FC2ブログ
2012・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/09/13 (Thu) 今思えば

ネット徘徊していると、こんな所に行き着くことがあります。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0619/517235.htm?g=05
俗に言うスレッドってやつ?
これ以外にも色んなお悩み相談・・・というより、自分が感じてる怒りが正等か確認したいって感じが強いかな。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0827/342655.htm?o=0
こんなのもあって。^^;

子育て世代はリタイヤ済みですが、色々驚きました。
もちろん反省も含めてですけれど。

・・・私、赤ちゃんが泣いてる時、窓を閉めた事無かったわ^^;

何しろ若かったから、私はウルサイのは全然平気で。
近くが工事中でも、自分は昼寝が出来たし(笑)
気を使ったのは夜だけで、日中は騒がしくしても平気だと思ってました。

自分が育ったように子供を育てるから、田舎暮らしの私には、都会の集合住宅での子育てはとても窮屈だったわ。
家にいる時に玄関に鍵をかける事すら習慣づかず、15年くらいはしばしば忘れたくらい。

怒る時は、平気で息子を外に出してたし。
「あんたなんかウチの子じゃない!」って。
そしたら普通は近所のおばちゃんが「お母さんに謝ろうね。おばちゃんも一緒に謝ってあげるから」って、言ってくれるもんだと思ってたわ。
・・・そんな人は都会にはいなかったけど。

今なら、通報されてるな。^^;

そういえば、息子その2のPTAの委員をした時、一緒になった方が「叱る時に窓を閉めるの。だから窓を閉めると子供がびくつく(笑)」と言って、ビックリしたっけ。
「その手があったか!」って。
しまった。窓を開けっぱなしで怒鳴ってたから、完全にヒステリーって思われてるわ~な~んて。
それからちょっとだけ、気をつける事にした。
あはは。


田舎だと(今は違うと思うけど)子供に関しては地域全体で育てるような感じがあって、家の密集度も少ないから、良い意味でも悪い意味でも、そんな都会の大人の常識を身に付ける事が出来なかったのかもしれない。

買い物にしても、子供が二人になってからは、下の子が寝てる時に上の子に留守番を頼んで近くで素早く買い物って、ざらにしてたような・・・
子供を連れてると、チョロチョロして、叱ったりが面倒だから。
ホント若いって恐いもの知らずだよね~。
それで何かあるなんて想像もしないし、大丈夫って思っちゃう。
合理的って思ってたわ。
この危険意識の欠如は、本当に反省すべきよね。

病院や電車、公の場所で騒がない事。
ご飯を食べてる時歩き回ったりしないとか、靴を揃えるとか、そういう躾はもちろん頑張ったのよ。
私が出来なかったのは、主に自宅にいる時の近隣への配慮だわ。

でも、そんなに周りに気を使ってたら、今の人達って、子育てが窮屈でしょうがないだろうな~
「みんな謝って大きくなる。子供は謝って大きくすればいい。」って、先輩ママの言葉が、私には大きな助けになったわ。
赤ちゃんの泣き声、私は好きだけどな~。
実は聞こえると若干嬉しい。^^

そういえば、安アパートの足音が煩いってクレームには、参ったな~
人間て寝ている時以外は、歩くのよね。
小さい子には、静かに歩かせる事なんて無理。
遊びに来るお友達には、もっと無理。
その頃賃貸マンション(特にエレベーター付き)は、小学生と保育園の男の子が二人いると、貸してくれる所は無かったの。
男の子は建物を傷めたり、エレベーターを壊すらしい(そうだろうな~^^;)
メゾットタイプなら大丈夫かと思って引越ししても、所詮安普請でおまけに階段があるせいで、やっぱり響くらしく、しまいには子供達は友達を呼ぶこともできなくなったし。

自宅で普通にすることが出来ないって、悲しくなったっけ。
私は子供のお友達を、沢山呼びたかったから。
あはは。

街中が赤ちゃんの泣き声や子供の声で、五月蝿いくらいの方が、日本は活気づきますよね。
公共の場では、子供をちゃんと叱る大人がいても、もちろんOKですし。

子育て中のお母さん、頑張って!

親は謝って育てればいいのよ~
謝る事を恐がらないでね。^^

スポンサーサイト



マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/13 (Thu) アマゾネスさん

アマゾネスさんが・・・・逝去されました。

アマゾネスさんのブログはこちら⇒「アマゾネスの独り言」

私もアマゾネスさんは絶対、自分のブログを四十九日前に見に来る・・・って、思ってます。
縁の出来た方も、又陰ながら見守ってくださった方も、良かったら一言、アマゾネスさんのブログにお声を残して頂けたら嬉しいです。

苦しくないわけは無いと思うけれど、私の知る限り、貴女は最後まで前向きで明るく強かった。

アマゾネスさんからの最後のメールを紹介します。
8月28日
「ありがとう~子供たちは どうあっても2クール目をやってくれ~っていう事ですドクターは途中棄権する事になるかも…それでも頑張るのなら…頑張る?って。私がやりたい事を我慢して子供たちの気持ちを優先してるんじゃないかと…思わずドクターに私が今やりたいのは子供たちに私がどう生きたかを示して 頑張る姿を見せる事なのかもしれませんって…言うのが やっとこさだったよ~ドクターはカラダが慢性肝疾患みたいになって、ガリガリに痩せてるのにお腹だけぽっこり膨らんで…栄養失調みたいになってるのを心配して言ってくれているのも よ~くわかる今日久留米大学から旦那に連絡が入ったみたいです1クールの結果が随分良かったみたいですちょっと嬉しいここまで来たら、最後までやるっきゃないよね~子供たちのためだけじゃなくって 私やみんなのためにも腹は苦しいけど、頑張るぞぉ~」


まだまだ花の54歳で、やりたい事も沢山あったと思うけれど、貴女の人生は明るい家族に囲まれて、まるで幸せを凝縮したように、素晴らしいものだったと思います。
今までとっても頑張ったんだから、少しゆっくりとお休み下さい。

でも、私がそちらに行った時は、先輩として色々教えて下さいね。
又、ゆっくり喋くり倒そうね。^^



マダムの日常 | trackback(0) | comment(11) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる