2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2008/07/30 (Wed) 雷雨

日曜、月曜と「ブログは夜1時まで」を守りましたよ~
でも、お蔭で3連勤務が無事出来ました。
水曜休みなので、今日はゆっくり皆様のブログ拝見と自分のブログの更新を。

日曜、火曜と東京、埼玉は雷雨でしたね‥
日曜は日没間際の雷雨で‥

マダムは都庁が窓から見える勤務地のビル9Fでグダグダお仕事をしていますが、南側の窓際の席なので、窓からは遠く板橋、豊島、練馬あたりの空が望めます。
知っている人は知っている(当たり前)
練馬は入道雲の産地。雷雨が比較的多く発生します。
パノラマで稲妻を楽しむ事もシバシバ。

日曜の様に幻想的な景色を見たのは初めてだったので、ご報告を‥!
各地、雷雨で犠牲者も出ていますので不謹慎と思いますが、勝手ながら、自然の織り成す美しさの感動を、是非残しておきたい。

稲妻
稲妻 posted by (C)でんすけの父
遠くの空から青空が消え 
黒い染みから光が踊りだす
雲の上の見えない稲妻が 
雨雲を瞬かせ
雲の下に走る閃光は 
時に残像を残す程の強さだ

太い剣を大地に突き刺し 
間段無く鋭い刃で闇を切り裂く
怒りを見せ付けるが如く 
闇と怒号がどんどん近づいて来る
青空がその有様に脅え 
世界が暗雲に飲み込まれた時

突然 闇の中に浮かび上がる金の蝋燭
重い緞帳を払い 
真横から覗く金色の夕日が
四角いビルの窓ガラスを 
まるで夜の川に浮かぶ
いくつもの燈篭の様に光らせた

自然が無機質な都市を 凌駕した
その瞬間だったのだろうか

そして闇は薄まり 蝋燭の光りは消え
空は赤から紫 次第に夜が滲み出る 
雷雨と夕日の一瞬の和解 
もしくは饗宴


「詩の様な物」にしてみました。
私の味わった感動が、少しでも伝われば‥非常に嬉しい。
伝わらなかったら、力不足でごめんなさい‥

日曜の雷雨に感動していたら、火曜日の雷雨はドンピシャで、帰宅時に重なりました。
不徳の致すところ‥謹んでお受けいたしました。

マダムの詩 | trackback(0) | comment(5) |


<<お知らせ | TOP | 反省した>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

おはようございます。

拍手!ポチ。

わたしはあの荒れ狂う雷雨は自然からの警告だと受け取りました。
警告を無視して回避するための手段を講じ、再びそれを上回るしっぺ返しを食らう。

不謹慎ではありますが・・・。

今一度、真なる自然との共存を考えてみる・・・。

2008/07/30 08:02 | 【一心】 [ 編集 ]


一心様 

こんにちわ~

「警告」かもしれません。
自然は大きすぎて、人間は小さすぎます。
人間の心が小さい限り、共存は難しい‥とは思いますが‥
前向きな方向へ行くといいな~
美しい景色を見ると、心からそう思います。

2008/07/30 18:05 | マダム半世紀 [ 編集 ]


No title 

「勝ってくるぞと 板橋区(勇ましく)~♪」(超古!)
意味解らなかったら、無視してください。
軍歌の替え歌なんか、今頃誰も知りませんよね。
母が板橋で育ったので、なじみ深い地名です。
今もその家に叔父夫婦が住んでいます。

「詩のようなもの」リアルに浮かびます。
金色の夕日が、重い空気を押し上げる様子。
自然はやはり、素晴らしい。




2008/07/30 20:55 | とる☆ねこ [ 編集 ]


とる☆ねこ様 

>勝ってくるぞと 板橋区(勇ましく)~♪

元歌は知っているけど、コレは知らなかった‥
終戦後、さぞ板橋区は人口密度が高くなったわね~wwww

私の詩のような物で、リアルに感じてくれたの?
それは、非常~にうれし~っ!(こんなギャグもあったよね)
もうすぐ、8月。今年もまだまだ、雷雨が見られそうだな~

2008/07/30 23:53 | マダム半世紀 [ 編集 ]


匿名希望様 

了解です。
どうぞゆっくりお休み下さい。
ご事情は分かりませんが、心に平和が戻る事をお祈りいたします。
又、お会い出来る時をお待ちしております♪

2008/11/22 23:17 | マダム半世紀 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://madamep.blog18.fc2.com/tb.php/146-086beba0

| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる