FC2ブログ
2019・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2009/06/28 (Sun) 「なめろう」作ってみない?

今日は暑い日でした。
でも、久々のお天気で洗濯に忙しかった~~~
もう、梅雨寒の日も来ないでしょう?
厚い毛布とか、色々、色々・・・・
洗濯機を朝から回しっぱなしで、エコとは程遠い一日。
家事の中で、やっぱり洗濯は好き!ゴメンネ、白熊君。たまには許して~

今日は「なめろう」の作り方をご紹介。
ご存知の方も多いわね。房総半島南部の漁師料理です。
美味しくって皿まで舐めるから「なめろう」とも、噛まなくてもいいくらいに叩いてるから「なめろう」とも言われます。


先ず・・・用意するもの。

アジ(刺身用)
玉ねぎ(少々)
しょうが(少々)
味噌(少々)

この4つが基本ですが、当日の新鮮なアジが手に入らない場合は臭みを消す為、シソの葉(大葉)を入れた方が良いでしょう。
実家ではイカも入れていました。
シソを入れると少し口当たりがボソボソと、イカを入れると口当たりはねっとりとなります。
DSCF1293_convert_20090628010038.jpgDSCF1294_convert_20090628010118.jpgDSCF1295_convert_20090628010202.jpg

私はいつも、生協の冷凍物を使用。生食用ですがそのまま食べると・・・朝捕れたアジを食べていた身としては、臭みを感じて食べられないので、「なめろう」にします。酒のみには良い肴になると思いますが、ウチではご飯のおかずよ。


シソ(3枚くらい)とショウガ、玉ねぎは「みじん切り」に。それぞれの量はホンの少しです。
今回も多過ぎて、全量使っていません。

気をつけるのは、まな板や野菜から出る水分を極力排除する事。キッチンペーパーなどで吸い取って下さい。水っぽいと美味しく無いので。

DSCF1296_convert_20090628010249.jpgDSCF1297_convert_20090628010334.jpgDSCF1298_convert_20090628010434.jpg
「鯵のタタキ」くらいの大きさに切ったら、これからは包丁の背を使って「叩く」
シソ、玉ねぎ、ショウガを入れて。
刃で切るより、潰した方が舌触りが良いのですよ。

DSCF1299_convert_20090628010513.jpgDSCF1300_convert_20090628010559.jpgDSCF1301_convert_20090628010637.jpg
味噌を入れ、ダダダ・・・と叩いたら、外側から包丁を入れて返し、繰り返し叩いて、満遍なく混ぜて滑らかに。
食べる時はお醤油を掛け、外側から崩して食べて行くのですが、今は小皿に取ってお醤油を掛けます。だから、味噌を入れすぎると辛いわよ!

DSCF1302_convert_20090628010726.jpg
ほい、出来上がり~ 
所要時間は15分程?
食べる前に、冷えていた方が美味しいので、時間が無い場合はこのまま冷凍室へ(凍らせないでね)
出来たら、作った日に食べて下さい。

(食べ方バージョン)
・普通にお醤油で(お好みでわさび醤油)
・お茶漬けで
・酢で〆て
もし残ったら
・丸めてツミレのように味噌汁へ
・カラ炒りしてご飯にかけて(味噌が多く辛すぎた場合も、このように食べます)

今度、鯵のお刺身を見つけたら、試して見てください。子供も案外食べてくれますよ。
お試しあれ!^^


私、漁師の娘ですから、丸ごと鯵も調理出来ます。もちろん、小鯵程度は包丁を使わず、手で三枚に捌けますよ~。エッヘン、ちっちゃ~い自慢ですが。
でも、あまり新鮮で無い様でしたら、丸から作るより、刺身の方がお薦め!

マダムの日常 | trackback(0) | comment(20) |


<<小人のケーキ 3 | TOP | 追悼>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おー、永久保存版のレシピ 

 釣り好きの私たち夫婦は年間、何千ものアジを釣ってきます。
でも、「なめろう」は作ったことがありません。
もちろん、房総のなめろうのおいしさは知っていましたが、
作り方が今一、よく分からなかったもので・・・。
このレシピに従って、食卓に乗せようと思います。
 イカを入れるというのは、さすが漁師の娘さんの知識。
これはいい!食感がいいでしょうね。
 秋になるとアジは一段と大きくなり、しかもアオリイカが釣れますから、これは是非試してみましょう。
 実家が漁師・・・。そんな女性に憧れますねえ~

2009/06/28 06:30 | 森に暮らすひまじん [ 編集 ]


No title 

はじめまして。
おはようございます。
「なめろう」、初めて聞きました。
わたしは家事ができなくなったので、家族に伝えますね。
食欲をそそりそうです。

コメントのご返事は後ほどさせていただきますね。
リンクさせていただきます。よろしくお願いします。

2009/06/28 07:38 | まほ [ 編集 ]


作ってみるね~♪ 

今はナマモノ食べれないんだけど・・・
作り方のレシピがあると心強いね~v-219
♂共のために作ってみるね~
きっと喜ぶと思う。
最近、旦那様が魚を捌いてくれなくなったので
仕方なく捌くようになりました。
・・・なんせ高円寺の魚屋さんで
「3枚におろしときましょうね~」って言われ、
料理する時に・・・
「3枚におろしとくって言ったのに2枚しか入ってない~」
って騒いで爆笑された(旦那様に)私ですから~e-350
・・・26年の歴史が少しは成長させてくれたかな~

2009/06/28 10:59 | アマゾネス [ 編集 ]


No title 

こんにちは!
「なめろう?」
私・・・「ういろう」かと思っちゃいました
なんか・・・おつまみによさそう!

丸めてツミレのように味噌汁へ
鍋にもよさそう!
カラ炒りしてご飯・・・いいですね
でも・・・簡単そうに見えるけれど
大変そう!
骨は?
あ!お刺身用で作ればいいんですね?
手抜きの大家の私としては、できるかな~ぁ・・・。
出前お願いできません?・・・よね~。。。

2009/06/28 11:00 | 桜子ちゃん [ 編集 ]


懐かしい~♪ 

なめろう、美味しそうでございます。(ゴクリ!)
昔、ダイビングしていた頃、クラブハウス(漁師の方の借家)で、
新鮮な鯵を三枚におろして、なめろうモドキの、
鯵のたたきを作って、皆で食しておりました。
出汁を加えて、まご茶にしたのも美味しかったなぁー。
しばしタイムスリップ気分にございます♪
(そこで初めてお魚をさばくことを覚えました)

この場合たまねぎが入っておりますが、
全体的なお味♪は甘くなるのでしょうか?
本当に鯵というお魚は美味しいですよねー。

2009/06/28 14:43 | 森野帽子 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

森に暮らすひまじん 様
私も、ひまじんさんご夫婦(特に奥様は鯵釣り名人ですね)の釣ってらっしゃる鯵を見て・・・これで「なめろう」を作ったら、美味しそう~と、ヨダレを垂らさんばかりに想像しておりました。(爆
釣りたてのイカを見ても、あのイキの良い歯ざわりや、甘さを思い出して・・・
是非、「イカ入りなめろう」もお試し下さい。難しいのは、好みの分量ですが、お料理上手の奥様が何度かお作りになれば、味噌、玉ねぎ、生姜、大葉の量など、最高の塩梅になりそうです♪

父は定置網を持っていましたので、4月から台風で網に損傷が出るまで、本当に毎日鯵を食べていたような気がします。煮る、焼く、揚げる・・・と色々しても、大人になって懐かしいのは、この「なめろう」と、塩焼きですね。
私のレシピがお口に合えば、幸いです♪

まほ様
早速のご訪問、どうもありがとうございます♪

リンクの件、ありがとうございます。もちろん、相互リンクでお願いしますね!
コメントにも書きましたが、詩は堪能出来なくても、まほさんの呟きを聞きに、度々伺う予定です♪よろしくお願いしますね~!

アマゾネス様
懐かしい~
>「3枚におろしとくって言ったのに2枚しか入ってない~」
この話、ありそうですが、友人の中で体現したのはアマゾネスさん一人です!(爆
息子達には、言い聞かせてます。「3枚には骨も入るんだよ!」って・・・^^もちろん、教訓として、アマゾネスさんの話をしてから。

パパ・ガーデナーは、捌くのがダメになっただけで、魚は食べられるの?
試すのは、アマゾネスさんの体調が完璧になってからでよいよ~
だって、食欲無い時に魚を触るのは、キツイでしょ?^^;
早く、味覚が戻って、食欲も戻りますように!

2009/06/29 02:24 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをありがとうございます♪ 

桜子ちゃん
>出前お願いできません?

・・・無理っ!(爆
仙台は遠すぎます~~~~^^;
そう、お刺身用の切り身からやれば、あっと言う間。
ビール好きの桜子ちゃんのお口にも、合うと思うわ~!

生のまま、お醤油をかけてが一番美味しいけど、飲み終わった後は、ご飯の上に乗っけて、熱いお湯かお茶をかけてわさび醤油を少し入れたら、又美味しいよ~!是非是非、お試しを~

森野帽子様
森野帽子さんはダイバーだったんですよね~♪
私は素潜りしかした事が無いのですが(シュノーケルさえ使えない)
筋肉と無縁の体は、2メートルも潜れません(涙)
ど~しても、ど~しても、浮いてしまうんです(ケツ?)
潮が退けば、それでもサザエくらいは取れたんですが・・・
残念ながら、海女にはなれませんでした。(タバコも敗因ですわ)

獲れたての魚は、スーパーで購入した物と美味しさが違いますよね!海辺で食べるシチュエーションが又、スパイスになってるのかもしれませんが。^^

玉ねぎもほんの少しですので、甘くはなら無いですよ。味噌で抑えますし。分量は少なめにしてみて下さい。出来上がりを舐めて、あっ、味噌の味がする・・・くらいの感じでOKです。
鯵の刺身又はたたきの特売を見つけたら、是非お試しを~!

2009/06/29 03:20 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

なめろう
旅番組などで見て美味しそうだなと思ってました
色々バリエーションを教えて貰えて良かったです

そっかぁ、マダムさんは漁師さんのお家だったのですね
お魚を捌ける女性って尊敬します
色々な魚料理を披露して欲しいな~

2009/06/29 08:31 | とほほ [ 編集 ]


No title 

なつかし~、、のはアジのタタキですが。中くらいのアジが味もよくてよく買ってきて、骨全部を骨抜きで抜いて作りました。
今はダンナがさんまのなめろうってのを時々作ります。骨はアジのように抜かなくても大丈夫のようです。
お酒のサカナにはばっちりですね。
私の好きな日本酒にgood。

2009/06/29 09:06 | まめゆり [ 編集 ]


No title 

なめろう作ってみたいです!!

てか手で魚って
三枚に捌けるもんなんですか!?

それたぶん
でっかい自慢に
できますよ~。。

2009/06/29 20:23 | せんせ~ [ 編集 ]


凄すぎっ! 

ね、ね、ねぎは入れないの?
浅葱とか、私は入れて、叩きまくると思っていました。
長~~く作っていません。

読んでたら美味しそうだなーと思ったので、新鮮な鯵を買わなきゃ。
ん十年たってるから上手く出来るかなー。
父は喜んでくれましたが、今度は自分で捌かなきゃいけないのね。
捌けるんだけど、身がもったいない。^^;

ほとんど作らないのでそれも、あったかなんて、ありがとね。

マダムさんって猟師町の子なの?
私もそうだよん。

2009/06/29 21:40 | シェイド [ 編集 ]


No title 

しばらくご無沙汰しました。PC故障で、訪問も出来ず、すみませんでした。今夜から、復帰できました。いつもお世話になり感謝の、気持ちを、お返しいたしたく思います。よろしくお願いいたします。☆

2009/06/29 23:45 | 荒野鷹虎 [ 編集 ]


こんにちわ 

おいしそ~(涎)ご飯が進みそうですね!
早速「なめろう」のレシピを主人に見せたいと思います((笑)
魚料理は、主人の役目?なので
(実は私、魚を捌けないの)
主人は、釣った魚をその場で料理する「漁師料理」が憧れらしいので
きっと、張り切って作ってくれると思います。
後日、報告しますね!

2009/06/30 11:52 | りか [ 編集 ]


誰のブログかと思ったじゃない? 

お料理 珍しいわ~

文学少女のマダムさん~ 「なめろう」とは 
思い出せば 猟師町のご出身だったわね

いつもへミングウエイ風の 詩に 圧倒されでいるのに
今日は
すごい具体的~

非常に うまそうです

2009/06/30 19:52 | くー婆ぁ [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

とほほちゃ~ん
実家には18歳までしか居なかったので、そんなに魚料理のバリエーションは知らないんだな。
漁師の魚料理は、「生、醤油で煮る、塩で焼く」くらい?
時々、唐揚ってのもありましたが、数える程。
なにしろ、鮮度で勝負物なんで、あんまり複雑な料理は作らない(爆
お客様は生の刺身を一番喜んでくれるし~

そして、大物の魚はすべて父が捌いていましたので、私は小魚くらいしか・・・
しかも、魚が沢山あり過ぎて、有り難味が無いせいか・・・山梨出身のムッシューに怒られるくらい、焼き魚の食べ方が汚いのよね~

ね・・・他には自慢できるモノが見つからない~~~^^;

まめゆり様
鯵のタタキ・・・も美味しいのですが、私的には「なめろう」の方が好きだったのでご紹介。
「さんまのなめろう」は食べた事が無いのですが、油がのってそうですね。^^
是非、今度はご主人に「鯵のなめろう」も作ってもらって下さい。^^
多分・・・作り方は同じ(ホント?^^;)

ご主人は釣りをなさるんでしょうか?^^
それとも、まめゆりさんとこも、お魚は男の料理ですか?

せんせ~
小アジなら、手で出来るのよ~
ハラワタを取って、洗って、背びれ取って、皮むいて、背から指を入れるのよ!^^慣れれば、ヒョイヒョイって。
でもコレ・・・若い男性が出来たら、ポイント高いなぁ~
修行してみる~?^^

せんせ~は「アジの刺身」を購入してなめろうを試してみて~
成功を祈る!
お口に合うといいな。^^

2009/07/01 00:41 | マダム半世紀 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

シェイド様
シェイドさんのところではネギでしたか?
実家のでは葱は玉ねぎでした。
土地で違うのかもしれませんね~^^

漁師町(・・・ってより村って感じかな?)出身ですが、魚は嫌いでした(笑)だって、4月から9月まで、毎日魚だから。^^;
朝に捕れた魚が、夕ご飯になるなんて、今考えると贅沢なんですけどね~
あの頃は辛うじて、アワビとサザエが美味しいと思うぐらいで、魚なんて・・・って思ってました。
子供だから仕方無いと思うけど、罰当りよね~!

シェイドさんは今でも新鮮なお魚は食べられるんでしょうか?
だったら羨ましい~♪
私は久々に、シッポの所の身が、ピンと跳ねた「アジの塩焼き」が食べてみたいな~

荒野鷹虎様
鷹虎さんたら~
こちらこそ、いつもありがとうございます。

PC不調との事、大変でしたね。
ご自分で治されたんでしょうか?だったら素晴らしいですね。
私だったら・・・・お手上げですわ~^^;

りか様
りかさんちでも、魚料理は男衆ですか?
「なめろう」がご主人のお気に召して頂けたら・・・嬉しいな!
魚以外に入れてあるのは少量の数品なのに・・・食べるとちょっと驚く味かも~
楽しみに・・・・

食べたら是非、感想を~♪
漁師料理か・・・・だったら専用の刺身包丁が必要かな?
あと、出刃包丁も必需品。^^

くー様
私もタマには(ホントたまに)料理くらい・・・してみたりする。^^

基本、料理嫌いで・・・この頃、野菜を摂る量が減って、少しヤバイんですよ~。
料理嫌いだと、野菜の美味しい食べ方を知らないもので、困ります。

ヘミングウエイ風の詩・・・って、嬉しい!
海の香りがします?
読んだ事のあるのは「老人と海」ぐらいしかないのですが。
私、あの外国の猟師町の雰囲気って好きです!
編み物をする、海の男の雰囲気が・・・お洒落でないカッコの良さかな。
くーさん、鋭い♪


2009/07/01 01:28 | マダム半世紀 [ 編集 ]


へミングウエイ よく知らないけど~ 

そうそう
へミングウエイは 自分は 絶対作家だとは思ってはいなかった
自分はあくまでも 「猟師」 だと死ぬまで信じていたのがいいね

でも 彼は 女優らしくないイングリットバークマンが大好きで
彼女には 人間的な熱を入れていた

へミングウエイの 孫達は 女優になってしまったけど
彼自身は最後まで

「一介の猟師」 の意識で 人生を終えたところが 自然でいいね 

2009/07/01 08:01 | kooちゃん [ 編集 ]


No title 

こないだTBSの安住アナがなめろうを食べているのを見て、おいしそうやなあって思っていたんですよ!
意外に簡単に作れそうですね♪
作ってみようかな~!

2009/07/01 11:37 | こーしろー [ 編集 ]


No title 

修理できず、結局、中古品を買いました。
昨日までは、本道も、暑かったのですが
今日は、雨模様で、寒いので、晩御飯を作らなければなりません。おいしそうで、まねしたくとも、ちょっと難しいなー。苦笑   では、いただきます。笑、

2009/07/01 18:08 | 荒野鷹虎 [ 編集 ]


コメントをどうもありがとうございます♪ 

Kooちゃん
へ~へ~へ~
文豪ヘミングウエイは、自分を漁師だと・・・
そうなんだ~
海を愛していたのね。

あ~、本を読みたくなりました。^^
図書館でないと見つからないかしら~

こーしろー様
魚料理は男性がやるものだと思っている女性陣も多いので、魚を美味しく料理出来ると・・・・ポイントはすっごく高くなるよ~!

是非、作ってみてちょ~だいね!
不思議と、ちょっとの材料を加えただけで・・・味が変わるのよ~^^
ワイン以外のお酒には、きっと合うと思うわ!

荒野鷹虎様
そうですか~。やっぱりダメでしたか?
残念でしたね。精密機器は、ちょっとの事でダメになるし、寿命も短いですよね~。^^;

私は・・・・PCの調子が悪くなったら、息子に丸投げです。^^;
新しいPCを購入しても、設定すら出来無い。

私は時代についていけません!

2009/07/02 09:19 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/298-f1480da8

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる