FC2ブログ
2019・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/11 (Wed) きみの朝

思い出の曲です。
岸田智史

「きみの朝」
ヨウツベの中から、音が一番心に響く物をえらんだら、貼り付けが出来なかったの。
別窓で聞きながら読んで下さい。

30年近く前に、マダムがマダムになっていない頃の3月、母は逝きました。
看病といっても私はまだ若く、母の入院に付き添っても、何をしていいかわかりませんでした。
ただ、雑誌を読んでひたすら退屈な時間を過ごしていました。
痩せて、別人の様になった母を見たくなくて、ロクに東京から戻りもしませんでした。
子供っぽい独りよがりな悲しみに、浸っていたのかもしれません。

そろそろ危ないんじゃあないか・・と連絡が入り、実家に帰った当日、しばらく病院に泊まり込んでいた姉を家に帰し、私がその日は泊まり込みました。
これから危なくなってくると、私では何をしたら良いか分からなく、姉にお願いする事になりますので、今の内に姉を休ませる目的と、まだ安心できる内に、看病できるかなと思ったんです。

そして、私が病院に泊まりこみをした朝、母は51歳の生涯を終えました。
その夜、母はうなされて、うわ言を言っていました。あと数日と医者から言われていたので、ああ、もう夜は苦しくて、ゆっくり眠れないのね・・・と思っていました。
そして夜明け前にやっと静かになり、母が眠ったと思い、私も安心して眠り・・・7時頃に回診に来た看護婦さんが、母が息をしていない事に気が付いてくれました。
私は呆然と、人工呼吸をしながら母に呼びかける看護婦さんを見ていました。

ああ、母の最期に気付いてやれなかった・・・と、親不孝な私は後悔しました。
姉だったらいつもと違う事に気付いていただろうに・・・
この曲を聴くと、あの病院の朝の光の中の母を思い出します。

せめて、子供を産んでからだったら、もう少しマトモな看病が出来たんでしょうに。
お母さん、貴女は早く逝き過ぎました。
何もしてあげれなくて・・・ごめんなさい。

マダムは海の子 | trackback(0) | comment(26) |


<<猫好きの皆様へ | TOP | 東京>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おっと、YOU TUBE すっかり使いこなしてますね~

当時、「モ~ニン、モ~ニン~♪」の言葉が面白くて良く歌ってました

岸田さん、今は俳優さんなのかしら?

懐かしや(*≧∇≦)ノ ♪

2009/03/11 00:53 | とほほ [ 編集 ]


 

ありゃりゃ
ケータイからは見れないので、すっかり貼り付けてるものと(汗

スミマセン(;´Д`A

でも、懐かしいのは確かです

2009/03/11 00:58 | とほほ2 [ 編集 ]


とほほちゃ~ん 

ありがとう~♪
しかも途中で、アップしたりして試してたので、とほほちゃんが来た時は、多分途中までしか記事が出来てなかったと思う。ゴメンネ~
著作権とかのせいか・・・当時の歌声で貼り付けできる物が見つからなかったの~
えへっ・・・こなれて無かったね^^;

2009/03/11 01:45 | マダム半世紀 [ 編集 ]


 

ホントに全く記事の途中でコメントを入れていたようです

ごめんなさい、マダムさん
辛い思い出の曲を懐かしいと言ってしまって・・・
51歳、早過ぎます

私も人生を大事にしないといけないなと考えさせられます
そして今、健在な両親も大事にしなければ・・・

2009/03/11 07:12 | とほほ [ 編集 ]


とほほちゃ~ん 

いえいえ、途中でアップしたのは私だから、ごめ~ん!

若い時に経験した母の死は、私の考え方を大きく変えたわ~
家族とは、「いつでも変わる脆い集合体」なんだ・・・という事を実感したわ。それまで家族って永遠に変わらない物のように感じていたから、結構ショックだったの。

多分、とほほちゃんはすでに親孝行はしてると思うけど(^^)、ご両親を大事にしてあげて~

2009/03/11 08:16 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

過去のことは、ある程度の年齢になってから思い起こすと、悔やまれることが多すぎ・・・。

私は祖父のことを思い出します。
祖母に早く先立たれ、初の内孫だった私を目の中に入れても痛くないほど可愛がってくれました。
でも、学校やら部活で忙しく、友人づきあいもあまりなかった祖父がいつも寂しそうに昼メロを観たり(泣きながら)、散歩している姿・・・そして夜中に起きてこっそりお酒を飲んでる姿・・・せめてもった話し相手になってあげればよかったと・・・。
だって、ある朝「おじいちゃん、歯医者行ってくるね」と言って出かけ、帰ってきたら死んでた(脳卒中)・・・。
突然すぎたせいか、1ヶ月くらいは悲しいとも感じず、その後、だんだん「そうだ・・いないんだ」と、いつも座っていた場所が無人なのに気付き、どわ~~~っと泣いた覚えが。

2009/03/11 11:56 | とんがりねずみ [ 編集 ]


No title 

来月私も51歳になります。まだまだ死ぬには未練が多すぎる。
きみの朝・・・歌詞しか見れなかったけど、なんか泣けそうな・・・こんな詩だったっけv-361
サビの部分のインパクトが強すぎて すっかり忘れてました。
早くに亡くなったのは知ってたけど・・・辛かったね。
喜寿を迎えた両親共に健在の私が言うのもおこがましいけど。
いろんなモノ乗り越えて今のマダムが存在するのね。
懐が深い訳だと一人で納得しています。

2009/03/11 15:12 | アマゾネス [ 編集 ]


No title 

懐かしい~v-406
きみの朝も聞くことが出来ました。昭和の歌は和むわ~
久しぶりにマダムの生声も聞けたしv-344
そうね。せっかく人間のはしくれで生まれて来たんだもん
老いて行くに任せず、朝が来るたび生まれ変わるぞ~
・・・と解釈したりして??
子供たち・・・昔は可愛かったよね~e-277
今は あんなだけど・・・

2009/03/11 16:05 | アマゾネス [ 編集 ]


No title 

いくつになっても、後悔はします。
今でも時々話しかけては謝っています。

51歳は早過ぎますよね。
母が、自分の父親の年になるのを怖がっていました。
その年に亡くなっているので、自分も、と思っていたのでしょうね。
母の母は7歳の時に亡くなっているので、とうに過ぎていたからでしょうか?

「君の朝」
懐かしいです。テレビドラマと同時に売り出していましたね。
十朱ユキヨさんだっけ?名前、わすれました。
岸田さとしさんのデビューとあわせて・・・見ていたような・・・懐かしいです。v-341

2009/03/11 17:22 | シェイド [ 編集 ]


No title 

私なんか、もっとひどい子だったわよ。
父の臨終の時、「早く死んで欲しい!」と思ったもの。
何日も何十日も、目が離せない状態が続いて、
交代で見守っていた家族も、疲れ切っていた…。

私は心臓の悪い叔母のことが、父よりももっと心配だった。
私にとっては、誰よりも大好きな叔母だったの。
父よりも、彼女を守りたかった。

嗚呼、冷たい子じゃ~!!



2009/03/11 18:54 | とる☆ねこ [ 編集 ]


コメントをありがとうございます♪ 

とんがりねずみ様
突然の死はさ・・・絶対後悔が残るよね~。
だって、突然ってそういう事だよね。

寿命が分かっていれば、絶対「後悔」の数は減ると思うけど、その代わり、意欲や希望や楽しみが減ってしまうからさ・・・仕方ないって分かっていても、苦い思いは残るよね。
だから「今の私だったら、何か出来たのに、ごめんね~」って思いながら、大切な人の止まった時間を動かしてあげる事しか出来無いのよね~

今では後悔も、大事な思い出になってしまってる。^^
それが、時間の良いところ。
でも、この苦い思いは、きっとお互いに心の成長の糧になってるよね~。ねっ!

アマゾネス様
そうなの、そうなの~。
アマゾネスさんの解釈が正しい。
あまりにピッタリのフレーズが多かったので、私には母の思い出になってしまったけど、この歌の元々は、朝に再生するという、太陽信仰(?)の歌なのよ。

頑張って、輝くかぁ~?
女が元気になれば、日本は元気になるような気がする(笑)

シェイド様
>今でも時々話しかけては謝っています。
人生で満足の行く事の方が少ないんですよね~
たとえ、いくつで逝かれようと、後悔は必ず残るかもしれません。
その後悔と共に、母を思い出し、くれた愛を思い出す事も、恩返しかもしれませんね。

朝の番組に出た、現在の岸田智史さんの映像は貼り付けできたのですが、声にあの頃の透明さはありませんでした。
30年の月日、声が変わらなかったら・・・返って化け物~っ、なんて思うかも^^;

2009/03/11 19:09 | マダム半世紀 [ 編集 ]


とる☆ねこ様 

コメントをありがとう☆

そうか~、誰も皆、後悔を思い出に変えてるんだね~
ちゃんと理由があって、色々な事を考えたら、答えがそう出てしまった。そのこと自体は悪意では無いと思う。
むしろ、周りの人達を守るタメに思ってしまった事だもの。
とる☆ねこさんは、優しいからサ。
だから大丈夫^^お父様は怒ってないと思うわ。
たとえ怒ってても、ゴメンで済むから(笑)

やっぱり充分に親孝行した・・・って満足できるわけが無いんだわ~
どんなに頑張って尽くした人でも、少し苦い思いが残る。
肉親の死ってそういうものなんだって、皆様に教わりました。
ありがとう~!


2009/03/11 23:17 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

なっつかし~~い! いい曲がたくさんあった頃ですね。メロディーも自然でやっぱり優しい音楽です、この頃。
51歳とは亡くなったお母様もさぞ心残りだったでしょう。マダムも20代ではまだ傍にいてほしいと思う時があったことでしょう。
親が亡くなるときの後悔は残ってしまい、喉に小骨がひっかかったかのように時々蘇ってくるものですね。だんだんと昇華してはいくものですが。
いろんなモノを抱えて生きる、仕方ないですね。

2009/03/12 10:11 | まめゆり [ 編集 ]


鎮魂 

曲によって、掘り起こされる情景ってありますよね。
私にも幾つかございます。おいおい紹介していくつもりですが。

ひょっとしたら、お母様の意思だったのかもしれませんね。
何故だかそんな気がするのです。
逝ってしまう瞬間を看取るには、
年若い娘には残酷だと思われたのかなぁー。
……なんて母親だったら思ってしまうかもしれません。

色々な悲しみや後悔する気持ちを抱いていくって事が、
生きているという何よりの証拠なのかもしれません。

2009/03/12 16:05 | 森野帽子 [ 編集 ]


No title 

引越し終了v-221
皆様から頂いた大事なコメントが全部消えましたv-406
・・・悲しすぎる~v-406
FC-2だから・・・また皆様よろしくですv-222

2009/03/12 17:00 | アマゾネス [ 編集 ]


 

「君の朝」なつかしいですね!
昔の曲には、それぞれ個人の思い出がよみがえりますね。
悲しかったり、嬉しかったり、本当に様々です。
マダムさんにとって、この曲が悲しい思い出になっているように…
それだけ、年を重ねたと言う事なのでしょうか?
51歳というのは、早過ぎますね
これから、もうひと花咲かせられたのに…(;_;)

2009/03/12 19:09 | りか [ 編集 ]


コメントをありがとうございます♪ 

まめゆり様
実は私、20歳ジャストだったんです。
母は寝たり起きたりの生活が長かった為、家事は姉と私(6:4の割合^^;)でこなしていたので、やることさえ分かれば出来たのですが、看病は未知の世界でした^^;
病院で何をやったら良いか分からなかった。大抵の事は看護婦さんがやってくれるから・・・今思うと、話相手とパシリをやってあげれば、それで良かったはずなんですが・・・

今だったら、いくらでも話し相手になってあげるんだけどなぁ~なんてね。でも、想いだけで又満足な時間は取れないのかもしれません。

少しづつ苦い思いを集めて、抱えて、生きて行くのが、それこそ人生なんですね(あらっ、ちょっと演歌へ道が向かってしまいました)^^;

森野帽子様
実は私も、母が待っていてくれたんだわ・・・なんて思う事も。^^
母は心配症だったので、最後まで、あまり帰ってこない私を心配していたでしょう^^;

>色々な悲しみや後悔する気持ちを抱いていくって事が、
>生きているという何よりの証拠なのかもしれません。
私もそう思います。
ありがとうございます。

そうそう・・・「ヨウツベ」って言葉は、最初に帽子さんのブログで拝見したんです。YOU TUBEの中のなにか特殊なグループ(音楽のPVとか)がヨウツベかと思っていました。
息子の言葉でYOU TUBE=ヨウツベの謎が解けた時は「これぞアハ体験!」と、感動いたしました!^^

アマゾネス様
引越し、お疲れ~
どう、携帯でも簡単に扱えそう?

FC2は時折アクセス集中で操作できなくなります。
夜9時~11時頃が多いみたいだわ・・・
言うのを忘れてた。ごめん^^;
これで、コメ無くても、来てくれたのが分かるわ~
またまたよろしくね!

りか様
今、琳子さんが忙しいらしく、ちょっと淋しいけど「八雲立つ」はきっと好きな分野ね。琳子さんも、歴史物は好きそうだもの。

ヨウツベ貼り付け成功、おめでとう~!
楽しませて頂きました♪

「きみの朝」は悲しいと言うより、母に対する後悔を思い出させる曲、合わせて母を思い出す曲なので、嫌いでは無いのね、不思議と。
でも、人間不思議よね~
なにか体験をした場合、それに音楽が加わると、鮮やかに記憶が残る。
私、「巨人の星」の音楽を聴くと、お茶の間でコタツに横になりながらテレビを観る父の光景が頭に浮かびます^^;

人間、一年後は何が起きるか分からない。考えたら、子供作って産めちゃう期間だし・・・51歳は若いけど、やっぱり、時々は覚悟の準備くらいはしとこう・・・なんて、思うだけ^^;

2009/03/13 01:54 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

51歳というのはあまりにも早すぎますね。
でもいつどうなるかはわからないですもんね。こういう話を聞くと、照れくさいとか言わず、親に感謝の言葉をかけて敬わねばと思います。
早く親孝行しないといかんなあ・・・

2009/03/13 11:26 | こーしろー [ 編集 ]


No title 

岸田智史さん、「新八先生」でしたっけ?
早い時期にお母さまを亡くされてたんですね。
私も、そういう状況だったら何をしてあげていいかわからなかったと思います。
でも、そばにいられたのは、お母さまにとっても良かったんじゃないでしょうか?
もし、東京に行く事があったらマダムさんに、ぜひ会ってみたいです。

2009/03/13 15:27 | みかてぃ [ 編集 ]


「君の朝」 

かすかに思い出し、
くちずさむ「君の朝」・・・
お母さん、貴方は早く逝きすぎました。
この、思い、心にいつまでも消えない、つぶやき、
時には言い知れない「悲しみ」や自らを
さいなむ「心」のかっとうに苦しむそのひととき・・・

マダムさんの母を思う心、今、母たらんとする強きこころ
日々、お元気に過ごされていること・・・
草葉のかげでいつも「我が娘」はがんばっているって
ニッコリほほえんでおられると思います。

「君の朝」のメロデイーが聞こえてきます・・・。

2009/03/13 19:41 | つとちゃん [ 編集 ]


コメントをありがとうございます♪ 

こーしろー様
そうよ~
お母様が入院な~んて事にでもなったら、20歳の小マダム以上に、男の子は何をしたらよいかわからないんじゃな~い?
こーしろーさんだったら、仲良し看護婦さんが、出来ちゃいそうですが~^^;
日本男児ってさ、気持ちを表現するのって、カッコ悪いって思ってるじゃん。
でも、感謝や愛を感じた時は、素直に口に出来たら、後悔も少なくなるわね~きっと(欧米かっ?←ツッコミ間違ってる?)

みかてぃ様
子供が入院して、付き添った事は何度もあるので、今では付き添いも慣れたけど、その頃は何をしていいか分からなかったのよね・・・。
>私も、そういう状況だったら何をしてあげていいかわからなかったと思います。
・・・って、言って下さって、ありがと~♪

うん。こちらに出てくる事がありましたら、是非ご連絡を~
みかてぃさんに、美味しいところとか紹介出来無いのは申し訳ないけど(だって、知らないから~)そこは自力でお調べ頂いて~
お顔を拝見しに伺いますね~♪

つとちゃん
つとちゃんにとっての「吾亦紅」の歌のように、私の母の思い出の歌でした。
お互い自分の心に残った少し苦い想いを、歌に乗せているのですね。
つとちゃんのお話を伺いながら、あの歌を聴きなおしましたら、一段と深い情景が浮かんできました。^^

>ニッコリほほえんでおられると思います
ありがとうございます。^^
母の笑顔が浮かんできます。

2009/03/13 23:24 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

「猫好きの皆様へ」のニャンコちゃん、むちゃくちゃカワイイですぅ。ポッテリした体と動き…、ビールのパッケージに「ダイエット」って書いてあるのが笑えました。
マダムさんのお子さんたちも、うちの子くらいの時は、ペットリだったんですね~。もう少しがんばりま~す(・ω・`)ノ

2009/03/14 18:34 | みかてぃ [ 編集 ]


No title 

こんばんは!
マダムさんのお話
私の経験と似ています
私の母も50歳代で、
最期は、姉は同じ病室で仮眠を
私が・・・辛うじて最期を看取った?

あ!猫ちゃん、超!可愛いですね!

2009/03/14 22:44 | 桜子ちゃん [ 編集 ]


コメントをありがとうございます♪ 

みかてぃ様
まるちゃん、ど~しちゃったの~?って言うくらい可愛いんですけど!
あの、突っ込んだ後の延びきった後ろ足が、メチャお気に入り~♪
つい、皆様にもお見せしたくて貼り付けましたが、動画は重くなるから、消しちゃうかもしれない^^;

ベットリは嫌になっちゃう時があるかもしれないけど、膝に乗ってくれるのも後数年。
買い物について来てくれるのも、10年あるかないかだから・・・^^;出来るだけ、楽しんでね~
でも、みかてぃさんはいつも楽しそうだから、心配無用よね^^

桜子ちゃん
桜子ちゃんのお母様も、お早かったのね(涙)
ウチの母も、これから楽ができるのに・・・という時期だったので、早すぎる死に悲しみました。
桜子ちゃんはまだまだ(公称23歳よね)だけど、私はもうじき母の年齢です。姉はもう越えました。それが今となっては、不思議に思えます^^;

ね、このまるちゃん、可愛いでしょ?
欲しくなっちゃうよね~!

2009/03/15 22:16 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

はじめまして。
お母さん、若くして亡くなられたんですね。
きっとマダムさんの気配を感じながら、
最後の夜を過ごされたことでしょう。
誰かそばにいるだけで、心強かったんじゃないのかなぁ・・・って思います。
マダムさんが帰るのを待ってらしたんでしょうね。

♪もーにんも~にん が頭の中でグルグルします(笑)

2009/03/16 22:25 | ちゃみ [ 編集 ]


ちゃみ様 

始めまして♪

コメントをありがとうございます♪
私の気配を感じて・・・頭に来てパワーが出たら良かったのに(笑)
帰って来るのを待っていてくれたかも?・・・とは思います。
「あんたは親不孝なんだから~」って言われてたから。
ありがとう!

親不孝を反省してます。天国に行ったら、謝らなくっちゃ~(笑)
その時、母より年上でも、きっちり甘えられる自信がある(爆)

2009/03/17 19:45 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/260-b87c12f3

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。