2012・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/09/01 (Sat) 馬の毛色

読みかけの本で競馬の話が出てきたの。

「あし毛は10歳か15歳くらいになると真っ白になる」(競走馬として走るのは3歳~7歳くらいらしい)と書いてあったので、途中でネット検索してみた。
え~~~っ!?
知らなかった。
オグリキャップがあし毛だったのは、記憶に残るところ。
て~と、オグリは白馬になったんだろうか?

わ~お、なってるし。(オグリキャップで画像検索すれば確認出来ます)

白馬ってあし毛のことなの?


・・・が、そんなに単純じゃ無かった。

あるサイトを見たら白馬には2種類いて、あし毛⇒白馬と白毛の元々の白馬がいるらしい。
違いは口元とおしり周りが黒っぽいのがあし毛白馬、ピンクっぽいのが白毛らしい。


・・・が、そんなに単純じゃなかった。^^;
「馬の毛色」
あはは。

馬の毛色、それにしても複雑すぎ~^^;
白毛と佐目毛(さめげ)ってのもあるらしい。
へ~
青毛って黒い馬の事なんだ。
でもきっと他のは覚えられな~い。^^;


競馬に関しては全く興味の無い私だけれど、時々読む本の中に馬の話があり、私の知識はもっぱらそこからのもの。
30年も昔に読んだ本で、サラブレッドの定義を覚えたっけ。
父方の血筋を辿っていって、「たった三頭の馬」に行き着かないとサラブレッドと呼ばれないらしい。
もちろんその三頭の馬の名前は覚えていないが、きっとネットで調べれば出てくると思う。
私は調べてもどうせ覚えられないから、興味のある方は自分で調べてね。

そういえば誰からか「白馬は先頭を走る習性があるから、競馬のレースに白馬は出られない」と聞いた事があるけれど、間違いだったね。
これは誘導馬にあし毛⇒白馬を使っているせいもあるかもしれない。

レースに出る年齢で白馬である為には、あし毛ではなくて白毛(佐目毛含むが面倒なので白毛でまとめる)でなくてはいけないけれど、劣性遺伝の為に白毛の出生率はかなり少ないのでは・・・。
馬は本来毛色ごとに好む毛色もあるらしいし、強い馬同士の交配の中では、白毛出生率が更に希少になるのでしょう。
だからレースに白馬は殆ど出ないって事よね。

白ウサギは赤い目だけど、白馬の目は黒や茶色や青い目らしい。
これがアルピノだと赤い目なんてのもあるのだろうか?

な~んて色々と寄り道しちゃったけど、あし毛が白馬になるという大きな収穫を貰って、小説に戻ろうっと。
まだ読み始めの方だし。

それにしてもびっくりだわ。
白馬の秘密!(私にとってはそのくらい衝撃が^^;)
覚えておこうっと。
きっと馬好きな人は、そんな事当たり前だろ・・・な~んて事なんでしょうね。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(4) |


2012/09/07 (Fri) 椿油かす 途中経過

以前にご紹介した「椿油粕」
「こんなの見つけました」

椿油かす、どうだったのよ?・・・と、気になった方もいらっしゃったのでは?

お待たせしました。
途中経過です。^^

7月初旬に使用・・・・といっても、まだ植え替えをしていないので「コガネムシの幼虫」に効いたか・・・は、残念ながら不明。

今回、劇的な効果があったのは「ナメクジ」に対してでした。

もし、ガーデニングをなさっていて、ナメクジ食害で困っている方がいらっしゃいましたら、お勧めですよ。
一度是非お試しください。
これでもう、夜な夜な、懐中電灯片手にナメクジ退治をしないで済みますよ!
そうそう。
多分「夜盗虫」にも効いています。
ただ、ハダニやバッタ、葉につく芋虫類には効かないみたいです。

但し・・・20キロは多すぎたかな~と、思わなくもないけど。
本格的に秋に突入したら、又使用予定もありますので、ま、良しとしましょう。^^

コガネ虫の食害に効果の有無のご報告は・・・まだまだ先になっちゃうかも~

マダムの日常 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/10 (Mon) おめでとう♪

なんで9月になっても、こんなに暑いの~~~
と、やっぱり言ってた気がする31年前の今日、時間も丁度今頃かな?貴方は生まれました。

息子ちゃん(その1)
誕生日、おめでとう~~~♪
そうよ アナタは 乙女座の男~~~♪

31年前かぁ・・・(遠い目)

残念ながら、今年もお祝いしてくれる彼女はいなかったわね。
仕方ないので・・・母からのお祝いを受け取りやがれ!!

IMGP0417.jpg

えっ?
これは何って?

アナタの好きな・・・
IMGP0416.jpg

コレのアレでんがな~~~~

プレゼント用にベストショット?を狙っていたのだけれど、朝から階段ラブで動かず・・・・
IMGP0418.jpg


ま、諦めて、ボケた腹部にモフモフしやがれ~~~!!!!

マダムは母 | trackback(0) | comment(4) |


2012/09/13 (Thu) 今思えば

ネット徘徊していると、こんな所に行き着くことがあります。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0619/517235.htm?g=05
俗に言うスレッドってやつ?
これ以外にも色んなお悩み相談・・・というより、自分が感じてる怒りが正等か確認したいって感じが強いかな。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0827/342655.htm?o=0
こんなのもあって。^^;

子育て世代はリタイヤ済みですが、色々驚きました。
もちろん反省も含めてですけれど。

・・・私、赤ちゃんが泣いてる時、窓を閉めた事無かったわ^^;

何しろ若かったから、私はウルサイのは全然平気で。
近くが工事中でも、自分は昼寝が出来たし(笑)
気を使ったのは夜だけで、日中は騒がしくしても平気だと思ってました。

自分が育ったように子供を育てるから、田舎暮らしの私には、都会の集合住宅での子育てはとても窮屈だったわ。
家にいる時に玄関に鍵をかける事すら習慣づかず、15年くらいはしばしば忘れたくらい。

怒る時は、平気で息子を外に出してたし。
「あんたなんかウチの子じゃない!」って。
そしたら普通は近所のおばちゃんが「お母さんに謝ろうね。おばちゃんも一緒に謝ってあげるから」って、言ってくれるもんだと思ってたわ。
・・・そんな人は都会にはいなかったけど。

今なら、通報されてるな。^^;

そういえば、息子その2のPTAの委員をした時、一緒になった方が「叱る時に窓を閉めるの。だから窓を閉めると子供がびくつく(笑)」と言って、ビックリしたっけ。
「その手があったか!」って。
しまった。窓を開けっぱなしで怒鳴ってたから、完全にヒステリーって思われてるわ~な~んて。
それからちょっとだけ、気をつける事にした。
あはは。


田舎だと(今は違うと思うけど)子供に関しては地域全体で育てるような感じがあって、家の密集度も少ないから、良い意味でも悪い意味でも、そんな都会の大人の常識を身に付ける事が出来なかったのかもしれない。

買い物にしても、子供が二人になってからは、下の子が寝てる時に上の子に留守番を頼んで近くで素早く買い物って、ざらにしてたような・・・
子供を連れてると、チョロチョロして、叱ったりが面倒だから。
ホント若いって恐いもの知らずだよね~。
それで何かあるなんて想像もしないし、大丈夫って思っちゃう。
合理的って思ってたわ。
この危険意識の欠如は、本当に反省すべきよね。

病院や電車、公の場所で騒がない事。
ご飯を食べてる時歩き回ったりしないとか、靴を揃えるとか、そういう躾はもちろん頑張ったのよ。
私が出来なかったのは、主に自宅にいる時の近隣への配慮だわ。

でも、そんなに周りに気を使ってたら、今の人達って、子育てが窮屈でしょうがないだろうな~
「みんな謝って大きくなる。子供は謝って大きくすればいい。」って、先輩ママの言葉が、私には大きな助けになったわ。
赤ちゃんの泣き声、私は好きだけどな~。
実は聞こえると若干嬉しい。^^

そういえば、安アパートの足音が煩いってクレームには、参ったな~
人間て寝ている時以外は、歩くのよね。
小さい子には、静かに歩かせる事なんて無理。
遊びに来るお友達には、もっと無理。
その頃賃貸マンション(特にエレベーター付き)は、小学生と保育園の男の子が二人いると、貸してくれる所は無かったの。
男の子は建物を傷めたり、エレベーターを壊すらしい(そうだろうな~^^;)
メゾットタイプなら大丈夫かと思って引越ししても、所詮安普請でおまけに階段があるせいで、やっぱり響くらしく、しまいには子供達は友達を呼ぶこともできなくなったし。

自宅で普通にすることが出来ないって、悲しくなったっけ。
私は子供のお友達を、沢山呼びたかったから。
あはは。

街中が赤ちゃんの泣き声や子供の声で、五月蝿いくらいの方が、日本は活気づきますよね。
公共の場では、子供をちゃんと叱る大人がいても、もちろんOKですし。

子育て中のお母さん、頑張って!

親は謝って育てればいいのよ~
謝る事を恐がらないでね。^^

マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/13 (Thu) アマゾネスさん

アマゾネスさんが・・・・逝去されました。

アマゾネスさんのブログはこちら⇒「アマゾネスの独り言」

私もアマゾネスさんは絶対、自分のブログを四十九日前に見に来る・・・って、思ってます。
縁の出来た方も、又陰ながら見守ってくださった方も、良かったら一言、アマゾネスさんのブログにお声を残して頂けたら嬉しいです。

苦しくないわけは無いと思うけれど、私の知る限り、貴女は最後まで前向きで明るく強かった。

アマゾネスさんからの最後のメールを紹介します。
8月28日
「ありがとう~子供たちは どうあっても2クール目をやってくれ~っていう事ですドクターは途中棄権する事になるかも…それでも頑張るのなら…頑張る?って。私がやりたい事を我慢して子供たちの気持ちを優先してるんじゃないかと…思わずドクターに私が今やりたいのは子供たちに私がどう生きたかを示して 頑張る姿を見せる事なのかもしれませんって…言うのが やっとこさだったよ~ドクターはカラダが慢性肝疾患みたいになって、ガリガリに痩せてるのにお腹だけぽっこり膨らんで…栄養失調みたいになってるのを心配して言ってくれているのも よ~くわかる今日久留米大学から旦那に連絡が入ったみたいです1クールの結果が随分良かったみたいですちょっと嬉しいここまで来たら、最後までやるっきゃないよね~子供たちのためだけじゃなくって 私やみんなのためにも腹は苦しいけど、頑張るぞぉ~」


まだまだ花の54歳で、やりたい事も沢山あったと思うけれど、貴女の人生は明るい家族に囲まれて、まるで幸せを凝縮したように、素晴らしいものだったと思います。
今までとっても頑張ったんだから、少しゆっくりとお休み下さい。

でも、私がそちらに行った時は、先輩として色々教えて下さいね。
又、ゆっくり喋くり倒そうね。^^



マダムの日常 | trackback(0) | comment(11) |


2012/09/17 (Mon) 思い出

15日にアマゾネスさんの葬儀の為、広島へ行ってきました。

葬儀の写真を撮るのは自分的に不謹慎の為、ご紹介は出来ませんが、お許し下さい。
ご存知の方も多いとは思いますが、アマゾネスさんは今回の闘病生活前まで、葬儀社でパート勤務をしていたので、葬儀手配はご自分で準備していたようです。

花がいっぱいで。
私が知る中で、こんなに花の多いお別れは無かったかもしれない。
白とピンクの華やかな花の中で、アマゾネスさんは眠っていました。


アマゾネスさんがブログを始めたのが2009年2月。
ガンの再発と骨転移がわかってショックを受けていたアマゾネスさん。
「ガン」だと打ち明けると、知り合いが皆、顔が強張るのがわかって、人に会うのが憂鬱で外に出る事が出来ない・・・という言葉を聞いて、それまで内緒だった私のブログを紹介して、ブログをやろうよ!!!と、彼女を引っ張り混んだのでした。
たくさんのブロガーさんと出会ったら、きっと同じ悩みを共有出来る方もいて、精神的な突破口になるのではないかと思ったのです。

それから3年半。
皆さんご存知のように、アマゾネスさんは強く明るかった。
願わくば・・・・ガンにはもうちょっと静かにしていて欲しかった。
誰もが願っていたはずですが。
3年半は長くは無い時間だけど、本当に幸せがギュッと凝縮された時間だったと思います。
娘ちゃんが結婚して、次男君が結婚して、お孫ちゃんが三人生まれて・・・^^

ご主人のカラス君は、ガンの再発のわかるちょっと前に、崖から落ちる大怪我をして、それこそ九死に一生を得るわけですが、アマゾネスさんのガンの再発がわかった時に「かあさん、俺が生かされた訳がわかったよ。かあさんの為だったんだな・・」と言ったそうです。

皆が明るくて、素敵な家族でした。
だから、天国で自慢してもいいのよ!^^
それ程幸せな人生だったと思うもの。

でもカラス君。
がっくり落ち込んじゃダメよ!
しゃっきりしないと、アマゾネスさんに叩かれるからね。
アマゾネスさんの分まで、お孫ちゃんを見守ってあげてね。

葬儀後もお呼び頂いたけれど、帰りの時間が心配だったから、行かなくてごめんね。
アマゾネスさんの顔を見られただけで、本当に充分だったの。
ローカル線に乗って「三原」で下りて。
ローカル線1時間くらいの間、息子と二人で爆睡しちゃって、危なかったわ。
折り返す前に目が覚めて、本当に良かった~
三原では食事して、せっかくだから広島の海を見るぞ~と、海(運河?)まで少し歩いてきました。

Image1661.jpg
この景色、空の感じは私の実家とほぼ同じ(笑)

帰りは「三原」から、あのお城の見える駅「福山」でのぞみに乗り換えて・・・

Image167.jpg
行きで自由席の混み具合にビビッた息子が、指定席をご所望し、新婚旅行以来始めての指定席(←どんだけ貧乏?)を体験して戻って来ました。
帰りの電車で、人が通らないのに何度かドアが開いて・・・
アマゾネスさんが「遠くまで悪かったね~」って、言いに来てるね・・・って、息子と話してた。
東京着は22:30頃。
自宅に着いたのは23:20分頃。
一日で広島に行けるのが不思議なくらい・・・だけど、無事に行って帰って来れました。


こんな時だけれど、アマゾネスさんを介して、島根のKちゃんご夫婦と知り合えたのは嬉しかったわ。
短大時代のお友達で、ご夫婦共に親しくなさっていて・・・青春時代のバカ仲間(失礼^^;)は素晴らしい財産。
私のブログも見ていて下さるようで・・・顔バレしてるのは少し恥ずかしい(乙女だし)けれど、よろしくお願いします。あはは。
是非、又お会いできたら・・・と、楽しみにしています。マジで。^^
色々、ありがとうございました♪



さて、ここからはハードな日帰り広島行き「のぞみ1号」体験記メモなので・・

「続き」に入れておきます。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(11) |


2012/09/21 (Fri) このニュースだけは許せない

ニュースを見ていて、ほっんとうに腹が立つ事。

親子無理心中のニュース。
しかも・・・・
多くは子供だけ殺して、自分が死に切れない。

っざけんなよ~~~~っ!!!!

自分が死んだ後、子供が可哀相だからって?!
子供はあんたのモノじゃない!

可哀相だと思ったら、生きろ!
最悪、子供は養護施設に預けてもいいから生きろ。

それがどうしても無理なら・・・

自分だけ死ねばいいのに。
子供に弱い親を恨ませてあげればいい。


子供を殺しちゃダメだよ。
その先には光も何もない。
苦労しても生きていれば幸せを掴めるかもしれない。
そんな子供の未来を潰すなよ!


・・・という怒りがふつふつと沸いて来る。

育児ノイローゼで子供を殺しちゃうニュースもあるけど。
アレももちろん人殺しだけど、ああ、辛かったんだろうな~
そしてこの先、生きていくのは辛いだろうな~と、
自分まで辛くなる事はあっても・・・
無理心中した親、しようとした親に一片の同情も理解もしません。

怒りしか湧いてこない・・・

こんな世の中だから、せっぱ詰まって辛い事もあるよね。
でも生きてさえいれば、明けない夜は無いと思う。
死んじゃダメだよ。
それでも、どうしても、どうしても無理なら・・・

一人で死んで。


こんな記事でごめん。^^;

マダムも人間 | trackback(0) | comment(5) |


2012/09/23 (Sun) 秋ですなぁ

2~3日前から、お天気は悪いけれど、やっと気温が秋めいてきました。
都内でも田舎なマダムんち。
虫の音はたんまりと聞こえます。
姿はバッタやコオロギぐらいしか遭遇しないけどね。
あっ、オケラさんは庭いじりで掘り当てた。

な~んて言ってたら、2階のベランダの花トウガラシの上で、変な虫を発見!

手近にあった古いデジカメちゃんで撮ったら、やはりボケボケ。
ごめんなさ~い。
いえ、デジカメが悪いんじゃなくて・・・私の腕が悪いんですが。


判りにくいけど、わかります?
緑のドロップ型物体。
調べてみたらツユムシの仲間で「ヒラタツユムシ」っていうらしい。

秋の虫の音色聞き分けが出来たらすごい・・・と思いつつ、耳が悪いのか頭が悪いのか、多分両方が原因で、キリギリスとカネタタキぐらいしか聞き分けが出来ない私。
コオロギは・・・種類が多過ぎて良くわかんな~い。
リ~ンリ~ンと・・・タマに鈴虫?と思う事もあるけど、んなわけきゃ無いか。
多分、コオロギだと思うけど・・・

ちなみにツユムシ及び秋の虫達の音色を確認したい方は、私がいつも利用させて頂いてるココで⇒「秋の虫検索表」聞いてみて。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(7) |


2012/09/26 (Wed) 楽しい新ブラ

本日は、前の職場の同僚二人と新宿を徘徊してまいりました。
新ブラ(?)には丁度良いお天気だったかも・・・と、言いつつ殆どビル内での徘徊ではあったんですが。
二人一緒に休みを取るのは難しいはずなのに、わざわざ休みを取ってくれて感謝。
(おかげでゆっくり出来たよ~!!ありがと。またね。^^)

あはは。
久々に猫以外とたんまり会話した気がするわ。
・・・と、すっかりヒッキーが板についてきた私です。
管轄のハローワークが新宿の為、なにかと新宿には行ってるんですが、ブラブラする事も食事をする事も殆どありません。
だから、なんだか新鮮だったわ(笑)


部屋に入る木漏れ日が、すっかり秋めいてきました。
ジャングルみたいに伸び放題のノウゼンカズラの葉の間から、ゆらゆらと丸い木漏れ日が入ってくると、秋を感じます。
(この頃はまだ暑かったけど)

IMGP0411.jpg
ついこの前まで夏日だったのに、涼しくなったとたんに簾越しの陽さえ力が衰えるのは不思議なくらい。
IMGP0437.jpg

さてさて、私の夏休みもいよいよ終わりに近づいてしまった。
10月より、ハローワークの職業訓練校にて、ヘルパー2級の資格を取ります。
期間は3ヶ月。
前にも書いたけど、私は今、人間の老後とか施設の現状とかを学びたいと思っているの。
もちろん自分の老後を含めて、勉強したいし、覚悟したいし、選びたい。
もちろん・・・学んでも、覚悟しても、選んでも、その通りにならないのが生きるって事だと思うけれど、学ぶなら、今がその時だと思う。

実は、あまりお年寄りとの会話は得意じゃないの~
だから訪問ヘルパーさんは向いてないかも・・・と思うけれど、幸い施設は近くにありそうだから、運が良ければ卒業後は、歩いて数分、又はチャリ数分で施設での仕事が見つかるかも。

ま、甘い仕事では無いと思うから、まずは卒業を目指して頑張ります。
それからは「老いる」を学びつつ、考えつつ、一歩づつ。

そそ。
そういえば、訓練校も新宿でした。

ああ・・・夏休みが終わるのは、非常に寂しい~~~~ケド・・

頑張りま~す!!
(早起きが出来るように・・・^^;)



マダムの日常 | trackback(0) | comment(5) |


2012/09/29 (Sat) 秋だろう~?

今の内に出来る事は片付けなくっちゃ・・・と、まずは扇風機を片付けました。
・・・と言いつつ、我が家には扇風機がなんと・・小さめのを入れて6台もあるんだった。

扇風機をバラして、羽やガード枠を洗って片付けるのは、夏にフル稼働してくれた2台の扇風機。
この2台は、二階のネコと階下の私用。
今の扇風機は、台も外せるから助かるわ。
洗って、水気を拭き取って、気が短いからドライヤーまで使って乾燥させて、天袋に仕舞って。
うん。
こうやって夏が終わっていく。

残る扇風機は、たまに押入れに風を送る為に出しっぱなしだったり、冬でもたまに稼動させなくてはいけない充電式扇風機だったり、普段あまり使わないから、汚れも少ない。

・・・・いや、そうでもないわ。
見ようとしてなかっただけ。

明日枠を外して掃除しようっと。
遣り残した宿題を見つけた気分。^^;


ホントはまだまだ、夏の宿題があるんだけどね。

下葉が枯れて来たゴーヤも、片付けようかと思いながら、今日も小型ながら1本収穫があり。
貧乏人には貴重なお野菜よ。
下の方はかなり枯れてきて、見た目も悪いけれど、2階まで延びた蔓はまだ青々していて花も咲くので、思い切れない。
ゴーヤさん、もうちょっと頑張る?


よし、風鈴は片付けた。
玄関のミニ飾りも
海から・・・
IMGP0440.jpg
Yちゃんから頂いたハロウィンへ。
IMGP0441.jpg

気分は秋だろう~~~?
(スギちゃん、復帰するらしいね^^)

マダムの日常 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる