2012・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/01 (Sun) こんなの見つけました

今では恒例のゴーヤのグリーンカーテン。
もちろん我が家でも、狭いスペースを利用して植えつけます。
これで3年目くらいかな?
だってゴーヤが美味しいんですもの♪
きゅうりと違って、病害虫に強いのがお気に入りです。

IMGP0351.jpg
いつもはアバシゴーヤというずんぐりタイプのものですが、今回はグリーンレイシという、ちょっと細長タイプを試してみる事に。
そのせいでしょうか?いつもは雄花がいくつか咲いたあとに雌花が咲くものでしたが、今回最初に咲いたのが雌花で、雄花が咲いたのは翌日でした。
一応受粉はしてみたけれど、間に合わないかも~

そうそう・・・
毎年被害が大きくなる、コガネ虫の幼虫による根の食害ですが・・・・
今年も沢山やられてしまいました。
ブログ仲間のとんがりねずみさんに「ダイアジノン」という薬を教えていただきましたが、近くのホームセンターで購入しようと思ったら置いてな~~~い。

仕方なくネットで購入しようと思って、ネット徘徊をしていたところ・・・
こんなの見つけちゃいました。

IMGP0354.jpg
椿油粕です。
分類では農薬ではなく「特殊肥料」。
魚には害がある為、水路に流れる形での使用は禁止されていますが、植え付け時土壌に混入、又は後からでも土壌に撒けば、コガネ虫の幼虫のみならず、ナメクジにも効果があるみたい。

参考までにご紹介しますね。
「椿油粕」
(購入した商品とは別の物ですけれど、この紹介が一番わかりやすいかも~)
私は結局、他店の安価な20キロのものを購入してみました。

・・・・20キロ、重かった・・・
庭全体にまきたかったので、2キロではちょっと足りないかと思って20キロにしましたが(ペレットタイプの10キロの袋のが見つからなかったの)プランター栽培の方でしたら2キロで足りるかもしれません。

いい加減な私は、農薬は使用量をきっちり守るのが苦手で・・・・
特にダイアジノンは強い薬のようですので、使用方法には注意が必要かも・・・当たり前ですね。
ブルーベリーにも使いたいし・・で、今年は椿油粕を試してみます。
年2~3回、上からばら撒いて良いっていうのが、何より面倒いらず。
ミミズやカタツムリには迷惑だと思うけれど、夜盗虫にも効いたら・・ラッキー♪


ただ・・・結果が出るのはまだまだ先ですから~結果報告は後日(来年?)と、なりそうです。

スポンサーサイト

マダムのお勧め | trackback(0) | comment(6) |


2012/07/06 (Fri) 今年も切れない

2008年にこんな記事を書きました。
「優柔不断」

・・・今年も綺麗です。
アメリカノウゼンカズラ(涙)

IMGP0330.jpg
このほっとくと四方八方に垂れ下がる蔓を、脚立に乗って棒を使って手繰り寄せてまとめたり、このビニールトタンの下のアルミ桟を足で確認しつつにじり寄って上から引っ張ったり・・・
中々に誘引は大変なんです。
おまけに伸びるのが早いったら・・^^;

年毎にきつくなってくるのだけれど・・・やっぱり枯らす事が出来ませんでした。

・・・今年も綺麗です(泣)
いつまで出来るかわからないけれど。

ちなみに右側は・・・

IMGP0331.jpg
ゴーヤのネットがあるんです。
これがまた・・・夏の終わりには絡まっちゃうのよね。
どっちも蔓だもんね。^^

マダムの日常 | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/09 (Mon) 天空の蜂

私、目出度く「暇のある貧乏人」になりましたので、図書館通いを始めました。

オチの無い文学よりも、どんな形でもオチのある小説の方が、作者の意図がわかり易いので楽に読めます。
今回はとる☆ねこさんの読んでいた「SPEC」の1~3巻と、この人のは外れ無しなので・・・と選んだ「天空の蜂」を借りてみました。

「SPEC」スペックは元々がテレビドラマだったと思うのですが、残念ながらドラマを視ていなかったもの。
うん、文章よりドラマの方が面白いかもしれない。^^

そして「天空の蜂」は東野圭吾さんの作品なので、ご存知の方も多いのでしょうね。
私は知らなかったけど。
東野さんはもちろん存じていますよ。
この作品を知らなかっただけ。

東野さんのインタビュー記事を以前に見た事がありましたが、私の印象ではバリバリ理系の方。
素っ気無く思えるほど、簡潔に答える方でした。
ミステリーも簡潔な文章でわかりやすく、悩まなくて済む分軽い印象を持つ作家さんで、はずれが無いので安心して読めます。

これ、すごいです。
読んで無い方にはお勧めです。
ミステリーが苦手な方にも楽しんでいただけると思うのですが。

内容に関しては、ぐぐればいくらでも出てきますので、敢えて言う事はありません。
1995年の作品ですから、2011年の震災のずっと以前に書かれたもの。
東野ミステリーらしい軽さは、あまり感じません。

原発に対する様々な立場からの思いと、理解しやすい描写で正しい知識を知る事が出来ます。
私が「すごい」と思うのは、実際に本を読んで頂かないと感じないところ。
東野さんは、ご本人も「ニュートラルな状態で書きました」と仰ってますので、この本では思想も主義も関係なく感じていただけると思います。

そこに利権が発生する限り、事業を始めるのは簡単ですが、それを上回る利潤や利益が明示できないと、撤回は難しいだろうとはわかっているのですが・・・
そしてどんな現場だろうと、その場で働いている方々には、大変であれば大変な分「仕事に対する誇り」が存在するんですよね。
だから反対するにしても、その部分への配慮は必要なんだろうと思います。
これが又、なぁなぁというか、自分の方向性を決定出来ない原因となってしまうとは思いますが・・・ね、難しいわ~。

この本の中でも「傍観者」に対する糾弾もあります。
だから、作家さんのニュートラルな立場に、少しだけ羨望したりして。
東野さんは・・・どうするの?

もし・・・まだ読んで無い方は、是非ご一読下さいませ。
ミステリーとしても、もちろん傑作でございます。

マダムのお勧め | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/12 (Thu) 本を読みすぎかな

いつの間にか私は30代で、何らかの事情でさまよっていたところ、私財経営する古民家の記念館の老女二人に拾われました。
記念館の裏口土間に隣接する3畳程の納戸に寝泊りを許されて、老女二人の仕事を手伝う事になったのですが・・
この状態で記念館の維持が出来るのだろうか・・・と、危ぶむ程に来訪者の無い一日を過ごした翌日、私が掃除を終え着替えをしているところ、なんと入館者が次から次へと・・・
対応する老女二人のなんと手際の悪い事。
入館料のおつりを渡すのすら、満足に準備出来て無い様子に「あらら、大丈夫かいな?」と危ぶむ私。
入館最初のカップルに、渡しそびれたおつりを届けに行くと、館内はかなり混みあっていて、軽食喫茶も兼ねている居間にはすでに何組かの客がオーダーを待っている状態でした。
私はオーダーをなるべく統一してもらうべきか、それとも食材が何食分の準備があるかの確認を先にすべきか、老女に確認しなければ・・・と、この難局を打開すべくアドレナリンを噴出させたところ・・・・

・・・目が覚めました。

小説みたいな夢を見るのは、連日の本の読みすぎかな・・・?

図書館利用は、色々な方法があるとは思いますが、今のところ本の予約はしないで直接来館して、本との出合いを楽しんでいます。
文庫本は大概は裏表紙部分にあらすじが書いてあって、自分の好みの本か確認しながら購入したりしますよね。
新刊の単行本っていうのかな?あのハードカバーの本は帯にあらすじやあおり文句が入っている為、帯の無い図書館の本は内容がわからないのよね・・・と、思っていたら、こんな工夫がある本も。^^

IMGP0374.jpg
見開き部分に帯の一部を貼り付けてありました。

司書さん、どうもありがとうございます。

7月8日5冊借りちゃいました。
 
「七つの黒い夢」   
  乙一、恩田 陸、北村 薫、 誉田 哲也等7名
  面白かったですよ。軽く読めます。
  (すでに内容を忘れたような気がする)
  ★★★
 
「少年H 上下巻」妹尾河童 著
  これ、私より上の世代なら絶対お勧めです!
  内容が戦時中なので、あまり若い方には
  向かないかな。でもお勧め。
  ★★★★
 
「金色の獣、彼方に向かう」 恒川 光太郎 著
  恒川さんらしい、ハードボイルド系
  ファンタジー。
  村上 春樹さんよりくどくない。
  甘すぎないところが好きです。
  ★★★
 
「アラカンのかれいなる日々 ~」吉田 真由美 著
  最初は想像通りの自虐エッセイだったから、
  楽しめたの。
  途中から辛くなってきた。
  大人だけど重症の自家中毒な感じ。
  ☆

7月11日
(タイトルで選んだ5冊)
 
「小説あります」門井慶喜 著
  作者が男性で40歳を過ぎてるとは
  思えないくらい、少女漫画みたいに
  甘ったるい。
  出来が良い少女漫画だと・・・
  三浦しをんさんの「船を編む」に
  なるんだけどな~(コレは★★★★)
  設定は悪く無いのに、なんでこんなに
  人物が甘々なんだろ。(涙)
  勿体無いけど★
 (初めての作家さんなので辛口かも)
  このあまりの勿体無さが、今朝の夢に
  繋がったんだと思います。
 
「7年目のツレがうつになりまして。」細川 貂々 著
  残念ながら有名な「ツレがうつになりまして。」は
  貸し出し中で、先にこちらを読んじゃいました。
  うつの家族になることは・・・
  私には無理だなぁとつくづく思います。
  ★★★
 
「虚言少年」京極夏彦 著
「星と半月の海」川端裕人 著
「ちょいな人々」荻原浩 著

 この三冊はこれから読みます。^^
                 

さて、今は冷蔵庫&食糧備蓄の整理週間の私。
なぜあるのかも忘れてしまった「桃の缶詰」でこんなのを作ったり・・・
IMGP0372.jpg

下には牛乳寒天。桃を乗っけたら桃缶シロップのクラッシュゼリーを乗せて。
決して生たまごではありません。あはは。
料理嫌いの私も、寒天やらゼリーやらは、自分で作ったりします。
面倒と価格を秤にかけても、作った方がかなりお得だしね。
ゼライスと寒天パウダーがあれば、剥くのが面倒で古くなったリンゴも素敵にリフレッシュ出来るし。
便利よね。
私なりのコツは、フルーツの場合はバニラエッセンス(オイルでも可)を入れる事。
無い場合はケーキシロップでもOKです。

食糧整理に勤しまねば。
・・・つい食べ過ぎちゃうのが困るけど。

マダムのお勧め | trackback(0) | comment(5) |


2012/07/17 (Tue) いじめについて考えてみた

前記事の
「虚言少年」「星と半月の海」「ちょいな人々」の三冊
読み終えました。

「虚言少年」京極夏彦 著
  京極さんの本は初めてでしたが、
  選んだ本が悪かったかも。
  この話は興味がもてませんでした。
  主人公は小学生だし。
  高校生くらいまでなら楽しめたかも。
  文章力は当たり前にありますので、
  ホント好みの問題。
  他の本にチャレンジします★★

「星と半月の海」川端裕人 著
  この作家さん、名前も知らなかった
  (勉強不足?)けど、メチャ当たりでした。
  自然や動物がテーマとなっていて、
  リアルだけではないロマンを感じます。
  ファンタジーではないけれど、女性向けかな。
  爽やかな風の中で読後感に浸れます。
  ★★★★

「ちょいな人々」荻原浩 著
  ユーモラスでほっこりする短編集。
  気軽に読めて楽しいです。
  読後感も良。
  通勤、通学途中で読むのに最適。
  この本の文庫が出てるかは不明だけど。
  ★★★

根を詰めて読みすぎたみたいで、やはり目の負担が大きかった~^^;
ここいらで少し休まねば~。



今テレビで「いじめ自殺」が連日話題になっていますね。
大津市では、教育委員会も含めた学校側の対応が悪かったと、大変責められてます。

私自身は「学校は教育の場」と思ってますので、いじめ問題がすべて学校のせい・・・とは、思ってません。
もちろん、今回の件では対処が不十分であったとは思いますが、教育現場に対処のすべてを任せる事自体が間違ってるのではないかと以前より思っていました。

先生と親が互いに責任のなすりつけをするんではなくって・・・
これからもしいじめが起きたら・・・兆候に気付くにはどうしたら良いか、気づいたらどうすべきか、加害者側の親になったら、被害者側の親になったら、担任の先生だったら、立場別の具体的な対応シュミレーションを学校と親の両方が事前に学ばなくてはいけないと思うのだけれど。
いじめが発生する事よりも、それに対する準備が出来ていない事が本来の問題なのではないだろうか?

テレビで、あるお母さんからの
「どうしてイジメなんて起きるのでしょうか?とても悲しいです。」
という意見が読み上げられて。
え~~~~っ!?
・・・て思うのは私だけじゃないと思うわ。

人間は知恵という武器を持つ動物でしょ?
優秀な種を残すという本能を持つ限り、集団があれば優劣をつけて、その結果イジメが生じるのが生存競争としては当たり前な気がします。・・生き物である限り。
それを抑制するのが、宗教だったり、倫理だったり、躾だったり、理性だったりするんだと思います。
やっぱりその基本は、学校よりも家庭じゃないのかな?
学校は勉強を教えるところ。
家庭は人生の基本を教えるところ。
・・・じゃないですか?

「イジメはダメ」だけじゃなくて、なぜダメなのか、子供に理解出来るように家庭で話し合う事はどうしても必要だと思う。
これはいじめる側の面かな。
いじめられる側の面では、自殺についても触れるべきだと思う。
やっぱりどちらも大事。
普通の生活の中で自殺を話題にするのは難しいけれど、最終的に自殺を考えるまでに、逃げ道を作れるように。
子供が長じてからは、おざなりになリ勝ちになりますよね。
でも、子供の成長に合わせて、随時話題にするのは必要だと思う。

男の子って普段の生活の中で「殺す」「死ね」「死んだらいいのに」って言葉がすぐ出てくるのよね。
そういう負の言葉は、気軽に使ってはいけない・・・と、中学生ぐらいまでは家庭内で規制したいもの。
厳密でなくても良いので、悪意のある言葉だ・・・くらいの認識は必要。
それがいじめかおふざけかの、判断にも繋がると思うわ。
子供はやっぱり本能で、傍観者かいじめる側に付く事も多いと思う。
いじめがエスカレートすれば尚更。
だって生存競争だもの。
大人だってそうでしょ?
社会も会社もイジメがあるし。
男性は特に同性を勝ち負けで判断するらしいと聞いた事もあるし。
女性だって露骨でないだけで、そういう心は無いとは言えないと思うの。


いいかげん「集団にはイジメありき」から出発しましょうよ。
親も学校も。
特に親かな。
他人様の子供は自分んちと同じ教育は出来ないし、ウチの子に限ってという事もあるし。
あるものはある。
見えないフリをするんじゃなくて、いかにエスカレートをさせないしくみを作るかを議題にして。
やる方はふざけたつもりでも、やられる方はプライドと命がかかってる。

学校は本来、競争社会だから、ストレス発散の意味合いもイジメに拍車をかけるかもしれない。
その上、各家庭では親の考えが違うし、日本では教会のように統一された宗教倫理感を学ぶ場所は無いから、難しいかもしれない。
あ・・そうか・・・日本って、その役割を学校に求めてるのよね。きっと。
寺小屋的発想の学校教か~
ん~だったら教会みたいに学校を崇めないと・・
昭和ならともかく、今はそんなに保護者が教師を尊敬してない気がするし、卒業したらあっさりしちゃわない?
ちょっと都合が良すぎるな・・・
(話がわき道へ逸れそうなので戻します)

そんな中で、「命」を失わないで、子供たちが歪の無い人間形成をしていく為に、親はどうすればいいのか、学校は何をすればいいかを具体的に話し合えるのは・・・
もしかしたらPTAしかないかもしれない。
PTAは本来、そういう機能を持つべきものであって欲しいな~。

今、働く親が多いからPTAも面倒が多くて、嫌がられてるでしょ?
何年も前に良かれと思って始められた事が積み重なって、形骸化した行事を止められないから無駄なことばかり増えるのよね。
だからPTAのP部分は、地域のリタイアしたシルバーに参加してもらう。
まだまだ元気で無駄になっているパワーを子供たちの為に有効活用出来るし、教育の場に係わりたい方達もいると思うし、お年寄りが身近にいるのは子供にとっても必要で大事な事。
それにPTAのT部分には、月一くらいは校長の出席も必要でしょ。
(学校にもよるけど校長は殆ど出てこない・・)
そしたら先生も進行を見守るだけの「お飾り」にならなくて済むわ。
調整役で教育委員会からも出席してもらって。
問題教員やモンスターペアレンツや給食費未納についても、お困りな事を本音で語り合えるかもよ(笑)
語り合うだけじゃワイドショーと変わらないから、改善策も出せるしくみを作って欲しいわ。

当たらず触らずで、波風が立たないように行事をこなすだけの、何の役に立つのかわからないPTAでは無くって、PTAがあって教育に参加できて良かったと思う事が出来れば、毎年なぜか役員になって頑張ってる方達も報われると思うのだけどな。


すでに学校とは全く関係がないけれど、久々に考えてみた。
うん。
子育てが終わって、現場を離れると、好き勝手言えていいわ~(笑)
くだらない「妄想」ではあるけれど、各学校のPTA会長さんや連合の会長さん、いっそこの機会にPTAを改革して下さいませんか?

このまま教育機関にまかせても、イジメはきっとなくなりませんよ~。
PTAは今こそ変わるべきです。
責任を追求するだけじゃなくて、引き受けて対処する方向に!

・・・無理かな?
無理だろうな~^^;


マダムの子育て反省 | trackback(0) | comment(7) |


2012/07/23 (Mon) 息子が家を買いました

ここ3日ばかりやけに涼しくて、30度超えの暑さからちょっと一息つけた東京地方です。
今日も蒸し暑いとテレビでは言っていたけれど、我が家の外気温計は午後2時で27度。
扇風機無しで全然平気。
30度までは窓開放、扇風機で辛くない。
33度でも首に濡れタオル、水分補給しながら堪えられる。
35度以上は・・・諦めてエアコン設定30度で稼動します。(←かなり涼しい^^)

昨年、省エネで頑張ったせいか、身体も耐性がついて、今年の夏もコレで行けそうです。
IMGP0375.jpg
ウチの猫息子は、30度を超えたらこんな感じ。
私?
私は枕だけ置かせてもらって、布団に寝ていません(キッパリ!)
Tの字で寝ています(涙)

さて、同居していた息子その2が、いよいよ彼女と一緒に住むそうです。
彼女も地方公務員、息子と同じ都職員です。
だから職員住宅というのかな?
古いけれど一等地にある2DKに子供達と一緒に暮らしているようです。
耐震補強の為来年3月には退去予定ですが、転居先の同様の職員住宅ももう数年で出なくてはならないようで・・・
子供達の転校などを避けるためにも一念発起して、共同名義(だと思うけれど詳しくは不明)で家の購入をしました。
家の完成は12月頃だけれど、貯蓄を少しでも増やす為もあるんでしょう、家計の管理も含めて今からの同居予定となります。
新居は我が家とは同じ区になりますが、端と端なので電車だと・・・乗り換えあり。
でもマンモス駅での乗り換えじゃないのが嬉しい。
チャリだと25分くらいかな~
丁度良い距離感かもしれません。

私は基本がヒッキーなので、息子その1のマンションへは引越し以来行ってない。
だから、近くても遠くても・・・用事がなければ遊びには行かないと思います。
お嫁ちゃん、安心してね。^^

で・・・引越し荷物はというと、今の彼女の住まいに息子の荷物を入れるスペースは無さそうで・・・バッグ2~3個の荷物でした。
昔で言うと「身一つで」ってとこでしょうか。
逃げ帰ってくるなよ~~~~!

元々息子その2は、モノが捨てられない子なんだけど。
ウチにおいてある荷物、年末までに整理しないと・・・まとめて捨てちゃうからね~!!!
よろしく。

一人暮らしになると心配なのが食生活よね。
不規則になるし・・・バランスも崩れそう。
自堕落な身体(笑)にならないように、伝家の宝刀「チョン・ダヨンのエクササイズ」でもする予定。
この歳になると、ダイエットだけじゃダメなのよぉ~
10分くらいのエクササイズしてもダメだと思うけど、やらないよりマシ程度で。^^;

でも・・・チョン・ダヨンは整形してる(脂肪吸引もね)と思う方に一票!
わはは。


IMGP0376.jpg
牛乳寒天を入れたスイカゼリーを作ってみたよ。
結構美味しかった~♪

今年も福島の桃、美味しく頂きました。
西友で見つけて、4個348円。
なんてお安いんでしょう~
嬉しいけれど、福島の農家さんを思えば、複雑な気持ち。
沢山買ってあげたいけれど、贅沢が出来ない生活だから、口に出来るのはあと一回くらいかな。
福島の皆さん、今年も美味しい桃を作ってくれて、ありがとう~♪
これからは一人暮らしなので、出来るだけ東北の農産物を購入する予定です。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(7) |


2012/07/29 (Sun) 五輪開幕

ロンドンオリンピックが開幕しましたね。
ありがたい事に、私は今人生の夏休み(冬休みかな?)に入ってますので、ロンドン五輪を存分に楽しめそうです。^^
どうせだからどっぷり浸かっちゃうつもり。
ブラボー!!!ヒッキー♪

それにしても柔道の選手って、プレッシャーは半端無いだろうな~
柔道はメダルを取って当然。
しかも金が欲しいよね・・・って、皆思っちゃうよね。
・・・しかも、いつも開幕早々で、メダル、メダルで選手団のムードを作らなくっちゃいけないような感じになっちゃうし。
観ていて可哀相になるくらいのプレッシャーを背負って、戦うのよね。
うん、うん。悔しかったよね。
そこできっちりと金メダルを獲っていた、野村選手と柔ちゃんはやっぱりすごいな~と、今更ながら思ってしまった。

IMGP0377.jpg
ゴーヤが大きくなりました。
最初に咲いた雌花は、やっぱり実がいつまでも大きくならないので、早めに摘んでしまった。
今、2番目の実がだんだんと大きくなっています。
雌花も次々・・・とはいかなくても、2番目、3番目の花も咲いて、これからが楽しみです。

早くゴーヤが食べたいわ。^^

IMGP0378.jpg

私の目的は、グリーンカーテンより、実の収穫かもしれない。
あんまり取れすぎても飽きちゃうから、程ほどに実ってくれると嬉しい。

こっちまではノウゼンカズラの日除けが来ないので、昨年使ってより貧乏くさくなった簾を、海の家みたいにビニールトタン屋根の天井にくっつけてみました。
陽に焼けていない方を下側にして、海の家みたいにちょっと良い感じになりました。
風鈴をつけたいくらい。

これで少しは涼しく・・・なってるといいな~
それにしても、ここのとこの暑さも半端ないわ。

あまりに暑いので、逆に動いちゃってる。
ここのところハマってるのが、お風呂場や洗面所の整理や掃除。
お風呂場の壁とか、ドアのガラス磨きとか、洗面台の引き出しの整理とか、普段あまりやらないから、出来る時にしないとね。
この、汗だくで掃除した後にシャワーを浴びて、身体も気分もすっきり!!
・・・に、ハマってます。^^
あはは。
この爽快感は、癖になりそう~


ちゃんと水分は取ってますから、ご安心下さいね。
皆さんもどうぞお気をつけて~

マダムは母 | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/31 (Tue) 水回りって耐久20年だとか

おくぴーさん。
今回のオリンピックがすっきりしないのは、柔道の判定、特にアレ(ジュリ~~~~~ッ!!!と叫んでしまうのは私だけ?)でしょうか?
それとも男子体操団体の銀メダルでしょうか?

柔道はかなり前から「柔道」じゃないような・・・
柔術って呼んでもいいような気がする。
だんだんと、判定も難しくなったよね。
技をかけて、返し技があって、どっちが有効なのか、人間の目じゃ判定が難しいって事だと思うけれど、観ていてさっぱりわからなくなりました。^^;

ピピンさん。
スイカのゼリーは、小玉スイカを半分にして、簡単にスプーンでくり抜いて作りましたよ。
それを櫛形に切ると、あの漫画みたいな形になります。
スイカは皮にも、中に入れる実も水分が多いので、ゼリーは基準より少し水分を少なめに固めに作らないと、身が崩れちゃうかも~。
私はフルーツを入れたけど、フルーツ無しの方が綺麗だったかな。
是非作ってみて~^^




さてさて、ちょっと前にお風呂場のひび割れを修復しました。
築33年の我が家。
水回りの耐久性は20年って、皆さん聞いた事があるでしょ?
しかも水回りは素人DIYじゃ難しいらしい。
17年前にこの家を買ったとき、すでに水回りはボロボロだったけど、その内リフォームをしなくっちゃと思ってたので、掃除も諦めてたの。

・・・が・・・予定は未定(涙)
いつまでたってもリフォームできず。

諦めて、自分で出来る事だけする事にしました。

ここからは目に汚い写真が続きます。
だから追記に入れて畳んでおきますね。

だってボロ家だも~~~ん(開き直り)



マダムは大工 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。