2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2007/09/15 (Sat) 夏の臨終 ・・・なつのりんじゅう・・・

水平線のずっと先で
泡立つ波に砕けた夏の煌きは
バスの中の隣人のアクビにのんびりと乗って
猫のざらざらの舌でこそげ取られ
水着の跡と共に消えて行く

それなりに頑固な夏も
運動会の花火で打ち上げられて
太鼓で追い立てられては
長く真っ直ぐな飛行機雲の上を
無邪気に行進していく

百舌が冬を呼ぶより前に
金色の稲穂で撫でられ
ヘレン・メリルの切ない歌声に慰められ
庭の落ち葉の煙で燻されて
ゆらゆらとゆらゆらと登っていく

ほら 最後の欠片が
すでに一人ぼっちになったコオロギの
凍えた恋の音と共に
孤独に昇天する

今 夏が逝った



*2010年 製本
 登録日時は便宜上のもので、詩の製作日とは無関係です。

詩集 白い月 | trackback(0) | comment(0) |


<<竜の寝床 ・・・りゅうのねどこ・・・ | TOP | 青 ・・・あお・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/395-3a87ee21

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる