



マダムの日常 | trackback(0) | comment(11) |


<<思い出 | TOP | 今思えば>>

comment











管理人のみ閲覧OK


やはり、そうでしたか。 

虫の知らせとは、このことでしょうか。
数日前から気になりだし、超久しぶりにブログを覗きに行き、
更新が途絶えていたので、マダムさんに鍵コメしようかと。
入院準備でバタバタしてたけど、たぶん夕べも、
ブログを覗きに行ったとおもいます。

心から、ご冥福をお祈りするとともに、
彼女の短かかったけど素晴らしく前向きで、
充実していたであろう人生に、拍手を送りたいと思います。

合掌

2012/09/13 20:36 | とる⭐ねこ [ 編集 ]


 

ちょっと様子をマダムに聞いてみようかしら・・と思っていた矢先…ショックです。
辛い治療になるだろうとは思っていたけど・・・でもアマゾネスさん、最後まで自分よりも家族の事を考えて・・・なんかもう、何言っていいのかわからないけど、ほんとに前向きで、すごいお方でした。
まだ実感がわいてこないんですが・・・心よりご冥福をお祈りいたします。
アマゾネスさんのブログにも行ってきます。

あー・・・ショック・・・でも、アマゾネスさんのたくましい人生に乾杯&拍手!

2012/09/14 13:10 | とんがりねずみ [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<とる☆ねこ様>

うわ~
ありがとう。
入院中なのに、わざわざipadを使ってコメントを残してくれたのね。^^

そう。
アマゾネスさんは凝縮した人生を送ったと思います。
それもかなり幸せ度が濃厚で。^^

最後に会った時の、痩せてはいたけれど、きらきらした笑顔が忘れられません。

とる☆ねこさんは「持ってる」人だから、大丈夫だと思うけれど、神様の言う通り、ちゃんと検査して休養してね。^^
今回の入院は、そういう事じゃないかと思ってます。
もし、体調がバッチリ!☆になったら、アマゾネスさんのブログに訪問して、一言残して下さったら、アマゾネスさんも更に喜ぶと思います^^。

私は明日、アマゾネスさんの顔を見てから、書き込む予定^^


<とんがりねずみ様>

ええ。
アマゾネスさんは短い一生だったかも知れないけれど、誰にも誇れる一生だったと思います。

とんがりさん、アマゾネスさんにいつも力強いお声掛けをしてくれてありがとう♪
息子さんの言う通り、皆さんの気持ちが彼女の強さを補強していたと思います。

アマゾネスさんが東京に来た時、カエルの絵のTシャツをみて「とんがりさんだね」「やっぱり?」って二人同時に笑った事が、今でもおかしくて。^^
きっとご近所だったら、とっても良い茶飲み仲間になってたんだろうな~。^^
本当にありがとう。

2012/09/14 19:14 | マダム半世紀 [ 編集 ]


僕からもアマゾネスさんからのメールを紹介します 

たくさんの情報をありがとうございます。
すぐに手に入りそうなのは枇杷茶かなぁ?真央にネット購入して貰い、飲んでみますふふふっ看護師さんって年齢不詳なんだな~。オマケにでっかいマスクしてるんじゃ~スタイルぐらいかな~分かるのは[人差し指]そんでもってパンツスーツだからね~足の格好だってわかんない[人差し指]お嬢さんドクターは美人だよ~来年小学生になる娘ちゃんがいるようですが…
マダムには息子は何度も子守りしてもらってるんで、ちっちゃな時の記憶しかないと思いますが…何よりも私が笑顔でいた記憶を残しておきたいと、免許を取得したあとに、すぐに広島に来るって言ってくれたのを予定変更してもらったんです。
マダムにはいつも一方的にお世話になってばっかりな気がする…
りゅうさんにもブログの世界を飛び越えて現実世界でも出逢えた事が不思議な気がする。あとは色んな目先の楽しみを作りながらちょっとでも長らえたい思わず長くなってしまいました。おやすみなさい

2012/09/14 22:49 | ryu [ 編集 ]


 

永遠のお別れは寂しいものですね。
5月にご自身で書かれた最後の記事からは、
もうこれまでなのかな…
とさえ正直思っておりました。
それでもご次男様のご結婚にもご出席され、
お二人目のお孫さんのお顔もご覧になれたのは、
アマゾネスさんだからこそ起せた奇跡なのかも知れませんね。
アマゾネスさんの輝かしい人生に、
私も心より拍手を贈りたいと思います。

2012/09/15 01:12 | TAKE [ 編集 ]


こんにちは。 

アマゾネスさんは、古くからのお友達だったのですね。
存じあげない私ですが、このたびのご逝去、
心からご冥福を祈らせてください。

「遺言にかえて」を読ませていただきました。
厳粛な気持ちになりました。

私にとっても、もう他人ごとではありません。
このような見事な言葉を残せるかどうか、
なによりもしっかりと死をみつめることが出来るかどうか、
考えさせられました。

マダムさんも、お寂しくなるでしょうが、
お友達の分も含めて充実した日々を送られますよう。

合掌。

2012/09/15 09:13 | NANTEI [ 編集 ]


マダム半世紀さんへ!! 

