FC2ブログ
2019・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2009/09/23 (Wed) 不良今昔物語

シルバーウイークが終わってしまう。もう本日を残すのみ。
・・・って、最初から2連休しか無かったんだった。

パトリック・スウェイジさんを偲ぶ、シェイドさんの記事を読んで、
お気に召すまま・・・←シェイドさんのブログ
映画の「アウトサイダー」が見たくなり、アマゾンの中古で¥1(送料¥380)のレンタル落ちビデオを購入しました。
以前、見逃した映画だったんだも~ん。

うわぁ~~~~25年前ってこんなに古かったっけ?
「ウエストサイド・ストーリー」か「理由無き反抗」を思い出しました。
いいなぁ~、不良がまだ純粋で可愛くて♪
ケンカは基本、素手だし。^^

そういえば、昔は「卑怯」は恥ずかしい事だったのよね~
でも今は・・・「何をしても勝てば良い」
競争社会って、そうなるよね。
勉強だって効率と戦略の世界だし。
実際の戦争の戦略には「卑怯」を含むのは否めない。
暗殺とか、影武者とか、奇襲とか、新兵器の開発とか。
でも、若者には素手で正々堂々と戦って欲しい。
これ、大人側の勝手な押し付け?

そういえば、今の不良ドラマだって、主人公側はいつも純粋だった。
ただ、ちょっと「世間に乗れないお馬鹿さん」で、「寂しがりやの甘えんぼ」で、決して悪い子では無い。
むしろ純粋で傷つき易い・・・って設定だったっけ。
それ故、大きな罪を犯してしまう。
でも・・・敵役は極悪だけどね(笑)

この映画も、その頃の少年達の実像とは、かけ離れてるととるべきか?
大人の「不良少年はこうあるべき」という願望の映画かしら?
・・・古い時代を美化するのは、老化の一歩かもしれない。
気を付けよう~^^;
自分の青春時代は、汗臭く泥臭かった。
決して綺麗な事ばかりでは無かったはず。^^
マット・ディロンは可愛かったけど♪

数日前に「社会は変わっているのに、大人が押し付ける児童文学は何十年前と変わっていない。今では、児童文学を読んで大きくなった子供が、社会に出るとギャップが大き過ぎる」という内容の一文を読み、正しいと思う故、ショックを受けている私。

でもさ、社会が激しく変わったのが悪いんじゃん。
親は、自分が読んで好きだった世界を、子供にも教えてあげたいのよ~
子供には素直に優しく育って欲しいのよ~

それじゃあダメなの~~~?

働かないお父さんが、子供の前で「お父さんはダメな人間なんだ」って告白する児童文学なんて・・・・悲しい。(こういう本もあるらしい)
大人の弱さを受け入れる事を教えるのが、子供にとって必要なの?

ああ~、大人達、もっとしっかりしなさい!
(自分を含む^^;)

マダムのお勧め | trackback(0) | comment(9) |


<<ちょっと頑張った | TOP | 夏の臨終>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

パトリック・スウェイジ~~~~!!!大好きだったんですぅv-406
けしてハンサムとは言えないけど、小さめの目がいつも優しくて、ダンサーだから体は惚れ惚れするような(うほっv-344)・・・。
「ハートブルー」っていう映画でキアヌ・リーブスと共演したのも印象に残ってます。
強盗の役だったけど。
オンタイムでは観なかったけど、やっぱ「ダーティーダンシング」かな~・・・自分もダンスが好きだったから、あんな男にリードされて踊りたいわ~♪
トラボルタはちょっと・・・ね。髭濃いしww
「サイダーハウス何とか」って言うのも面白かったような。

やっぱ男は野性味よ!
肉食うのは嫌いだけど、男の好みは完全肉食系女子な私ww

2009/09/23 11:47 | とんがりねずみ [ 編集 ]


No title 

伝えたい事、伝えなければならない事って、昔も今もそう変わらないと思うんですよね。
児童文学っていうのは、変わらなくても良い物だと思いますよ。
せめて高校生以降ぐらいにでも変わってしまった今の社会に合うような
本を読めば良いんじゃないですかね。

変に達観したかのような子供よりも、純粋な部分を無くさないでいる
子供が増える事の方が大切な気がします。

政権が変わり、違った意味で随分教育にスポットがあたっていますが、
こういう事をもっと議論されるような世の中になって欲しいですね。

2009/09/23 11:56 | motasuke [ 編集 ]


"恥"の重さ 

こんにちは。で。はじめまして。
ranranと申します。

今でも「卑怯」は恥ずかしい事だと思うんです。
きっと「恥ずかしい」と思う文化が減退したんじゃないかしら?
何に対して「恥ずかしい」と思うのか・・というと、それは人さまに対してであり、紙に対してであり、おのれ自身に対してなんだけど。
人さまを見ず、自分のへそだけを見て、
神を失い、
おのれに誇れるおのれを持っていない"子どもたち"にとって
"恥"と云う言葉は、羽毛ほどの重さが無くなっているのでしょう。

哀しいですね。
そんな子供たちに。そしてそんな子供たちを産みだした大人たちに。ranranは言いたいです。
「恥を知れ!!」と。

あ。ごめんなさい。重苦しいこと書いちゃいました。
またあそびにきまぁす♪♪

2009/09/23 12:09 | ranran [ 編集 ]


No title 

ん~>自分を含む・・・いいなぁ。
そうよねぇ、昔は不良も一本芯が通っていたし、堅気には手を出さない←いったいなんなの?

何でもかんでもって事は、なかったよね、相対するものだけで。
しっかし「ウエスト・サイド・ストーリー」なんて古っ!(笑)

日本の教育は、いいところだけを見せる、という方針だから、大人に
なってグリム童話とかマザーグースを読んでえ゛~~っ!と思った。
どれが良いかはわからないけどね。

それかお願いがあります。
マダムさんはパソコンそこそこは出来ると思うけど、お困りのことが
あったら友人の所で、困りごと相談に乗ってくれます。
ここの企画に便乗してブログを開設しました。

返答に悩むほど悩ましい問題をお願いしま~す。(笑)
アマゾネスさんにもお願いしました~。

ここです。http://sarahb.blog93.fc2.com/
よろしくですぅ。

2009/09/23 16:32 | シェイド [ 編集 ]


No title 

アウトサイダー・・・ 懐かしいですね
当時は 群像青春ものの映画が多かったです
それだけ 若者の人生が尊重されていた時代なのかも 

私の記憶の中では
 「アウトサイダー」<「ランブルフィッシュ」です
ミッキー・ロークが 深い意味でのアウトサイダーを演じており
マット・ディロンがその弟役でした

ポリスのドラマーが音楽を担当しており
「Don't box me in」というエンディングテーマが
当時の私には 痛かったです

2009/09/23 18:47 | 蜜柑 [ 編集 ]


コメントをいつもありがとうございます♪ 

とんがりねずみ様
おおっ、パトリック・スウェイジのファンだったんですね。
肉体派だ~~~~
この映画の中でも、素晴らしい体をしていましたよ。
少年達に、マッチョとからかわれていましたがな~
私は実はシェイドさんのブログを見るまで・・・・名前すら知りませんでした。
「ゴースト」では、デミ・ムーアに注目してしまいました。^^;
でも、ファンの多い方で、愛されていたのが良くわかりました。^^

とんがりねずみさんは肉体派なのね?
あ~~~。だからご主人は逞しい方なのね~~^^
・・・と、納得したのは私だけで無い筈だ♪

motauke様
お久しぶりです♪
ますます写真の腕を磨いてらっしゃるようですね。^^

今、大人も子供も「自分肯定」の時代だと思うんです。
もしかしたら、それが「成熟した社会」なのかもしれませんが、高度成長期の思い出のあるものにとっては、「自分肯定」は力の限り努力した後に来るもの。
中途半端な努力で安易に「肯定」はしてはいけないものだったんですよね。
大人には特に見栄などがあって、子供の前で弱さは見せないものでした。
子供は大きくなって、世間を知り、思考の幅も広がり、自然に人間の弱さを理解できるようになって、初めて大人の仲間入りが出来るんだと思うんです。
大人の駄目なところを「理解」して貰おうっていうのは、「違う」と私も思う。
大人は子供に甘えてはいけないってやっぱり思います。
だから私はmotasukeさんに賛成です。
そう・・・こういう事が理論出来る場・・・あるといいですよね!

ranran様
初めまして♪
こんなまとまりの無い文章に、コメントを頂きまして、ありがとうございます♪

「恥を知る」を教えるのは難しい時代ですね。
昔は「武士の誇り」とか、「日本人の誇り」とか明確に指針があった。
但し、それはお上の利用しやすい指針だった為、「日本人の誇り」が都合の良い押し付けで、利用されていた事がわかってから、反発する社会になったんですよね。
どうせ誇りを謳うなら「人間の誇り」にして、明確に道徳を進めれば良いと思うんですが、人間の誇りと実社会があまりにかけ離れてしまっていて、教育すら難しくなっているのが現状?
大人も迷っているのかもしれません。
老人を大切に出来ない社会が、「人間の誇り」を提唱出来るはずが無いですよね。

話が広がりすぎました。すみません~~~^^;
いつもこんなで~(謝)

2009/09/23 23:28 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

シェイド様
了解しました。早速お邪魔しました。
でも、私は「何がわからないか」すらわからない初心者なんで、聞いたら・・・あきれられちゃうかも~^^;
でも、色々と教わりたいって思ってます♪

なぜ「不良」が格好良いと思うか・・・生存本能から推測が出来るらしい。
社会の枠からはみ出して生きるのは、「優れた生命力がある」と、本能が判断して、女性は惹かれるらしい。
又、惹かれる女性がいると分かるからこそ、不良に憧れる少年もいるのでしょう。
不思議なしくみです。^^
私はすでに・・・不良大人には魅力を感じません。^^

蜜柑様

「ランブルフィッシュ」ですね。
早速ググッてみました。^^
おまけにアマゾンで、ビデオが¥1(送料¥380)で売ってましたがな~^^
(あ~・・・又買っちゃう?)
蜜柑さんは、音楽(洋楽)にも詳しいんですね。^^
思い出の曲なんでしょうか?
でも、音楽って一番、その頃の心象が一瞬で蘇るものかも・・・

リンクさせて頂きましたが、よろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
(駄目な場合はおっしゃってくださいね)

2009/09/24 01:09 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

んん~e-330児童文学って一種独特のものだから
不変であって然るべきかと・・・
世の中が変わっていっても、変わらずにあって欲しいと思ってしまいます。
現実に即して無いって事は子供なりに理解していたよね。
私達の時代でも。
グリムの残酷なシーンはカットして美しいトコだけ伝承されていくのも・・・
大人たちのご都合主義なのかもしれないけど・・・
児童文学に「現実」は反映されなくてもかまわないと思う。
・・・イヤってホド現実は目に付いて来るんだし~
現実と物語のギャップに付いていけないほど子供って軟弱ではないと思うし。
・・・って事でマダムに賛成じゃ~e-320
すまん。映画はわからんのでスルーじゃ~e-351

2009/09/24 01:13 | アマゾネス [ 編集 ]


アマゾネス様 

私は本が好きな子だったんで、年がら年中本を読んでいたけど・・・
いつも本は知らない世界への扉でした。
世の中の矛盾や欺瞞に疑問を感じるようになったのは・・・やっぱり中学生くらい?
確かに本を読んで、綺麗な世界ばかり見てると弊害はある。
自分の両親の欠点が目についたり・・・一人でも平気で時間を過ごせたり・・・^^;

でも、ギャップを自分なりにあいまいに埋めていく作業が、大人になるっていう事なんだろうな~
ありがと~♪^^

2009/09/24 23:33 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/332-17921d78

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる