FC2ブログ
2019・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/07/17 (Tue) いじめについて考えてみた

前記事の
「虚言少年」「星と半月の海」「ちょいな人々」の三冊
読み終えました。

「虚言少年」京極夏彦 著
  京極さんの本は初めてでしたが、
  選んだ本が悪かったかも。
  この話は興味がもてませんでした。
  主人公は小学生だし。
  高校生くらいまでなら楽しめたかも。
  文章力は当たり前にありますので、
  ホント好みの問題。
  他の本にチャレンジします★★

「星と半月の海」川端裕人 著
  この作家さん、名前も知らなかった
  (勉強不足?)けど、メチャ当たりでした。
  自然や動物がテーマとなっていて、
  リアルだけではないロマンを感じます。
  ファンタジーではないけれど、女性向けかな。
  爽やかな風の中で読後感に浸れます。
  ★★★★

「ちょいな人々」荻原浩 著
  ユーモラスでほっこりする短編集。
  気軽に読めて楽しいです。
  読後感も良。
  通勤、通学途中で読むのに最適。
  この本の文庫が出てるかは不明だけど。
  ★★★

根を詰めて読みすぎたみたいで、やはり目の負担が大きかった~^^;
ここいらで少し休まねば~。



今テレビで「いじめ自殺」が連日話題になっていますね。
大津市では、教育委員会も含めた学校側の対応が悪かったと、大変責められてます。

私自身は「学校は教育の場」と思ってますので、いじめ問題がすべて学校のせい・・・とは、思ってません。
もちろん、今回の件では対処が不十分であったとは思いますが、教育現場に対処のすべてを任せる事自体が間違ってるのではないかと以前より思っていました。

先生と親が互いに責任のなすりつけをするんではなくって・・・
これからもしいじめが起きたら・・・兆候に気付くにはどうしたら良いか、気づいたらどうすべきか、加害者側の親になったら、被害者側の親になったら、担任の先生だったら、立場別の具体的な対応シュミレーションを学校と親の両方が事前に学ばなくてはいけないと思うのだけれど。
いじめが発生する事よりも、それに対する準備が出来ていない事が本来の問題なのではないだろうか?

テレビで、あるお母さんからの
「どうしてイジメなんて起きるのでしょうか?とても悲しいです。」
という意見が読み上げられて。
え~~~~っ!?
・・・て思うのは私だけじゃないと思うわ。

人間は知恵という武器を持つ動物でしょ?
優秀な種を残すという本能を持つ限り、集団があれば優劣をつけて、その結果イジメが生じるのが生存競争としては当たり前な気がします。・・生き物である限り。
それを抑制するのが、宗教だったり、倫理だったり、躾だったり、理性だったりするんだと思います。
やっぱりその基本は、学校よりも家庭じゃないのかな?
学校は勉強を教えるところ。
家庭は人生の基本を教えるところ。
・・・じゃないですか?

「イジメはダメ」だけじゃなくて、なぜダメなのか、子供に理解出来るように家庭で話し合う事はどうしても必要だと思う。
これはいじめる側の面かな。
いじめられる側の面では、自殺についても触れるべきだと思う。
やっぱりどちらも大事。
普通の生活の中で自殺を話題にするのは難しいけれど、最終的に自殺を考えるまでに、逃げ道を作れるように。
子供が長じてからは、おざなりになリ勝ちになりますよね。
でも、子供の成長に合わせて、随時話題にするのは必要だと思う。

男の子って普段の生活の中で「殺す」「死ね」「死んだらいいのに」って言葉がすぐ出てくるのよね。
そういう負の言葉は、気軽に使ってはいけない・・・と、中学生ぐらいまでは家庭内で規制したいもの。
厳密でなくても良いので、悪意のある言葉だ・・・くらいの認識は必要。
それがいじめかおふざけかの、判断にも繋がると思うわ。
子供はやっぱり本能で、傍観者かいじめる側に付く事も多いと思う。
いじめがエスカレートすれば尚更。
だって生存競争だもの。
大人だってそうでしょ?
社会も会社もイジメがあるし。
男性は特に同性を勝ち負けで判断するらしいと聞いた事もあるし。
女性だって露骨でないだけで、そういう心は無いとは言えないと思うの。


いいかげん「集団にはイジメありき」から出発しましょうよ。
親も学校も。
特に親かな。
他人様の子供は自分んちと同じ教育は出来ないし、ウチの子に限ってという事もあるし。
あるものはある。
見えないフリをするんじゃなくて、いかにエスカレートをさせないしくみを作るかを議題にして。
やる方はふざけたつもりでも、やられる方はプライドと命がかかってる。

学校は本来、競争社会だから、ストレス発散の意味合いもイジメに拍車をかけるかもしれない。
その上、各家庭では親の考えが違うし、日本では教会のように統一された宗教倫理感を学ぶ場所は無いから、難しいかもしれない。
あ・・そうか・・・日本って、その役割を学校に求めてるのよね。きっと。
寺小屋的発想の学校教か~
ん~だったら教会みたいに学校を崇めないと・・
昭和ならともかく、今はそんなに保護者が教師を尊敬してない気がするし、卒業したらあっさりしちゃわない?
ちょっと都合が良すぎるな・・・
(話がわき道へ逸れそうなので戻します)

そんな中で、「命」を失わないで、子供たちが歪の無い人間形成をしていく為に、親はどうすればいいのか、学校は何をすればいいかを具体的に話し合えるのは・・・
もしかしたらPTAしかないかもしれない。
PTAは本来、そういう機能を持つべきものであって欲しいな~。

今、働く親が多いからPTAも面倒が多くて、嫌がられてるでしょ?
何年も前に良かれと思って始められた事が積み重なって、形骸化した行事を止められないから無駄なことばかり増えるのよね。
だからPTAのP部分は、地域のリタイアしたシルバーに参加してもらう。
まだまだ元気で無駄になっているパワーを子供たちの為に有効活用出来るし、教育の場に係わりたい方達もいると思うし、お年寄りが身近にいるのは子供にとっても必要で大事な事。
それにPTAのT部分には、月一くらいは校長の出席も必要でしょ。
(学校にもよるけど校長は殆ど出てこない・・)
そしたら先生も進行を見守るだけの「お飾り」にならなくて済むわ。
調整役で教育委員会からも出席してもらって。
問題教員やモンスターペアレンツや給食費未納についても、お困りな事を本音で語り合えるかもよ(笑)
語り合うだけじゃワイドショーと変わらないから、改善策も出せるしくみを作って欲しいわ。

当たらず触らずで、波風が立たないように行事をこなすだけの、何の役に立つのかわからないPTAでは無くって、PTAがあって教育に参加できて良かったと思う事が出来れば、毎年なぜか役員になって頑張ってる方達も報われると思うのだけどな。


すでに学校とは全く関係がないけれど、久々に考えてみた。
うん。
子育てが終わって、現場を離れると、好き勝手言えていいわ~(笑)
くだらない「妄想」ではあるけれど、各学校のPTA会長さんや連合の会長さん、いっそこの機会にPTAを改革して下さいませんか?

このまま教育機関にまかせても、イジメはきっとなくなりませんよ~。
PTAは今こそ変わるべきです。
責任を追求するだけじゃなくて、引き受けて対処する方向に!

・・・無理かな?
無理だろうな~^^;


マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(7) |


<<息子が家を買いました | TOP | 本を読みすぎかな>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

イジメ問題って難しいですよね。
加害者側としては親が気づかない事が多いんじゃないかと思います。
いじめてやろうと思ってしている子もいれば、いじめてやろうとまでは
思っていないけれど、結果いじめている事になってる。
いわゆる、イジメを黙って見過ごしている派。
どこの親もまさか自分の子がイジメをしているとは考えてもいないだろうし、
信じたくもないハズ。
被害者側にしても親が気づけない事も多いと思います。

結局、親と子のふれあいが少なくなってきていると思います。
学校での出来事、友達との出来事。なんでも話せる親子関係が
なくなってきているんじゃないかなぁと思います。

そういうわが子も数年前、いじめられていました。
それも子どもの普段の姿を見ているだけでは気付かず、
子どもと二人っきりで旅行に行った時に話してもらって気付いたという
親としては情けない事でした。

イジメが原因で人生を途中で棒に振る子が後を耐えませんが、
いじめられる側もいじめる側も、学校に転化させる前に、
先ずは親としてしっかりと子どもと向き合って、子どもが通っている
学校、クラスにイジメがあるのか。
そしてわが子がいじめる側、いじめられる側、見ぬ振りする側なのか
子どもの口から聞けるようにしないとだめなんじゃないかなと
思います。

これだけ、イジメ問題が大きく取り立たされている世の中、
家庭内でもしっかりとこの問題に向き合って欲しいと思いますし、
わが家庭でも向きあっていこうと思います。

2012/07/18 12:17 | おくぴー@ぶびちゃれ [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<おくぴー様>

うん。父上様の言うとおりだと思います。
父上様は現役だもんね。
きっと私より身近な問題だと思うわ~

昔は、子供社会の事は大人には殆ど内緒だったのよね。
ガキ大将はいても「卑怯」を嫌った子供社会だったから。
大人とは別の世界として、独立してた気がする。

でも、今はそんな事言ってられないわ。
「卑怯」の言葉の持つ威力というか・・・
最低の人間になりたくない・・・という気持ちって、今の子供には通用しないんじゃないだろうか。
一種の脅しが無いと、正義もあやふやで、社会が崩れてしまったんだと思うわ。

だから私の子育ての時代より、今の方が更に大変。
それに、男の子は多かれ少なかれ、親に言わない危険な秘密があるのよね。
怒られそうな事は絶対言わない(笑)
それが父上様みたいに、旅行の時とか、ひょんな事でわかったりする・・・って、あった、あった!ウチにも。
あはは。
これからも、そんな機会を作れるといいわよね~
高校生になったら・・・・多分断られちゃうかも。
だから、今の内にたくさ~~~ん♪
いいな~。^^

親と子供が何でも話せるって理想形だけど、子供の性格もあるし、親との相性もある気がする。
ウチの息子は私に話しても「やり返せ」と言われるのがわかってて、悩んだ事もあったと思うの。
ウチの息子の時の話は、「子育て反省」のカテゴリーに入ってるから、もし興味があったら覗いてみてね。^^

それに子供が全部話す・・・と思ったら、また間違いかもしれないとも思うの。
都合の良い事しか言わないかも。
少なくとも、私はそんな子供だったような。あはは。

だから、親って難しいですよね。
信じたふりをしつつも、どこまで子供を信じるか、客観的に事柄を把握できているか・・・
それも相手がいる事で、あちら側の保護者のタイプも様々。
それに正しい事を言ってもやっても、そこは未熟な子供の事、逆に相手を傷つける事だってあるから、どっちもどっちで判断が難しい事もあるのよね。

我子を守る為にも、やっぱり学校と親は協力するのが理想だと思うわ。^^

父上様、エールを送るわ!
頑張って~(って言っていい?)



2012/07/19 03:06 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

僕が去年までいた障害者施設のディに滅茶苦茶明るい70歳の女性の方が毎日来られて、レクリエーションを楽しまれていました。その踊りとかしぐさは、見る人の笑いを誘います。
僕の担当していた班とは、よく近所を散歩したり、カラオケや移動図書館の紙芝居とか畑づくりをいっしょに
楽しんでいました。
ある日、ディの職員にあの女性はなぜあんな風に目立つように曲に合わせて踊ったり、行動したりするのでしょう?
と聞くと、思いもよらぬ悲しい返事が返ってきました。
この年代のひとってみんな特殊学級の制度があった時代で、かなりな虐めを受けている人がほとんどです。
この女性の場合は、こんな風に人前でおどけるしか自分の居場所がなかったのでしょう。というお話を聞き、さぞかし辛かったのだろうと言う思いを持ちました。
僕の担当する班のひと達にも聞くと、殴られた、アホ、バカと悪口を言われた。肥え溜めに突き落とされた。水を頭からかけられた。いろんな嫌がらせを受けて転校したひともいたらしいです。
虐めをいうのは、ひとの根源にあるようにも思うのです。
ヒットラーとかね。彼がレアなケースがどうかは別としてね。
だから、根絶するのは難しいような気がしています。
学校、家庭、会社、社会でもいじめは、今だ存在し、今だになんら変わってないのじゃないですか。

2012/07/19 17:04 | ryu [ 編集 ]


おひさ~ 

マダムお元気ですか~。
暑いね・・・毎日。

いじめの問題って
子ども達だけの問題じゃないですよね。
親同士の陰口とかも
学校の対応も
先生の資質もいろいろ絡んでますよね。
いじめる子も心の闇の原因があるんじゃないかな。
誰か軌道修正してやんなきゃね。
勉強できるだけで入ってきた先生と
いろいろ経験してきた先生を混ぜたほうがいいよね。
先生の世界にもいろいろあるみたいだから。
まぁ・・・まず先生って呼び方をどうにかすれば勘違いはなくなるかな。(無理か)

空いた教室あるんだからシニアの習い事とかで
みんな出入りすればいいんじゃない?

娘がおめでたになりました。
来年にはおばあちゃんです(汗)

2012/07/20 10:14 | miegon [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<ryu様>

私も「いじめ」は根絶できないと思います。
マイノリティーを排除する・・・って、本能に近いんだと思うの。
だから身体的や精神や知能に障害なんかあれば、敏感に反応する。
出来るとすればで、被害者が追い詰められる前に、なんとか火を消す事じゃないかと・・・

ヒットラーはちょっとレアなケースだとは思いますが、身分制度や差別は、どの国にも行政に思惑があって作られる事が多いですよね。
日本の「士農工商」なんかも。

考えると人間って悲しい生き物ですね。
本能に基づく残酷さを持ちながら、相反する理想を掲げるわけですから。


<miegon様>

うわ~
お久!
今、ブログを拝見してきました。
ちびちゃん達もすっかり大きくなったのね。^^
miegonさんは相変わらず忙しそうだけど・・・
ま、若いおばあちゃんだな~
あはは。
お元気そうで嬉しいわ~♪

うん、多分あの頃の皆様は、ブログ休止中の方が多いと思います。
私は細々とマイペースで続けてるよ。^^

そう、イジメは根が深いよね。
へ~
「先生」って呼ばないとなんて読んだら良いのか・・・
「教諭」じゃ、似たもんだし。^^;
名前で呼ぶの?

いじめ・・・って、根が深いよね。
実はもう、私には関係無いんだけど、いじめ自殺はニュースで聞くのも悲しい。
お金を出させるとか、いじめじゃなくて、すでに犯罪なんだから、学校も親もさっさと警察に言えばいいのにって思っちゃう。

こんなに平和で恵まれた国で、何バカな事をやってるんだろ。
日本の子供達ってば・・・ね。

2012/07/20 23:45 | マダム半世紀 [ 編集 ]


共感~★ 

生存競争という意味でのいじめ…コレ共感します。
あって当たり前ぐらいに思っておいた方がいいですよねホント。

私もこの前、三者面談があり、次の人の事も考えて時間内に終わらせ、廊下で待っていた親御さんと息子さんに向かって、『お待たせしました、どうぞ~^^』…って言ったら、横目でチラっと見られておしまいw
感じ悪いな~と思って、後で息子にその親子の事を聞いてみたら…やはりいじめの中心にいる子供でした。
親を見ればすぐわかるって言うけど、ホントねーw

総じて言えば、いじめる子は器が小さい。
何か自分に不満を持っている場合が多く、負の要素が心の中を占めているから、他の者を排除して自分が優位に立ちたくなるみたいですね。
そうする事で『自分』の位置づけをし、安心感を得るのだと思いますよ。
要するに、いじめる子は『ひがみ、嫉妬、劣等感』のかたまり。
これ言っちゃうと問題になるから言えないけど、実際そういう子がほとんどです。

大津の件は、学校や警察の実態が垣間見れて良かったと思います。
学校では、いじめが発生すると、校長も含め、担任へのペナルティがつく為、ひた隠しにするのは当たり前。
いじめが発生し、それを解決した…という点に焦点を当てて、ペナルティではなく、プラスになるように配慮すれば、学校側も積極的に動くのだと思います。

悲しいかな、先生であっても、やはりお金を目の前にちらつかせないと動かない世の中になってしまいましたね。
それだけ人間の質が下がってきているという事なんでしょうね。

長くなりましたw
ではでは~(^◇^)

2012/07/22 17:06 | ウダモ [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<ウダモ様>

お久しぶりっす。^^
ウダモさんも子育て現役ですものね。
今、お坊ちゃまが丁度色々とありそうなお年頃よね。
現実では早急に対応できないと、命に係わる子もいるわけで、悩ましい問題だわね。

>要するに、いじめる子は『ひがみ、嫉妬、劣等感』のかたまり。

うんうん。
わかる気がする。
家庭環境も然る事ながら、本人資質も一部あるとも思う。
ま、甘ったれって事だわね。
私は「淋しがりや」と呼んでいるけど。^^

もうさ、家庭環境の問題とかが原因って事だと、学校だけじゃどうしようもないよね。
親に対しては強制力がないし。
家庭、学校、警察、PTA・・・すべてがタッグを組まなくっちゃ、絶対無理なのよ~
特に個人情報ウンヌンも含めて、行き過ぎた個人の権利ばかり主張して、益々社会が利己主義になってきた気がするし、そのせいで学校も行政も防戦一方になってしまって、有効に機能していないし・・・
親も子供も含めて、社会全体が大きな流れの中で歪んできているのだから、いじめの無い集団なんて、無理っちゃ無理。

一番の問題は、いじめる側の保護者にどう教育するかだと思うのだけど・・・違う?
義務教育の場合は、問題児童の親子矯正プログラム?
それっぽいのを受けさせる強制力が、行政のどこかに無いと無理なんじゃ・・・
親の教育まで学校にやらせるのは、あまりに学校が可哀相な気がするし。

わわわ。
妄想が止まらない~^^;
解決策を考える権利は、現役のお母さん達に譲らなくっちゃね!

2012/07/23 03:38 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/630-9923b1ab

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる