2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2008/08/08 (Fri) 息子に起きた事(1)

息子その2が中学2年生の時の事。

学校に行ったと思ったら、直ぐ帰ってきた事がありました。
Yシャツのボタンは千切れ、ほんの少しですが、血もついていました。
爪が当たっての引っかき傷ですが‥

それから間もなく、仕事中に学校から呼び出し連絡がありました。
「ケンカをして怪我をしたから医者に見せて欲しい」と。
学校に行ったら、相手の膝蹴りで左目の腫れた息子その2。
もちろん、青タンです。
親の役目として、相手の子の傷を伺いました。
相手に怪我は無いとの事。取り合えず、ほっとしました。
眼球には異常が無さそうでしたが、先生があまりに心配するので病院へ。

その頃、息子その2は仲良くしていた友人と揉めていました。
兄の方は優等生の友人を選ぶ事が多かったのですが、昔から彼は淋しがりやで、友人に選ぶ子達も淋しがりやが多く、問題のありそうな子ばかりでした。
子供は自分に似た友人を選ぶのだそうです。
「友達を選べ」良く耳にする言葉ですが、私の中では「間違えた親」のセリフ。
「親になったら、絶対口にすまい」と、心に誓っていました。


中学生になると、男の子はやはり「雄」
仲間内では、仲間ならではの上下関係を作って行く時期です。
息子その2は、私が育てただけあって、正義感はありました。それも不器用に。
要領良く、悪い事に付き合う事はできません。
「悪い事は自分の責任でしなさい。万引きをする事があっても、万引きの見張りだけはするな。」
そう教えてきました。
そういう事もあり、始まった揉め事でした。

揉め事が発覚する前から、会話に出て来る友人との些細な諍いに‥
私と息子その1は「やられたら、やり返せ」「負けるな、一度負けたら舐められる」と、言い続けてきました。
私達の時代は、男の子ってそう育てられたんです。

と、ここまで書いたら、夜中の1時。
そして、どうなったか‥明日に続く。

マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(5) |


<<息子に起きた事(2) | TOP | 四勝四敗‥結局引き分け?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

「友達を選べ」は、うちも言ってないですし、
言いたくない言葉ですね。
「万引きをする事があっても、万引きの見張りだけはするな。」
これも言ってないけど(笑)

男らしい子育てですね。
やられたら、やりかえせ!!
続きを楽しみにしています!

2008/08/08 13:23 | とる☆ねこ [ 編集 ]


こんにちは。 

なかなか豪快、爽快で気持ちの良い女性ですね。
僕の中の母親はそういうものでした。現代の母親には少ないですが、そういう女性がまだいるという事に感動を覚えます。
喧嘩は男の成長には欠かせないものです。友達も欠かせないですよ。対立も経験しなければならない事のひとつです。
僕は悪い友達とつるんで遊んでましたね。悪さもいっぱい経験して、反省して、そうやって大きくなった記憶があります。
母親は勉強しろとだけ言っていました。だから僕は勉強もしましたよ。僕の子供時代は色々とあって忙しかったですよ。

2008/08/08 16:27 | 一応社長 [ 編集 ]


こんばんは! 

子どもにはいろんな経験を「させないと」いけないですよね。
それなのに、あっちは危険だから、という感じでせっかくの経験を「させない」親が増えてきたのかな。
喧嘩になるとすぐに親が出てくる時代ですからね。
子どものことは子どもたちで解決する。そういう風潮がなければ、大人になったときに長い物に巻かれるヤツか、誰かに頼るヤツしかいなくなっちゃいますね。
「やられたら、やり返せ」
「負けるな、一度負けたら舐められる」
私自身は親からそのようには言われなかったし、子どもにも言ってません。でも、とてもいいフレーズです(笑)

2008/08/08 20:21 | いき♂ [ 編集 ]


No title 

勉強も友達関係も、全て自分次第。
そう教えてはいますね。
私は一人っ子で男兄弟も居なかったから、息子の育て方はとても参考になります!(^^)!
まあ、目はかけるけど手は出さない主義ですね。
あまりかかわってしまうと過干渉になりかねないし。。。
でも今は昔と違います。
親がある程度かかわらないといけない陰湿な問題などもあるので、アンテナだけははっています。

2008/08/09 00:47 | ウダム [ 編集 ]


皆様、期待を裏切り申し訳無い。 

コメントありがとうございます。

とる☆ねこ様
私は負けず嫌いで男っぽいんだけどね‥子供は私と違う人格。
これから、とる☆ねこさんちも、新たな発見と親としての試練も待ち受けているかもよ‥
期待に添えなくてごめんよ~

でも、今でもあの時言った言葉は、間違っていなかったって、思うんだ。
私に取ってはかなりの意識転換。
息子に教わって、私は大人になったんだろうな~
大人に成り過ぎたくらいだと、思ってるけどwwww

一応社長様
こんな結果でごめんなさい~wwww
私も「男の子」って、殴り合いのケンカをするものだと思っていましたよ。だから、息子さえ悩んでいなければ、ほっときました。
‥と、言うより、親に悩みなんか見せないものだって思ってました。
それだけ、親と子供は別世界のモノだったのに‥

ウチの息子達は本当に悩むと、私に相談するんです。
ビックリです。しかも答えを出す事が難しい。
親と子の関係はそれだけ変化しているって事だと思います。

いき♂様
え~ん。期待を裏切りました~
私は殴りあいのケンカは、親としてOKなんですが‥
昔だったら、ギャラリーが「卑怯」もしくは「終了」だと思えば、ジャッジしましたから‥
でもね、今は「何をしても勝てば良い」で、何の勉強にも成長にもならないケンカが多いんですよ。
今気付いたけど‥親が今の時代を信じて無いって事なんですよね。
だから、自然に過保護になる。
安心してケンカをさせられない‥悪循環ですね。

ウダム様
そうです。大人は見てるだけ。それが一番いいんです。
後は自分達で乗り越える。
それで良いと思います。
子供社会に親は介入しない‥それは基本です。
ただ、卑怯が悪い事だという事だけは教える。
それが出来ていれば、やり過ぎは無い筈なんです。
でも、結果がすべての競争社会では「卑怯」という言葉に重みが無い。昔は親の介入すら卑怯だったのに。

でもさ、ウチの息子達、おかしくね?
母親を信じ過ぎだっちゅーの!







2008/08/09 01:40 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/151-3a25b8e0

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる