FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/24 (Thu) ちょっと頑張った

フジテレビ(アナログ)の夜の報道番組で、滝川クリステルさんが「命の現場」というコーナーで、ペットをテーマにしています。
数日間のシリーズで、昨夜は「ブリーダー」で、本日は23時半頃から「動物愛護センターの実情」の取材報道でした。

私、動物が可愛そうな目にあうシーンを見るのが辛いので、動物映画も殆ど見ません。

でも、今日は「殺処分」される犬の悲しい目と悲鳴を
・・・画面を消したくって、リモコンを持ちながら・・・
頑張って見ました。
今、私が出来る事は見る事だけだから。
それすらからも、逃げてはいけないと思って。

・・・・胸が痛いです。
人間が嫌いになりそうです。
命なのに・・・・・
この心臓が切り裂かれるような痛みは・・・もしかして・・・
私って、前世は「殺処分された犬」だったんじゃあ無いだろうか・・・?

ええい!平気で命を粗末にする奴は・・・
来世は「殺処分される犬」になってしまえ!


*決して、殺処分される犬の前世云々を言ってるわけでは無いので誤解の無いよう願います。
*今ちょっと、ダークサイドに飲み込まれています。

マダムも人間 | trackback(0) | comment(14) |


<<小人のケーキ5 | TOP | 不良今昔物語>>

comment











管理人のみ閲覧OK


リンク ありがとうござます。 

さっそくリンクいただまして ありがとうございます。
ranranもリンクさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

・・ranranも時折.考えることがあります。
それは"命"の安さ   です。
命は、とても安い。
それは"ヒト"も含めてです。

もしかすると・・もしかするとですね。
その"安さ"に・・
実は大きな理由が隠されているのかも知れない
そんな風に思ってしまいます。

ムツカシイです。
神父様の領域です。これもまた・・もしかすると・・
私たちは、関わってはいけないものなのかも知れません。

2009/09/24 10:12 | ranran [ 編集 ]


私もです 

私も、悲しすぎるのでそういった類の番組は
避けるようにしています。

そして「こんなことする人間は死んでしまえばいい!」
と思ったりします。
街ですれ違う人の中にも、平然とそんな人間が
いると思うと、怖いし、怒りがこみ上げてきます。
どういう育てられ方したら、そんな心がもてるのか・・・。

でも、何も出来ない自分も歯がゆいです・・・。

2009/09/24 10:36 | marin [ 編集 ]


No title 

私も見ません。って言うか見れません。
何故そんな事を平気で出来るのか?
TVで報道されているのも考えてしまいますが
現状を見てもらいたいという考えなのでしょうね。

目を瞑って、いいことだけ見ていれば幸せなんでしょうが
こんな人間・現場があることだけは、
頭に入れておいたほうがいいのでしょうね。
悲しい事です。

2009/09/24 12:19 | りか [ 編集 ]


同感ですねー! 

動植物も、人間と同じ命に違いないと思うと悲しくなります。何とか、、食だけにして、共生出来ない物か、偉い人の知恵を聞きたいですねー!
北海道の、羆や蝦夷しかも実にかわいそうです。泣)
農林行政のしわ寄せがこうなった面を考慮すればやり切れません・

2009/09/24 13:07 | 荒野鷹虎 [ 編集 ]


私は見ます! 

こんばんはe-320

泣きながらでも見ます。
だからと言って…殺傷処分は減りません。
増えるばかりです。

でも…訴える事をやめれば…動物の殺傷は増えます。
アメブロにいた時…処分場を減らすオンラインの署名活動を
されていた方がいて…みんな無言で協力しました。

それにより…処分場の建設が減りました。
処分場の動物達を見ると…人間のエゴでと…
心が切り裂かれます。

私も毛皮と動物愛護に関して記事にすると…
批判も多いですが…知らなければ出来る事もわからないし…
現実を知る事から…改善が出来ると思ってます。

今…ブリーダーに関して多くの動物好きが動き出しました…
ネットで命の販売するのはおかしいと…。

無理に見て欲しいわけではありません…
ただ…知る事で出来る事もあるのではないかと思い…
偉そうなコメント残し…ごめんなさいねe-459

2009/09/24 18:17 | 瑠璃垣さくら [ 編集 ]


私も 

あまり見たくないけど。。。
情操教育として 子供と一緒に見るのもいいのかもね・・・。

うちの実家の犬は 愛護センターからもらってきた犬だったわよ。
天寿をまっとうして 今は天国へ逝ってしまったけどね^^

前日の記事も 考えさせられるわね・・・。
ユメもチボウ(希望^^;)もない世界になってしまいますぜぃ~おやっさん!(まだ 使ってる^^;)

あと あの写真 もうなくなったの?素敵だったのに~!
PR写真にされたらいかが?( ̄ー ̄)ニヤリッ

2009/09/24 23:33 | マダムちゃん [ 編集 ]


No title 

 今朝、NHKテレビで「犬と、猫と、人間と」という映画のことを紹介していました。
 犬嫌いの監督が、殺されていく犬や猫の現実に目を向け、撮影したとのことです。
 10月10日から上映されるそうですが、私はとても見ることができないでしょう。愛犬に死なれたことがまだ生々しいからです。
 画面を消したくって、リモコンを持ちながら・・・というマダムの心境が良く分かります。
 人間って、本当に身勝手ですね。

2009/09/25 08:31 | 森に暮らすひまじん [ 編集 ]


ひどい話 

こんにちわー

ほんとに、酷い話ですねえ・・!
いつだったか、ボンのまんまを買いに寄ったペットショップの
ワンちゃん、値が前に寄った時の半分以下、
もう、この次はいないだろうと思った。
「愛護の念」を持った人には出来ないビジネスだなあと思った。
しかし、可愛そう過ぎます!
よく、最後まで見られました・・!
私はダメです、腹が立ってしょうがなくなります。

2009/09/25 16:00 | つとちゃん [ 編集 ]


こんばんは~☆ 

森に暮らすひまじんさんが仰っていますが、「犬と、猫と、人間と」を
少し手を入れたらアップできるようにしておきました。
息子1のおかげで全てを失くしてしまいましたー!!

パソコンぶっ飛び~!(泣)
熊本の愛護センターの取り組みは全国でもトップクラス。
意気込みが違います。

私は「奇跡の犬」だったかなこれを見て大泣きしました。
最後の時までお乳を子犬にあげるんです。

動物は自殺なんて考えません。
その瞬間まで生きる事しか考えません。
酷い事が出来るのは人間だけですね。
また良い行いをするのも人間です。

後五日の命のワンがいます。期限は末まで。
今仕事が無い悔しさと、悲しみで胸がいっぱいです。
たった一匹のワンコも救ってあげる事が出来ない・・・(泣)

どうか飼う人のマナーも良くなりますようにと祈るばかりです。。。
ベル君も助かりますようにと。

2009/09/25 22:04 | シェイド [ 編集 ]


こんばんは! 

マダムさんの勇気に感服です。
ブログをやるようになってからですが、私も、
苦しい目に合わされる動物達の姿を見る機会がありました。
生きたまま、毛皮を剥がされる動物や、
毒殺されるワンちゃん達・・・
それはとても見るに耐え難いものでした。
原因は全部人間の傲慢さ、エゴなんですよね。。。
ただ、さくらさんもおっしゃっているとおり、
そういう事実をまず知ること。
それがまずは大事なんだと思います。

動物はモノが言えない代わりに、
私達の心を癒すスゴイ力を持っています。
そんな動物達と上手く共存するための手段や方法を、
私達が考えていかないといけないのでしょうね。

2009/09/26 01:39 | TAKE [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございました♪ 

ranran様
リンクの件、どうもありがとうございました♪

>命は、とても安い。
これは、結構衝撃的な言葉ですね。
命が「軽い」・・・では無く「安い」という所に心惹かれました。^^
この言葉について、少し考えましたが、ranranさんの言わんとするところがなんとなくしか、理解できないかも・・・^^;
お忙しいとは思いますが、お時間に余裕のある時にでも、ブログで解説(?)など、お願いします。^^

実は私も、命と宇宙は「神の領域」ではないかと思っています。
特定の宗教に傾倒しているわけではありませんが、人間は思い上がってはいけないのではないか・・・と、思うのです。

医師や薬の普及は大事だけど、特定の医術の進歩はバランスを崩す。
動物の種の保存は大事だけれど、極端に特徴を追求した遺伝を操れば、遺伝のバランスを崩す。
宇宙もしかり。
私も「侵してはいけない領域」はあるのだと思います。

marinちゃん
そう、私も一緒。
何も出来ない自分が悔しい。

行政が悪いわけでは無い。
今、日本にはノラ犬が少ないのは、行政の殺処分のおかげかも知れない。
もし、その制度が無ければ、野犬が増えて、子供を襲われる事も出てしまうかも。
毎日、殺処分をする人だって、心の重荷になっているはず。

どうしたら良いか・・・悩んでいるうちに、眠くなってしまうのよ~
でも、少し考えた。
①ペットを飼育する場合は、最後まで飼う努力をするという誓約書を提出。保証人付き。
②譲渡側のマイクロチップ埋め込み義務。鑑札制度。不法飼育取締りあり。罰則付き。
③ブリーダーの公的許可制度。
④不法遺棄の取り締まり。遺棄した場合、二度とペット飼育許可は下りない。

な~んて、どうでしょう?
でも、こういうのを考えるのは役人?政治家?どちらの範囲だろうね?

不思議にね・・年齢を重ねても、胸の痛みが軽くならない。
こういう事に出会う度、痛いよ~(涙

りか様
うん、いつも見ないで済めば・・・・いいんだ。
でも、それが出来なくなったら、アクションのきっかけかもしれない。
歳を取るほどに、心が痛い。
皆、この心の痛さに耐えられなくて、怒りに換えるんだろうな~

改善は何からで、どんな方向からアプローチすべきなのかは、勉強しなくてはと思うけど・・・難しいよね~
役所?議会?こういった事になると、訳分からん。^^;

2009/09/26 02:24 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

荒野鷹虎様
そうですよね。犬ばかりでは無いですよね。

生活の為、必要であれば狩猟も仕方無いものとは思うのですが、彼らの元々の居場所を奪っての殺戮は、やはり心が痛いです。
どうにかして、住み分けの方法が無いものでしょうか?
これはやはり、大きな力が必要です。

今の日本は、問題が山積みで、難しいかもしれません。
でも、より良い方向へ動くと良いですね。

瑠璃垣さくら 様
真剣なコメントをありがとうございます♪
お返事が遅くなりました。

そうですか・・・処分場を減らす為の署名があるんですね。
私はどちらかというと、原因から絶つ方法を探して、協力はしたい。

①ペットを飼育する場合は、最後まで飼う努力をするという誓約書を提出。保証人付き。又は許可制。
②譲渡側のマイクロチップ埋め込み義務。鑑札制度。不法飼育取締りあり。罰則付き。
③ブリーダーの公的許可制度。
④不法遺棄の取り締まり。遺棄した場合、二度とペット飼育許可は下りない。
・・・とこんな方法はいかがでしょう?(・・・って言われても困るよね)
なんてね、なくす為にどうしたら良いのか・・・と悩んでいると、すぐこういう事を考えちゃうタイプなんです。^^;

この胸の痛みを忘れない様、闘志を燃やして(?)いきたいと思います。^^

マダムちゃ~ん
写真はまだ、置いてありますぜ~おやっさん!
見つけにくいけどね!^^

愛護センターから犬を譲り受ける・・・・う~、涙腺緩む~
ありがとう~~~~

そういう人がいてくれて、一匹でも命が助かる。
こんな嬉しい事は無いわ。

ウチの子達も、みんなノラ猫。
私は残念ながら、犬を引き取って面倒を見られる環境では無いので、猫で精一杯だけどね。
もし、仕事をしないですめば・・・犬も、な~んて思ってたりして。
でも今は、ココにずっと住めるのかもわからないので・・・・・我慢我慢^^;

2009/09/26 14:05 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

森に暮らすひまじん様
生きると言うことは、元々身勝手な事なんでしょうね。

多分、私も映画は見れないかも。
本当は見なくてはいけないろは思うのですが。

テレビも、普段はテレビ欄を滅多に見ないので、たまたまやっていたら、「見なくては」と努力して見る・・・といった程度です。
私はまだ「闇の子どもたち」も見ていません。
監督やスタッフが、強い問題意識を持って作ったもの程、きちんと見なければ・・・とは思っているのですが。

つとちゃん
実は私、この頃はペットショップへも行けません。
愛らしい子犬や子猫達が、売れなかったらどうなってしまうのか、想像してしまいますので。(涙)

つとちゃんご夫婦のように、愛情をもってワンちゃんの介護をしておられるのを拝見すると、本当に嬉しくなってしまいます。
ぼんちゃんも甘えられて、幸せですね♪

2009/09/26 19:18 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

シェイド様
熊本の愛護センターの話は存じています。
どこの自治体も同様に出来ると良いのですが・・・今話題になっていますので、もしかしたら改善されるかも・・・ですね。
そしたら、嬉しい。

シェイドさんのブログでも、私が命を救う事が出来ないので、いつもコメントが出来ません。いつも読んで、飛んでいるのですが。^^;
ありがとうございます。

TAKE様
知る事は大事だと思います。
でも、多くの人達は、私と同じようにダークサイドに飲み込まれる~(爆)
本当はね、こういうものに対抗するには、知識と力と思うんだけど、どちらも努力が足らない自分が情けない。^^;

>そんな動物達と上手く共存するための手段や方法を、
私達が考えていかないといけないのでしょうね。

そのとおりだと思います。
ちょっとしたブームで、まるでモノのように、買ったり捨てたり。
意識の高い人達がいる反面、それより多くの命を思いやれない人達がいる。
とても悲しいです。

2009/09/26 19:46 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/333-55fef9ce

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。