FC2ブログ
2019・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/07/09 (Mon) 天空の蜂

私、目出度く「暇のある貧乏人」になりましたので、図書館通いを始めました。

オチの無い文学よりも、どんな形でもオチのある小説の方が、作者の意図がわかり易いので楽に読めます。
今回はとる☆ねこさんの読んでいた「SPEC」の1~3巻と、この人のは外れ無しなので・・・と選んだ「天空の蜂」を借りてみました。

「SPEC」スペックは元々がテレビドラマだったと思うのですが、残念ながらドラマを視ていなかったもの。
うん、文章よりドラマの方が面白いかもしれない。^^

そして「天空の蜂」は東野圭吾さんの作品なので、ご存知の方も多いのでしょうね。
私は知らなかったけど。
東野さんはもちろん存じていますよ。
この作品を知らなかっただけ。

東野さんのインタビュー記事を以前に見た事がありましたが、私の印象ではバリバリ理系の方。
素っ気無く思えるほど、簡潔に答える方でした。
ミステリーも簡潔な文章でわかりやすく、悩まなくて済む分軽い印象を持つ作家さんで、はずれが無いので安心して読めます。

これ、すごいです。
読んで無い方にはお勧めです。
ミステリーが苦手な方にも楽しんでいただけると思うのですが。

内容に関しては、ぐぐればいくらでも出てきますので、敢えて言う事はありません。
1995年の作品ですから、2011年の震災のずっと以前に書かれたもの。
東野ミステリーらしい軽さは、あまり感じません。

原発に対する様々な立場からの思いと、理解しやすい描写で正しい知識を知る事が出来ます。
私が「すごい」と思うのは、実際に本を読んで頂かないと感じないところ。
東野さんは、ご本人も「ニュートラルな状態で書きました」と仰ってますので、この本では思想も主義も関係なく感じていただけると思います。

そこに利権が発生する限り、事業を始めるのは簡単ですが、それを上回る利潤や利益が明示できないと、撤回は難しいだろうとはわかっているのですが・・・
そしてどんな現場だろうと、その場で働いている方々には、大変であれば大変な分「仕事に対する誇り」が存在するんですよね。
だから反対するにしても、その部分への配慮は必要なんだろうと思います。
これが又、なぁなぁというか、自分の方向性を決定出来ない原因となってしまうとは思いますが・・・ね、難しいわ~。

この本の中でも「傍観者」に対する糾弾もあります。
だから、作家さんのニュートラルな立場に、少しだけ羨望したりして。
東野さんは・・・どうするの?

もし・・・まだ読んで無い方は、是非ご一読下さいませ。
ミステリーとしても、もちろん傑作でございます。

マダムのお勧め | trackback(0) | comment(4) |


<<本を読みすぎかな | TOP | 今年も切れない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

 おはようございます。
マダムも「暇のある貧乏人」になられて、私の仲間入りですね。
 図書館は楽しいですね。
200円のコーヒーを飲みながら、たまにケーキを食べたりして・・・。
 ここは田舎の図書館ですが、女性係員がものすごく親切で、てきぱきしていて気持ちがいいのですよ。
 図書館の不満がひとつ。本にはその中身が分かる文章が付いていますが、図書館の本は特別の加工をしているためそれが付いていないのです。
 そのため、本の内容より、作者で本を借りています。でも、タダですから文句は言えませんね。

2012/07/10 06:41 | 森に暮らすひまじん [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<森に暮らすひまじん様>

こんばんは。^^

はい。
ひまじんさんのお仲間に加えて戴けたら・・と思っていますよ~^^

わ~
いいですね~
コーヒーが飲める程大きい図書館なんですね。
私の通う図書館は、本館ではないので喫茶室は無いんですよ~
蔵書も少なく、学校の図書室がちょっと大きくなった程度です。^^;
本当に読みたい本は、区内の他の館の何処からでも予約して借りる事が出来ますが、今の所はこんなに小さい図書館でも、読んで無い本はたくさんあるので困らないです。

>図書館の本は特別の加工をしているためそれが付いていないのです。

そうそう^^;
私も思っていました。
つい無難な作家で選んでしまいますが、新しい作家開拓する為にも、粗筋はつけて欲しいと思っています。
本屋さんや古本屋さんでは、いつも文庫の裏表紙で内容を確認してから本を選んでいたので、文庫の少ない図書の本だと、カンで選ぶしかないので困っちゃいます。
ジャンルすら不明だったりして。^^;

2012/07/10 22:32 | マダム半世紀 [ 編集 ]


たかまらず~? 

そうそう、「SPEC」は、
テレビドラマを本にしたのですが、
ドラマでは、いまいち解らなかったの。

それで、「零」と、「1~3」と、
「翔」と「天」を読んで、なーるほど、と。
でも、まだスッキリしないけど。
変な本、進めるなってか?(爆)

今は、「古事記」読んではまってるけど、
「天空の蜂」も、早速読んでみます。
じつは、昔亭主が、もんじゅの設計を。

それにしても、東野圭吾は二人以上いる!!
と、思うのは、私だけでしょうか?
当たりはずれが、有りすぎる~~!!

2012/07/11 23:24 | とる☆ねこ [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

<とる★ねこ様>

「SPEC」これって超能力モノよね。
元々が小説じゃないみたいで、本はイマイチ。
でも確かにわかりにくい内容だわ。
翔と天は読まなくてもいいかな・・・って思ってた。
^^;
ドラマだったらキャラクターで引っ張れるから、面白いかもって思うわ。^^

佐野洋子さん、今度借りてみるね。^^

そう?
東野圭吾で当たり外れがある?
確かに作風は結構違うけど、どれもそこそこ面白いと思ってたわ。
好みでなかったらごめん~。
でも、別の意味で楽しめると思うのよ。
コレは是非、読んでみてね。^^

2012/07/12 14:23 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/627-3b27b6fa

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる