FC2ブログ
2012・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/09/17 (Mon) 思い出

15日にアマゾネスさんの葬儀の為、広島へ行ってきました。

葬儀の写真を撮るのは自分的に不謹慎の為、ご紹介は出来ませんが、お許し下さい。
ご存知の方も多いとは思いますが、アマゾネスさんは今回の闘病生活前まで、葬儀社でパート勤務をしていたので、葬儀手配はご自分で準備していたようです。

花がいっぱいで。
私が知る中で、こんなに花の多いお別れは無かったかもしれない。
白とピンクの華やかな花の中で、アマゾネスさんは眠っていました。


アマゾネスさんがブログを始めたのが2009年2月。
ガンの再発と骨転移がわかってショックを受けていたアマゾネスさん。
「ガン」だと打ち明けると、知り合いが皆、顔が強張るのがわかって、人に会うのが憂鬱で外に出る事が出来ない・・・という言葉を聞いて、それまで内緒だった私のブログを紹介して、ブログをやろうよ!!!と、彼女を引っ張り混んだのでした。
たくさんのブロガーさんと出会ったら、きっと同じ悩みを共有出来る方もいて、精神的な突破口になるのではないかと思ったのです。

それから3年半。
皆さんご存知のように、アマゾネスさんは強く明るかった。
願わくば・・・・ガンにはもうちょっと静かにしていて欲しかった。
誰もが願っていたはずですが。
3年半は長くは無い時間だけど、本当に幸せがギュッと凝縮された時間だったと思います。
娘ちゃんが結婚して、次男君が結婚して、お孫ちゃんが三人生まれて・・・^^

ご主人のカラス君は、ガンの再発のわかるちょっと前に、崖から落ちる大怪我をして、それこそ九死に一生を得るわけですが、アマゾネスさんのガンの再発がわかった時に「かあさん、俺が生かされた訳がわかったよ。かあさんの為だったんだな・・」と言ったそうです。

皆が明るくて、素敵な家族でした。
だから、天国で自慢してもいいのよ!^^
それ程幸せな人生だったと思うもの。

でもカラス君。
がっくり落ち込んじゃダメよ!
しゃっきりしないと、アマゾネスさんに叩かれるからね。
アマゾネスさんの分まで、お孫ちゃんを見守ってあげてね。

葬儀後もお呼び頂いたけれど、帰りの時間が心配だったから、行かなくてごめんね。
アマゾネスさんの顔を見られただけで、本当に充分だったの。
ローカル線に乗って「三原」で下りて。
ローカル線1時間くらいの間、息子と二人で爆睡しちゃって、危なかったわ。
折り返す前に目が覚めて、本当に良かった~
三原では食事して、せっかくだから広島の海を見るぞ~と、海(運河?)まで少し歩いてきました。

Image1661.jpg
この景色、空の感じは私の実家とほぼ同じ(笑)

帰りは「三原」から、あのお城の見える駅「福山」でのぞみに乗り換えて・・・

Image167.jpg
行きで自由席の混み具合にビビッた息子が、指定席をご所望し、新婚旅行以来始めての指定席(←どんだけ貧乏?)を体験して戻って来ました。
帰りの電車で、人が通らないのに何度かドアが開いて・・・
アマゾネスさんが「遠くまで悪かったね~」って、言いに来てるね・・・って、息子と話してた。
東京着は22:30頃。
自宅に着いたのは23:20分頃。
一日で広島に行けるのが不思議なくらい・・・だけど、無事に行って帰って来れました。


こんな時だけれど、アマゾネスさんを介して、島根のKちゃんご夫婦と知り合えたのは嬉しかったわ。
短大時代のお友達で、ご夫婦共に親しくなさっていて・・・青春時代のバカ仲間(失礼^^;)は素晴らしい財産。
私のブログも見ていて下さるようで・・・顔バレしてるのは少し恥ずかしい(乙女だし)けれど、よろしくお願いします。あはは。
是非、又お会いできたら・・・と、楽しみにしています。マジで。^^
色々、ありがとうございました♪



さて、ここからはハードな日帰り広島行き「のぞみ1号」体験記メモなので・・

「続き」に入れておきます。

スポンサーサイト



マダムの日常 | trackback(0) | comment(11) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる