2013・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/09/02 (Mon) やっぱり簡単じゃない

朝顔が咲いたど~~~~~!!!
IMGP0774.jpg
分かり難いかしら?

ベランダからのツルニチニチソウ(ツルキキョウとも言うらしい)と、くっついたイエロージャスミンの蔓に巻き付いた、琉球朝顔・・・という、複雑な三角関係になっております。
ぷぷっ!

さて、ステージ台の6分の4が組みあがりました。
IMGP0773.jpg
見事に積み上がっております。
でも、高さの微妙な調節をする広さが無い・・・(涙
本当に高さが揃ってるのでしょうか?
我が家の前の私道でチェックしても・・・道路自体が凸凹した高低差がありそうで、ちゃんとしたチェックは出来ないかも~
残り2台分の材料も切ってありますので、あとは一台組み上げるのに3時間程度・・・残り6時間で組立作業は終了!・・・のはず。^^;
その後は楽しい防腐剤「塗り塗り」の時間だ~!!

あはは。
仕事で悩みが出来た分、大工仕事は良い気分転換になります。


「食べられなくなったら死ぬ」
コレが生物の基本だと、ず~~っと思っていました。
もちろん自分が死ぬ時も、親しい人が死ぬ時も。
生きる事の理だから、仕方がないこと。
諦め・・・とも言うのでしょうか。

今施設にSさんという利用者さんがいらっしゃいます。
目があまり見えないのですが、歌う事と食べる事が好きな方で、トンチンカンなお話も中々楽しい方でした。
それなのにこの1か月程前から、Sさんは全く食べなくなってしまいました。

私自身食べる事が苦手になったのは、食が細いのに無理やり食べさせられた・・・というのが要因だと思っているため、初めは無理に食べさせようとは思わなかったのです。


かといって寝たきりではなく、日中はリビングルームで過ごしていて、以前程ではないけれど合唱も楽しむ事が出来る状態。
もちろん混乱は多いし、日中は30分に一度はトイレに行くけれど、何も出ないの繰り返し。
本人も辛いだろうけれど、介助者も当然辛いのだけれど、まだこの時点では最終的には病院で点滴ってのもアリかな~と思っていたりして。
でも、往診の先生が「死に向かっている」と評したそうで・・・それを聞いた途端、心がもやもやして必死に水分摂取を強要する自分がいる(苦笑)
他の介助者ももちろん、私より必死だったりする。

Sさん。
そんなに早く逝かなくてもいいんだよ。
もっとごはんを食べて、水分を取ってくれれば、もっと皆で一緒にいる時間がすごせるよ。
いっぱい歌も歌えるし。
「スキー」の歌も「愛染かつら」の歌も、エンドレスで一日中付き合うよ。


きっと自分が本人ならほっといて欲しいと思うってわかってる。
自分が医者なら・・・患者には無理に食べさせないし、必死こいて水分摂取も強要しないかも。
自分の家族ならどうなんだろう。
・・・諦める?受け入れる?

でもSさん。
仕事だからってだけじゃなくって・・・やっぱり出来るだけ長く一緒にいたいって思うよ。
やっぱり簡単には割り切れないわ。
でもね、他の利用者さんから「まるで苛められてるみたいだね」って言われちゃったよ。
う~ん。
悩んじゃうよね。

マダムも人間 | trackback(0) | comment(9) |


2013/09/10 (Tue) またまたこの日が

はっぴばーすでいつーゆー♪

32年前のやっぱり暑い日、私はあなたを生んだんだった。

スッゲーイッテーッ!

覚悟はしてたけれど陣痛の想像以上の痛さに「明日になればこの痛さもなくなるんだ。数時間の我慢」と、何度も時計を見ながら耐えたっけ。

まだ若かった私は、本や漫画の読み過ぎで連チャンの寝不足の上、夜中の破水で一時間くらいしか眠っていなかったから、お昼頃の陣痛最高潮の時には、イテテ・・ウトウト・・・の繰り返しで・・・
分娩室に行く頃には、本気で眠くなってしまって、意識が落ちたら看護婦さんにホッペピシピシされちゃったっけ^^;

あのまま眠ってしまったら、どうなっていたのだろう?
いや・・・やっぱりどう考えても眠れないんじゃないだろうか?
永遠の謎ね。あはは。

こんなに痛いのに良く懲りずに次々子供を産むな~と、人類の雌全般の皆様に(自分もだがな)、呆れながら感心してた若い自分の記憶も年々あやふやになっていく。
ふむふむ。
32年の歳月は、それ程長いのだな。
いや、私の脳味噌がすり減ってきたのか?


ま、そんなこんなで生まれたアナタ。
すでに32歳のオッサン・・・・いやいや、むにゅムニュ・・・

アナタの32歳が「素晴らしい一年間」になりますように♪
大きなエールを送る^^

・・・・でも、来年の花火大会は潰さないように。
(言いたいことが多すぎて、飲み込むのが大変よア~タ)




朝顔が良くわからないという声にお応えして。
IMGP0776.jpg
昼なのにまだ咲いている琉球朝顔。
種は出来ないけれど、宿根性。
蔓の途中で根らしきものが見えるので、多分押木で増やせそう。
変わったコだわ~


楽しいステージの仕上げ「防腐剤塗り塗り」は、季節の変わり目の気まぐれな雨にも関わらず、着々と進んでおります。
なぜならば・・・家の中で「ぬりぬり」してるからだ~っ!!

お蔭で軽いシンナー中毒だわ^^;
あはは。
猫が空気を埋める、埋める。
よっぽど臭うんでしょうね。

明日で「ぬりぬり」はきっと終わり。
やっと部屋を片付けられる♪
わ~い。
それも又嬉し。

今度は2階を作業場に、仕事場のキッチン隙間収納庫でも作ろうかしら~
一番安いコンパネで。
白いペンキを塗って♪
ウヒヒ。
それも又楽し♪

IMGP0777.jpg



マダムは母 | trackback(0) | comment(4) |


2013/09/13 (Fri) アマゾネスさんの一周忌

IMGP0782.jpg
上弦の月の中、高円寺を徘徊してまいりました。

懐かしい?
IMGP0780.jpg
おおっ?
N家はいつの間にか売られちゃったんだ・・・
知らない人の名前で建て替えられていた。
IMGP0783.jpg
「お山の公園」
IMGP0781.jpg

あの頃の私達。
アマゾネスさんやカラス君。Mちゃん、Aっくん、そしてPちゃん。
N家のパパ、ママ。Kちゃん、Nぴー。
O家のマスター、ママ。U君、平成生まれのR君。
そしてウチのメンバー。

皆、高円寺から卒業した。
お山の公園に行くと、今でもあの頃の子供達が笑って走ってるような気がする。
そして・・・私達は20歳も若返って立ち話をしてる(笑)

女の子達はすでに自分達がママになり、皆あの頃の私達のように・・子育てと仕事と家事と、目が回るほど忙しい日々を長い期間・・でもあっという間だけど・・過ごすんだろう。

N家のパパは30代で逝ってしまった。
アマゾネスさんは50代で。
IMGP0788.jpg
昨年の今日、アマゾネスさんは逝った。


・・・私には後どのくらいの時間が残されているんだろう。
オリンピックが東京に来る年には61歳になる。
わおっ^^;
残念ながら記憶に残っているのはメキシコ五輪からになるけれど、私の生涯で東京五輪を2度見られるとは思ってみなかったわ。
ま、2度見られるかはまだわからないけれどもね。


肺年齢、63歳だってさ。
IMGP0786.jpg
健康診断の「肺気腫の疑い」の精密検査を受けてきました。
レントゲンとCTを撮って、COPD(慢性閉塞性肺疾患)は間違いないようです。
まだ軽度みたいだけど、この病気は決して治らない。
もちろん禁煙はとっくにしているけれど(4年前にね)年齢的な物もあって、老化でも自然と悪化するそう。
悪化をいかに緩やかにするか・・・という事が今後の治療(?)みたい。
でも肺活量の検査は、思ったより結果が良かったと医師は言ってた。
・・63歳だけどね。
あはは。

実はCOPDはそんなに心配していないのだけど。
すぐどうこうなる病気じゃないからね。
だから皆様、心配はご無用ですよ。^^

昔からガリガリの虚弱体質だった私が、60歳を超える自分を想像できなかっただけ。^^;
なのに東京五輪を迎える時は61歳なのよね。
摩訶不思議也(笑)
東京五輪を観る事が「目標」になっちゃいそうだ。
あはは。
もし見られたら・・・アマゾネスさんに土産話が出来るわね。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(13) |


2013/09/23 (Mon) 言葉の毒

IMGP0795.jpg
茗荷の収穫♪

7月頃に細いのが数本取れて、それでお仕舞いかと思っていたら、丸々とした茗荷が再び収穫できました。
・・・今、料理をしないから、職場に持っていこうかしら?^^;

朝顔も
IMGP0797.jpg
窓を開けると見えるところに咲いてくれてます。
やっぱり夕方まで咲いてた♪

前の木製車輪はすでにボロボロ・・・・
う~ん。
そろそろ取り替え時よね。

ステージの防腐剤塗りも終了、一応完成して、職場の納涼祭まであと1週間程。
私には初めての行事だけど、話を聞いただけでも介護者にとって、ハードな一日であろうことは想像出来る。
出来れば避けたいけれど、今は私のチャレンジ週間(?)だから、思い切って楽しもう(笑)

さて、前出のM先輩の事。
女子会もあり、職場で話す事もあり、人柄も薄っすらとわかってきました。

「言うくらいいいじゃん。言わせてよ。」の人でした。
この言葉、2回聞いた(笑)
頭に引っかかった事は、どうしても言いたい人。
私はそういうタイプは、友人としては嫌いじゃないけれど、配慮の無さが仕事をする上で辛いなぁ~と思う。
自分の指摘は正しいと思っていて、それが自分にも当てはまるとは思ってもみないのだろうな。

あはは。
ちょっと辛口なのは・・・

先日、M先輩はフロアを離れ、中庭窓際でSさんに食事を介助していたのに、もう一人の介護者がM先輩のところに行ってしまったの(この人が一番悪い?)
私は休憩中だったけれど「フロアに人がいないじゃん」と、フロア(Sさん以外の利用者さん)を見る為、キッチンに戻って、ついでに溜まっていた洗い物をしてアゲテたの。
Sさんはその頃、食事介助にかなりの時間がかかるようになって、仕方ないよね・・・と。
その時M先輩が戻ってきて「そういえば前に(自分が)日勤で入った時、Oさんとマダムさんの二人共フロアにいて、台所がこんな風に汚れ物でいっぱいだった。一人はキッチンにいて片付けものをしないとダメでしょ。」・・・と。


・・・・・・ああ、M先輩の言ってるその時は、Oさんが薬を、私がSさんの食事介助をしてた時ね。

え~~~っ!?
今のこの状況で、アナタが私に言う?
私は休憩中だし、今フロアに誰もいなかったし、キッチンは洗い物でいっぱいだったけれど??
私が先輩だったら「フロア(Sさん以外の利用者)を誰も見てない」って、逆に二人に注意するとこだったし。
(二人共私より先輩なので、注意出来なかった^^;)

残念ながら、私は「済みませんでした。」と言えなかったわ。
もしここでそれを言える人は、きっと体育会系(エライ!!)
私はバリバリ文化系(残念!)
咄嗟に「あの時は二人で忙しかったんだと思いますが・・」と言っちゃった。

でもさ、この状況が判断出来ない様じゃ、介護歴8年先輩でも学ぶ箇所はあまり多くはないな~
がっかりしたわよ。
状況判断って、どんな仕事でも必要なんじゃないかな。

・・・と思った経緯があったから。



一見サバサバして見えるけれど「言うだけいいじゃん・・・」と感情に任せて言った言葉は、かなりの毒にもなる。
他人が「言うだけいいじゃん」と言った毒も受け入れる程、器の大きい人ならそれもアリだけれど、そういう人に限って逆に言われるとプライドが傷つくのか、エラク始末に負えなくなるケースも多いのよね。
だって自分は正しいと信じてるから。

あ・・もちろんこれもM先輩の一部分のみを見た、私の誤訳かもしれない。
まだまだ断定には早い気もする(笑)
どうでも良い気もするけど(笑)

自分が正しいと信じてる人間って・・・殆どだしね。
私も含めて。

あはは。
人のフリ見て我がフリ直せってとこね。


マダムは勤め人 | trackback(0) | comment(11) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる