FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/09 (Sat) 息子に起きた事(2)

前記事は期待を持たせる様なところで「続く」にしてしまいました。
わざとでは無いのですが‥だから、先に謝っちゃいます。
ごめんね。

コメントを頂いた、とる☆ねこさん、一応社長さん、いき♂さん。有難うございます。
でも‥期待通りの結果では無いかも‥
あまりに申し分け無く、コメレスより先に本日の記事をアップします。

さて、苦しんでいた息子その2。
「やられたら、やり返せ」
「負けるな、舐められる」
と、彼が悩んでる様子に、ハッパをかけて励ましていたつもりの彼の兄と母。
心配してくれる先生にもそう言いました。
もちろん、先生は困った顔をしていましたが‥

何回かは黙って聞いていた彼も、何度も聞く内に沈んだ顔で‥こう言いました。
「やり返したら、相手は椅子で殴って来る」
「いつまでたっても終わらないよ」
「僕はケンカはしたく無いんだ」

相手は運動神経は良いものの、息子その2より一回り小柄な子。
小学校5年で転校して来た息子と違い、昔からの友人もいて、揉めた際にはいつも2対1でした。
その友人は、相手の子が息子にしつこくちょっかいを出して来て、嫌がる息子とケンカが始まり、我慢できずやり返そうとすると、仲裁、又は息子を押さえに入るという、中々いい味を出している子(笑)
そして、押さえられている内に、相手に膝を入れられたのが、青タンの真相です。

息子その2は彼らより少し大きく、スポーツもそこそこ。
1対1で戦えば、負けるとは思えません。
私は言いました。
「逃げたら、一生逃げ続ける事になる。それでもいいの?」

「僕は苦しい。お母さんには僕の気持ちは分からないよ!」
泣きながら、搾り出すように叫ぶ息子。

それを見て、一晩考えましたよ。
彼は苦しんでいる。多分「逃げたら負け」という言葉に。
親として、私に出来る事は?

次の日、私は彼に言いました。
「考えたらさ‥
大人でも<逃げる>は人間関係の中で、自然に使う事だった。
貴方と私は違う人間だもんね。
貴方が考えて、自分にあった方法で切り抜ければいい。
貴方が選んだ方法だったら、お母さんは認めるよ。
それが<逃げる>であっても、支持するよ。」


彼の顔は、それからさっぱりと明るくなりました。
彼なりに悩みは、解決をした様です。

相手の子はそれまでも、家に度々遊びに来てくれていた子でした。
お母さんと一緒に謝りに来た時に、「男の子だからケンカはしょうが無いけどさ‥やり過ぎに注意してね。程々に頼むよ」と言ったら、苦笑いをしていました。
子供っぽいだけで、悪い子では無かったとは思います。

その後は、息子その2が選んだ方法のせいなのか、次第に疎遠になった様ですが。
大人になれば、良い思い出になったと思いますが、相手の彼の住んでいた団地の立替えで、連絡は途絶えた様です。
その時いた、もう一人の友人とは連絡を取り、就職して遠くに行くまで、ファッションのアドバイスを受けていました。

ね、皆様が期待した様な、豪快な話でなく‥ごめんなさいです。

私は、何度か書きましたが、生まれた土地の古い男尊女卑に反発していました。
「女性」の型にハメられる事の窮屈と、不平等が納得出来ませんでした。
息子達には、「子育ては一人前にする事」
「一人前とは、自分で食べる物を買う為に稼いで、食べられる様料理も出来る事」
と、偉そうに言っていた私が、都合よく「男らしさ」を押し付けるのは、おかしいですよね。

でも、言い訳では無いですが、息子達に「弱い者を助ける」は、きちんと身に付いている筈。
人間として、それが出来ていれば良いんです。
彼女が出来ても、頭を使ってか、身体を使ってか分かりませんが「守る」事は出来ると信じています。
彼女が出来るかどうかは、わからないけどね‥(涙)

マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(7) |


<<めがね | TOP | 息子に起きた事(1)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

別に豪快な話を期待したわけではありませんよ。
そうですね、子供に逃げ場を作ってあげることも、特にイマドキの親たちには必要なことではないかと思います。
「イマドキの親たち」などとまるで他人事のように書いてしまいましたが(^^;
私にとっても他人事ではありません。。。

2008/08/09 02:37 | いき♂ [ 編集 ]


No title 

いき♂さんの言う通り、逃げ場は誰にでも必要ですよ。
勉強でも何でもそうですけど、常に逃げ場となる部分は用意しておいてあげる。。これは大事です。
核家族化が進んだ現代には、特に密になりがちな親子関係が目立ちます。
だから、適度にかかわり、適度に見守るマダムさんはそれでいいのだと思います。
コミュニケーションね、これがちゃんと取れていたら大丈夫ですよ。
うちも親子でなんでも話し合いますね。
けれど結論は自分達で出させる。その結論が偏っていたり、大人の目から見て間違っていた時、もう一度考えさせますね。
それで出た結論が変でも、それが彼らの成長の度合と割り切っていますよ。

男の子にも色々あるんですねー。。
息子さんはきっと争い事が嫌いなタイプなんでしょうね。
それは言いかえれば「優しい」という事ですよ。優しい人は物事をじっくり見る忍耐力がありますからね。感情に走らないぶん、冷静に判断できるという事も言えますよ。
「優しい」から男らしくない…は違いますよ。
強い男ほど優しいもんですからね。
善い息子さんに恵まれましたね(^^)

2008/08/09 02:53 | ウダム [ 編集 ]


コメントをありがとうございます。 

いき♂様
この話は10年も前の事です。

「イマドキの親」現役はいき♂さんの方ですよ。きっと!
実はあのイラスト(自画像)のせいで、最初は大学生くらいかと思っていました~wwwww
社会人というのは、直ぐに理解しましたが、ビックリです。

そう、逃げ道は必要ですね。きっと。
逃げ道ばかり作っている奴には、追い込みたくなる悪い癖が‥
根本が根性悪い目だったりしますので。
だから、子育てが終了した時は、ほっとしました。

ここ数年、身体にもガタが来ているので(笑)息子達は色々と、労わってくれる様になりました。但し、気まぐれですが(笑)

ウダム様
「優しい男」発言、ありがとうございます。母として、嬉しいわ~。

「優しい」も「強い」も、きっと、自分勝手ではいけないんですよね。
そこがまだまだ、未熟な彼らです。
フォッフォッフォ‥母の目はごまかせません。(バルタン星人かっ!)

「男」としてはひよっこの彼らですが、もう滅多な事では叱る事はないはず。あれっ、その内叱られる立場になるのね‥
ん~。ずいぶん前から、叱られてたわ‥そういえば。
ウダムさんもすでに、叱られてそうですね~ヴーちゃんにwwwww

2008/08/09 04:27 | マダム半世紀 [ 編集 ]


強さはやさしさ 

いい男じゃないですか~。
その1が ドキドキでしたから
その2は 血を見るのかと・・・緊張したわ。
鼻息ばかり荒くて いざというとき 役立たずが多いのよ~
息子2くんの ファンになりそう!
最近『男らしさ』 につぶされる若い男の子が多いらしいです。
ギャル男にならなければ いいかなと
思っている 私です。
争い嫌いのうちの息子が ちょっとパシリっぽかった時は
玄関先にきていた その友達に
母の怖さを アピールして追い払いました。
今は きちんと挨拶もしますし
息子も 言えるようになったみたい。

娘は すぐにカッとして ケンカしてきます。
しかし いざというときには何も出来ない。
気が小さいほうが よく吠えるってことですね。

2008/08/09 16:58 | miegon [ 編集 ]


miegon様 

お褒めの言葉、ありがとうー☆
モテナイ奴等に救いの言葉を頂いて‥涙がチョチョ切れます~

そう、私も向っ気が強いので、結構男子とも遣り合いました(笑)
年々、腹を立てる事も無くなり、歳を取ってしまったなぁ~と、思う事もシバシバ。
男の子だからね、喧嘩してもいいけどね‥昔の夕焼け番長みたいな感じなら‥私の時代でも、あれは無かったけど~wwwww

2008/08/09 22:36 | マダム半世紀 [ 編集 ]


いいじゃないですか 

こんばんは、ちょっと留守をしていた間に、こんな興味深い記事、
うちの子もよくやられました。
女の子はとても陰険ですよ。けがをしない分、悪質です。
一応子供達には、人に嫌がることはしないで!と育ててきましたが、
あまりにひどい時には「やり返しなさい!」と言ったこともあります。
でも、うちの子も絶対にやり返すことはしませんでした。
うちの子のかわりに男の子がやり返してくれた時はもう感謝でした。
娘達はやり返すかわりに彼女たちから離れる方法を取っています。
息子さんの考え方は立派です。
きっとやり返せば、きりがないと思ったのでしょうね。
相手の親御さんも謝りに来られただけまだよかったのかも。
今の親は、子供の悪さを指摘すると逆ギレする人が多いです。
人を選ぶのは良くないけれど、
多少は人を見てお付き合いする世の中になってきたのかもしれません。



2008/08/10 20:52 | 琳子 [ 編集 ]


琳子様 

お帰りなさ~い。

女の子は、頭が良い分、表面化しないって良く聞きますね。
器用にかわせない子にとっては、かなりきついでしょうね‥

でも、大抵は親より子供の方が、その時代に合った方法を考えているものですよね~。時代が変わっているから、親の方法論では合わないのかも‥子供の性格もありますしね~

ほんと、親って大変。
心配しなけりゃいけないし
冷静に判断しなけりゃいけないし
信じてあげなきゃいけないし
騙されたふりしなきゃいけないし
親が間違った行動は出来ないし

子育て終了で‥ホントにほ~っとしています。
琳子さんはもう少しですね!
お弁当作りも‥でしょうか?

私は一足お先ですが‥
これで、突走っても大丈夫!(爆)
たまに、どこまでも行ってみたくなりますwwwww

2008/08/10 23:45 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/152-bcb72241

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。