何か胸騒ぎがして気になっていました。
そうでしたか・・・・涙)
ガンは憎い病気ですねー。

ここでアマゾネスさんのご冥福を祈らせて頂きます。合掌
素晴らしい、真面目なお方だったとおもい懐かしく思い出されます。

マダムさんも、さぞ、苦痛に明け暮れたことと察します。
これからお悔やみに行ってみます。

2012/09/15 23:08 | 荒野鷹虎 [ 編集 ]


 

 アマゾネスさんの訃報を読ませていただきました。
続いて、彼女のブログを開きました。
「ブログ更新停止のお知らせ」とありました。
悲しいお知らせです。
面識のない彼女でしたが、マダムのブログを通じて、
何か親近感のようなものを感じていました。
ご冥福をお祈りします。
マダム、彼女はあなたの友情に感謝しながら、旅立たれたと思いますよ。
他人の私ですが、それを確信しています。

2012/09/16 11:15 | 森に暮らすひまじん [ 編集 ]


 

こんにちわー

どんな言葉や思いが、いいだろうかと思い、思いながら
今日になってしまいました。
54歳で今の世に終止符を打たれたアマゾネスさん、
きれいな星の世界を通りながら、愛する、ご主人、お子様
へ、心こもった美しいメロデイーを、やさしいマダムさん
へ感謝の思いを、星や、素晴らしい青空に想いを託され、
ニッコリ微笑みながらいつも見守って行かれることでありましょう。 心より、ご冥福をお祈りいたします。


2012/09/16 13:04 | つとちゃん [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

<ryu様>

次男君の結婚式のちょっと前頃のメールですね。^^
アマゾネスさんの希望通り、私にはアマゾネスさんの笑顔の思い出が残っています。^^

神戸の一日はとっても楽しかった。^^
本当に良い思い出になりました。
アマゾネスさんにとっても・・・と、思っています。
ryuさん、ありがとうございました。^^


<TAKE様>

ありがとう~
TAKEさんの優しさ。
アマゾネスさんも感じていたと思います。
だって、息子さんの言う通り、こんなに頑張れたのは絶対みなさんのおかげだと思う。

前にアマゾネスさんの事を記事にした時も、皆さんのコメントを大変喜んでいたの。
力が出る~!~~って。^^

うふふ。
そうそう。
寂しいけれど、寂しくない。
変な表現でごめんなさい。
アマゾネスさんの人生は、素敵な人生でした。^^
私は私なりの人生の反省や愚痴を持って、アマゾネスさんと又語り合えるのを、楽しみにしています。


<NANTEI様>

アマゾネスさんのところにお寄り下さり、ありがとうございます。^^
私にも暖かいお言葉、ありがとうございます。

アマゾネスさんが元気な頃にお知り合いになれていたら、彼女は絶対NANTEIさんのファンになってたと思います。
^^
歴史などに詳しい彼女は、きっと楽しいやりとりが出来たと思うのに・・・とても残念です。


女性の強さは「守る」という事で顕著になりますね。
彼女の強さは、家族を守るという事に、裏打ちされていた・・・と、感心するのです。

家族の為に生きるという強さ。
自分勝手な私には無い強さだと、つくづく思います。
見習いたくても・・・難しいかな。

完治の見込みが無い場合、私は手術も抗癌剤治療も拒否して、ペインコントロールだけお願いするかもしれません。
ヘタレですから~。^^;

2012/09/16 20:17 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<荒野鷹虎>

いつもありがとうございます♪

アマゾネスさんばかりではなく、私にまで鷹虎さんは、いつも優しくお気にかけてくださいましたね。

ガンは良くある病気で、ガンばかりではなくても多くの病気があって、戦っている方も数多くいらっしゃると思うのですが、人それぞれの戦い方があって。

アマゾネスさんの人生は、決して長くない人生だったとは思いますが、本当に素晴らしい人生だったのではないかと思えて、悲しんでばかりもいられません。^^
私なりの人生について、また勉強をさせていただきました。


あはは。
鷹虎さんの住む北海道は、夏が過ぎたらあっという間に寒さに向かいますね。
どうぞ、御身体には充分お気をつけて、厳しい冬を凌いで下さい。


<森に暮らすひまじん様>

親近感を持って見守って下さって、ありがとうございます。^^
きっとアマゾネスさんも喜んでいます。

彼女も私も、気の強い女で(笑)
彼女が広島に引越しをしなければ、きっといまでも楽しく行き来できていたと思います。

感謝・・・と言えば、私の方がしているかもしれません。
お見事!と感心するほどの強さを、彼女に見せていただきました。^^
私は彼女のように、充実した生き方は出来ないかもしれません。^^;
でも、頑張らなくっちゃ・・・ですね。

優しいお気持ちを、ありがとうございました。^^


<つとちゃん>

9月はつとちゃんにとっても、悲しみの詰まった月でしたね。
夏の暑さが過酷なせいでしょうか?
9月は不幸が多い気がします。

アマゾネスさんは、決して長い人生ではなかったけれど、幸せを沢山詰めた、素晴らしい一生だったと、私は友人として誇らしく思っています。^^

悩ませてしまって申し訳ごめんなさい。
いつも優しい気持ちをありがとうございます。
嬉しいです。^^

2012/09/16 22:07 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/653-16d11dfc

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる