FC2ブログ
2012・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/05/22 (Tue) 余計な心配?

私にはちょっとした心配事があります。
そしてそれは年々大きくなるのですが・・・

それは姪の事。
私の姉には25才と23才の娘が二人います。
妹は重い自閉症で、週に3~4日、作業所に通っています。
お迎えは16時くらいなので・・・送り迎えもあれば自由な時間は殆ど無いですよね。

心配事というのは姉娘の方。
自閉症の妹がいたせいもあるのかな・・・優しい子ですが、イジメの対象にもなったせいか、対人関係にはイマイチ自信がないみたい。
高校を卒業後、声優の専門学校へ行きましたが、その頃から登録制のバイトは経験しているようですが、長期のバイトの経験は無く、就職もしていないのです。

父親はきちんと自立させたいようではあるのですが、母である私の姉は手放せない様子。
それというのも・・・

特に愛情深い姉は、重い自閉症の妹娘を、誰よりも慈しんで育てたと思います。
その分、躾や決まりなど、厳しく、又根気良く教える事は苦手としていました。
(昔からそういうのは苦手な人だったの)
すべて妹娘を中心に生活をしていました。
そして姉娘の方は、昔から母親の悩みや愚痴を聞いてくれる何より身近な存在。

自閉症の妹娘が思春期を迎え、反抗期も含めた苛立ちをぶつけられる唯一の相手が「母親」になった時から、同じ部屋にいると突き飛ばされて、怪我を負う事もしばしばあったようです。
簡単にいうと・・・舐められちゃってるって事なんですけどね。
妹娘の方はその頃から、私の2倍くらいの体重があって、肉弾戦で来られたら、女性は敵わない。
一時、100キロ超えもしてましたし。
父親にも、姉娘にも同じ事をする訳じゃない。
自分が理不尽な事をしても、絶対に許される存在として、母親を認識しているのでしょう

そんなこんなで、妹娘が起きている間は、同じ部屋にいると突き飛ばされるので、4畳半の鍵のかかる部屋に閉じこもっている事も多くなりました。
その間、家事も出来ず。
そんな姉にとって、その間、妹娘の面倒を見てくれる姉娘は、いないと困るのです。

私も・・・姉の家族にまで口を出すのは控えたいのですが・・・心配なのは姉娘の行く末。
ここ数年は登録制のバイトも殆ど、やっていないのではないでしょうか。
優しくって、対人恐怖症気味の姉娘にとっても、世間は怖くて面倒な世界。
家にいれば、母親に「助かる」とか、「お姉ちゃんがいてくれないと困る」とか言われて、自分の存在を認めてもらえる。
姉との共依存に陥っているのは傍目にもわかるのですが、このままでいいのだろうか。
親は先に死ぬモノと、一般的には決まってる。
父親に対しても、横暴さに傷つけられたと、昔からお互い慰めあう状態なので、社会を教えるという父親の役割は、上手く機能していないみたい。


数年前から「子供の将来を考えて、自立させてあげるのが親の役目じゃないだろうか」と、姉に言ってはみたものの「私もそう思って、妹娘の通所を週3日から週4日にしようとしてるけど、中々慣れないんだよね。わかっているけど今は無理。」と言われるばかり。
いやいや・・・多分、そんな問題では無いと思うよ。^^;

そんなこんなで、姉娘は今年26歳になるのだけれど・・・
今流行りの貧困女子では無いけれど・・・30歳になるのはあっという間。
例えば、30才過ぎて、まともに働いた事の無い女が、資格も学歴も無しで、対人恐怖症で、サービス業も営業も出来ないで・・・働き口はあるのだろうか。
どこかで一目ぼれされちゃう程の器量良しならともかく、普通の女の子だから、このまま出会いもないままってのも心配。
独身女子は、前の仕事場で嫌という程見てきたけど、外海を泳げる程逞しくないと・・・人生楽しくないよ~


そう。
特に姉にも姪にも相談されてるわけじゃないからね、親でも無いのに、余計な心配したって仕方無いのは充分にわかっているのだけれど。
病人や障害者を抱えた二人暮しで、二人共亡くなってるケースなどが時折ニュースで流れる事もあって。
このまま知らん振りをしていて良いのだろうか?
仮にも姪なのに・・・ほっかむりしたままで良いだろうか?
私に何が出来るだろうか?


・・・と、時折深~く、悩みます。
難しすぎて答えが出ないまま・・・時が過ぎて、更に悩みが深くなるという悪循環。
やっぱり余計な心配かな~?^^;


スポンサーサイト



マダムの日常 | trackback(1) | comment(13) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる