FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/04 (Mon) 村八分

他の方のブログで「差別」に関する記事を読んで‥思い出しました。

マダムの育ったのは、海沿いの小さな集落ですが、不思議な一家がいました。
海の際に住んでる一家で、良く時代劇で見る様な、雨戸を開けたら直ぐ障子で、ガラス戸の無いボロボロの古い家に住んでいました。時折、お使い帰りに通りかかると、破けた障子の穴から、夕食の様子が覗けるくらい。
私より2歳程上の男の子がいたのですが。小学生から新聞配達をしている、幼い私の目にも親孝行のエライ子供の様でした。
その後、児童保護法(?)かなにかで、子供の新聞配達は禁止になりましたね。
彼の新聞配達もなくなり、余計見かける事が無くなりました。

マダムの実家は、国道沿いの海から離れたところにあり、海から歩いて7~8分でしたので、その子達(上にお兄さん、お姉さんがいたみたいです)とは、殆ど顔をあわせる事がありませんでした。
名前も知らないままでした。
小さな集落ですから、子供達の遊ぶ所、集まるところは限られていて、学年が違う子でも兄弟つながりなんかで遊びますので、名前も知らない、喋った事も無いというのは、明らかに異常でした。
もちろん、ラジオ体操にも、その後神社に集まっての勉強会(夏休みの宿題をやるところ)にも来ません。

彼らは彼ら兄弟で遊んでいた様で、唯一、年に何回か、夏の海で顔を合わせる程度。
彼らの家の目の前の海で、私達はいつも泳いでいたのに‥
彼らは、泳ぐのが上手い小型犬を飼っていて、たま~に一緒に海に入っていました。
それでも、私達は彼らと話す機会は無く‥

今思うと、彼らは「村八分」だったのでしょう。
「村八分」残りの二分は出産と葬式だそうです。
時代劇の中でしか聞いた事の無い言葉ですが。


最初はあまり見かけない子供達の事を、親に聞いた覚えがありますが、はぐらかされ、聞いてはいけない事だというのは、子供心にも分かりました。
それ以来尋ねた事は無く、何があったのかは不明のままですが、集落の人々にとって、彼らはまるで見えない人の様でした。

大人になってから、彼らの立場(?)を、なんとなくですが理解した次第です。
昨年、兄との会話で彼らの話が出て、兄にも私と同じ程度の認識しかなかった事がわかりました。
多分、「村八分」だったんだろうと‥

「見えない人」
‥なんて酷い事だったのでしょう。
あの小さな集落を出て、彼らがそれぞれ幸せな生活をしていてくれる事を、心から願っています。

マダムも人間 | trackback(0) | comment(9) |


<<四勝四敗‥結局引き分け? | TOP | 料理下手>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

今も聞きますものね、「透明人間」。
クラス単位とかでやるらしいですが。
「人と違っているだけ」でターゲットにされるとか。
息子の学校ではあり得ない事だそうで。
人は人、自分は自分という考えの人間ばかりだそう。
「変わっている事が当たり前」なんだとか。

私自身、村とか町とかのコミュニティーは苦手で、
今も古い町意識のある場所に住んでいますが、
自ら一切かかわっていません。
町会とか子供会とか、地元の祭りとか。
おつき合いがあまり無いので、無視されていても気付きませんし。
どうせ、4代前くらいに入ってきた、よそ者ですからね。
地元グループには、入れて貰えない。
それに息子も地元中学には行かなかったので、
尚更はみ出しもんだなー。

お爺とかのお葬式もよそで家族葬のつもりだし、
自ら村九分状態を作っているのかも知れません。(笑)
町の一番偉いさん一家とは、仲良くしてますけど。
ポイントだけ押さえているかも(笑)

近頃、マダムさん内容が深いですね。

2008/08/04 13:19 | とる☆ねこ [ 編集 ]


ああ…ありましたね村八分 

昔住んでいたところであったような…
マダムさんと同じで子供の頃の私には事情がわからず、そのままにしていました。。
確かに親に聞いても話をそらされたような…
酷いもんですよね。。

私の父親方の家が差別が激しく、父の兄が結婚する時もひと悶着あったそうですよ。
お相手の方が部落出身者というだけで、猛烈に反対したそうです。父の兄はそれでも反対を押し切って結婚したそうですが、当時よく聞いた言葉が「浜の人間と結婚するなんて」というものでした。
要するに「丘」の人間にとっては「浜」の人間は格下的な意味だったんだと思います。
今から思うと、なんてくだらない差別と思いますが、横浜ってそういうところもあるんですよ。
丘の人間と浜の人間ね、きっちり区別されていたみたいな…

私はこっそり部落の人と遊んだ記憶がありますよ。
いつもはみだし者で皆にバカにされていた女の子ね、その子と遊んだりもしてました。
今でも憶えてるのが、出されたおやつがうどん粉だった事です。
水にうどん粉を溶かして砂糖を入れただけのものでしたが、私は興味があったので一緒に食べてましたよ。
後で母にバレてすごく怒られましたけど、私にとっては良い思い出ですね。。
まあ、私自身が変わっていたので、誰とでも仲良くできたというか…そんなとこですが。
高校生の時なんて、学校サボってホームレスのおじちゃんとお弁当を食べていた記憶もありますからww
友人に言わせると、フレンドリーにも程がある!でしたけどねww

とにかく、ですよ。
差別はいけません。
絶対にあってはいけない事だと思います。

いい記事でしたね。
マダムさんエラい★

2008/08/04 17:24 | ウダム [ 編集 ]


昔のいじめですね 

「村八分」、私も社会科で習ったことしかありませんが、
実際にあったのですね。今で言う大人のいじめ?
原因は何かあったのでしょうが、そのご家族辛かったでしょうね。
今私達が住んでいるところは、比較的町内付き合いの楽なところですが、
中には町内会活動を積極的に勧める方達がいて、同じような理屈を言います。
「町内で仲良くしないと災害の時に困るでしょ。」
そういわれると私はいつも言い返したくなります。
「目の前に困った人がいても、知らない人だと助けないのですか?」
仲良くなるのは自然なことで、強制することではないと思うのですが、
こんな考えを言ったら、私も「見えない人」になってしまうでしょうね。

見えない差別、嫌なことです。
韓国語の先生のお宅に行った時も、短時間車を止めただけで、
駐車禁止の切符切られました。
道幅広くて、ほとんど人も車も通らないところです。
知人の弁護士さんに話したら、多分近所の嫌がらせだろうと。
先生は韓国人ですが、とても良い方です。
15000円支払いましたが、すごく気分が悪かったです。



2008/08/04 17:55 | 琳子 [ 編集 ]


こんばんは。お邪魔しますよ。 

器の小さい人間ほど格差をつけたがる。
優越感にも似た低レベルのいじめですよ。
上の素敵な女性が言っているように、仲良くしなければ人助けができないなんて道理はおかしいと思いますね。
誰だっていい、困っている人が居て、自分が助けられると思ったら助ければいいんだよな。
狭い社会の中での醜い争いっていうのはどこでもありますね。
人間というのは何かと差をつけないといけない生き物なのか、くだらない事で差をつけて満足してる人もいますよね。
東洋人に多いかな、そう思うんだけど、どうだろう?
地球はひとつ、空もひとつ、吸ってる空気も同じなのに、残念な事だと思う。
マダムさん、またまたいい記事でしたね。
益々惚れそうですよ!

2008/08/04 20:08 | 一応社長 [ 編集 ]


コメントをありがとうございます。 

とる☆ねこ様
又々、深く潜ってしまいました~wwwww

それなりに生きる時間が長くなってくると、思い出しては忘れ、又思い出し‥
見えなかった棘が刺さっていた事に初めて気付いたり‥
自分が持っている棘に、驚いたり‥

4代前からで新参者って‥ずいぶんと閉鎖的な土地柄なんですね。
でも、とる☆ねこさんは、強さと才能で、楽しく、上手に生きていける方だと思いますよ。そこが個性で、人を惹き付ける魅力なんでしょうね。
きっかけがあれば、ご近所にも良い友人は出来そうです。だから心配はしないですよ~wwwww
ホント、近くに住んでなかったのが、残念なだけ!

ウダム様
ウダムさんがそんな経験があるとは、思わなかったですよ~。
驚きです。
そういえば「山の手」って、横浜の方の言葉でしたっけ?
部落民。島崎藤村の「破壊」でしたか‥高校1年生くらいでよんで、衝撃を受けました。差別をされている人々がいる。それも自分でどうしようも無い事で‥
差別される側に自分の身を置いて、想像してみたら、どうしたらよいか判らないくらい恐ろしい事でした。なのに、その時も気付かなかったんですよ。身近にあった事に‥
差別する側は気付かない‥という事の自戒を込めて。

でも、ウダムさんはすごいです。ちゃんと見ていたのですから‥
私は見えないままでした。
ホームレスのおじちゃんとお弁当‥これも私には難しいな~
出来るのは才能の一つですよ!私の憧れの才能です。
ホント、師匠ですよ!

琳子様
思った事を言えない‥気持ちは判ります!
私も会議とかでなければ、個人には意見を言いません。
ご近所は特にね‥色々な方が居て、話に尾ひれが付くと、どうなるか‥育った環境で嫌と言う程知っている。
でも、町内会に対しては積極的では無いけど、それなりに加入。
ウチの周りは年寄りが多く、何処の家にどんな人がいるか知らないと、いざという時、助けてあげられ無いので‥
なんて傲慢!自分が助けて貰う事は考えていないwwww
あと20年もしたら、助けてもらう立場になってるのに(爆)

韓国の方に対しては、他のアジアの国よりも差別は無いと思ったのですが‥未だにそんな事がありますか?やはり悲しいですね‥
でも、琳子さんのような方がいる、それが悲しさを和らげてくれると思います。

一応社長様
>器の小さい人間ほど格差をつけたがる。

その通りだと思います!
器‥難しいですね。
他を受け入れる、他を認めるって事でしょうか?
そして「他を受け止められる」‥これが私には難し過ぎます~。
一応社長さんは、安定感とのあるところが、器の大きさを感じさせますね~
なんだか、とても安心出来ます。‥失礼では無いですよね?

褒められる様な内容では無く、恐縮です。
気付かなかった事への反省ですのでwwwww
私も差別する側になっていたんだ‥と。

2008/08/05 01:23 | マダム半世紀 [ 編集 ]


私達の世代は 

マダムさん 難しいですよ~。
私の住む市は まるで公民館のように解放会館がありました。
よく知らないときは 雨の日に体育館を貸してくれるところ(バレーボールをしていたので)だと
思っていたくらい 身近でした。
小学校高学年になり 状況がわかるようになっても
何も変わらず 何故学校の先生が交代でここに居るのかな?
と 思っていたくらいで 何も疑問にも思わなかった。
大人たちは いい顔をしませんでしたけど
私達の世代の子ども達は みんな普通に解放会館へ遊びにいき
一緒になって勉強を教えてもらっていました。
後になって 同和の子たち 対象の勉強会だって知りましたけど。
平和教育と同和教育は盛んでした。

私は 明治生まれの祖父と大正生まれの祖母に育てられたので
結構 そういうことを話しているのを 耳にしてきました。
左利きまで 差別していましたよ。あの人達は。
でも 同じ人間 差別に対しては意見してきました。
近所も いろんな理由で排除されている方たちがいますが
転勤族の多いエリアなので 当たり障りなく って感じにみえます。
普通にやさしい人なのにね。

2008/08/05 01:48 | miegon [ 編集 ]


miegon様 

miegonさんは広島ですよね?
確かに‥差別があっては平和は無いですよね。
私は彼らが、何故村八分だったのかは知らないままなのですが‥
もしかしたら、そうだったのかもしれない。もしかしたら、別の理由だったのかもしれない。
同和問題と、部落民は本で読んで初めて知ったくらい‥それまで耳にする事は全くありませんでした。
miegonさんには身近だったんですね‥
確かにお年寄りは当然の様に差別します。色々な事を。
父母との会話でも、何度か驚いた事がありました。
私達の世代は幸せな事に、平等の教育を受けてきたのですね。
差別に違和感を覚えたという事が、教育の証でしょう。
多分、差別と統制は密接で、戦争やその他の為に、差別は利用されていたんですよね。
もちろん簡単な問題では無いからこそ、次の世代で逆流する事が無い様、気を付けたいって思いましたよ。

ふっふっふ‥難しい問題なのに、皆様にコメントを頂き‥尚更ドツボにハマッている私。
私の経験も想いも、まだまだ‥ちっぽけな物ですわ~

2008/08/05 10:14 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

村八分って教科書の中のことと思ったら
そうでもないんですね~
「皆で渡れば怖くない」式の集団心理なんでしょうけれど・・


コメレスです。
コメント有難うございました!
マダム半世紀さんにお手伝い願いたい心境です。
いつも上手にされていますものね~私はこういう作業は
全くはじめてて・・・でも意外に楽しいです(笑)
何せ大きい、広いので・・・大変ですが、完成すると
嬉しいだろうと・・期待してます。

2008/08/06 01:19 | Sky(更年期主婦) [ 編集 ]


sky様 

私もこの時代に‥と思っていたら、思い当たる事があったので、ビックリです。


大物は大変だけど、達成感はすごいと思いますよ。
「楽しい」とは、ハマりましたね~?!
戻って来たら、りっぱな大工ですよ。きっと!

アメリカも暑いのでしょうか?
屋外の作業ですから、熱中症にはどうぞ気をつけて!
それにしても、DIY用品の充実度といい、スケールの違う作業といい、大変だと思いますが、かなり羨ましいです~。
一緒に塗りたい~wwwww

2008/08/06 02:20 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/149-e75f581e

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。