2012・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/05 (Sat) GWは潮干狩り

免許は取得したものの、残念ながら車を持っていない私。
下手な上に、乗らないままでは、絶対ペーパーになってしまう・・・

・・・というワケで、元主人(以後元ダンと呼ばせて頂きます)に「免許取ったから、埼玉で車を運転させて」のメールを打ちました。

都内で少し運転させて貰いましたが、都内は少々無理判定を頂きまして(あはは^^;)埼玉と千葉を運転しようという事になり、それぞれのお墓参りを決行しました。
高速は私にはまだ早い(?)ので、至る高速道路は息子その2や、元ダンの運転でね。

3日は久しぶりに義母と義父のお墓参りも出来て、翌日は父母のお墓参りもしてきました。
どうせ千葉に行くなら、潮干狩りをしたい・・・という事で、鴨川のお墓参り後、一般道で木更津まで行ったら、思ったより時間がかかってしまい、着いたのが夕方。
Image149_convert_20120505184951.jpg

そして海は満潮。
どこで潮干狩りが出来るかすらわからない状況でした。
やっと「5月5日は 8時20分~12時20分に営業します」の貼り紙を見つけ・・・どうしても潮干狩りがしたくなった私。
おまけに駐車場にはトイレまであるではないですか。

ねえねえ、車で一晩過ごして、潮干狩りをして帰ろうよ・・・とゴリ押し。
元ダンさんも「狩り」は嫌いじゃないのは知ってるし。
Image150_convert_20120505185039.jpg
朝7時頃の浜辺・・・まだまだ潮が干いて見えないけど大丈夫だろうかと心配になりましたが、朝8時にはちゃんと砂地が見えて来ました。
砂浜でも掘ればアサリが沢山出てくるけど、かなり小粒で・・・少し沖の方に歩いて、ふくらはぎまで水に浸かり、なるべく粒の大きいのを選んで捕って来ました・・・ああ、しゃがめないので腰に来る^^;
1時間半くらいで規定量の一人2キロ、二人で4キロをゲット。
Image1511.jpg
帰りは海ホタルで・・・(元ダンさんの運転です)
川崎→木更津間はメチャ混みでしたが、木更津→川崎はスイスイっと。^^
1時間ちょっとで家に戻って来れました。

発砲スチロールの簡易クーラーボックスは持って行ったので(最初から潮干狩りが目的?)海水も入れて、砂出しもほぼバッチリでした。
なので、帰ってきたら早速アサリの味噌汁と酒蒸しで、大変美味しく頂きました。
う~ん。満足♪
残りはご近所におすそ分けです。

やっぱり「狩り」は燃えるわ~
車中泊に中腰に冷え・・・この歳で無理をすると、後で疲れがどっと来るけど。
あはは。
付き合ってくれた元ダンさん、どうもありがとうございました!^^

いつの間にか、目的が変わってしまった気がしますが。

えっ?!どのくらい運転したのって?

・・埼玉で1時間半、千葉で1時間弱くらいでしょうか・・・

えへへ。
やっぱり運転は緊張しますね・・・助手席に乗ってる人の方がより多くね。^^;

スポンサーサイト

マダムの日常 | trackback(0) | comment(9) |


2012/05/13 (Sun) 広島に行ってきました^^

アマゾネスさんに会いに、広島に行って来ました。

どうせだったら次男の結婚式に出席して・・・と言われ、厚かましくも、次男P君の結婚式に出席してまいりました。
アマゾネス家が広島に行っちゃったのは、P君がほんの1歳ぐらいではなかったろうか・・・
お姉ちゃんのMちゃん、お兄ちゃんのA君は、まだ記憶が残ってるとは思うけど、P君は私の事を全く覚えていないはず。
引越しの時、パパとママが忙しかったので、私がP君を背負って子守りをしてたのよ~
その子が結婚して、パパになるなんて・・・・感慨深いわ。
あはは。

IMGP0192_convert_20120513132003.jpg
<出迎えたのは、アマゾネスさんの手作りのタキシードとウエディングドレスを着たウエルカムベア>

でも一番の目的は、アマゾネスさんの顔を見ること♪^^

ご存知の方も多いと思いますが、アマゾネスさんは今現在、ガンと闘っています。
先月は抗がん剤の副作用か、かなり危ない状態だったようで・・・辛い思いをしたようです。

現在抗がん剤治療は中止しているとの事ですが、その為か、可愛い我子の晴れの日を迎える為か、ここ数日は看護婦さんが驚く程調子が良いとの事。
明るい笑顔で迎えて貰いました。
沢山話し過ぎて、本番の結婚式にアマゾネスさんが疲れてしまうのでは・・・ってちょっと心配しちゃったけど、楽しかった~

IMGP0199_convert_20120513132107_20120513132805.jpg
<結婚式が始まり、緊張しているP君がとっても可愛かった♪(気分は母?)>

アマゾネスさんを通じて、お会いしたいと思っていた「島根のKちゃん」やOL時代のお友達にもお会い出来て、これも又嬉しい出来事でした♪
お土産まで頂いてしまって・・・島根のKちゃん、本当にありがとう~♪

そして結婚式は・・・美味しかった~♪
今の結婚式の料理って、美味しいのね。
お腹一杯食べちゃった。

IMGP0204_convert_20120513132131.jpg
<もちろんこのウエディングケーキも、ケーキ入刀の後、美味しく頂きました。>

IMGP0208_convert_20120513132156.jpg
<ラストイート・・・親に食べさせてもらうのは最後って意味らしいです>

ラストイートの儀式をして、花嫁と花婿がお互いにア~~~ン♪するファーストイートの儀式をして、楽しく美味しい披露宴が進んで行きます。
アマゾネスさんも最後まで頑張っていました。
(車椅子も疲れると思うけど)
良い結婚式で・・・私も涙が出ちゃいました。
でもマスカラしてると・・泣けな~い!^^
あはは。

とっても楽しい広島路でした。
お嫁さんの出産も来月に控えてるからね・・・このまま少しでも回復してくれる事を祈って・・・広島を後にしました。

帰り道の新幹線でお城をめっけ!
ぼ~っと外を見ていたら、忽然と現れるお城にビックリして写真を撮っちゃった。
福山城ですね。(知らなかったけど)


IMGP0215_convert_20120513132229.jpg


未分類 | trackback(0) | comment(5) |


2012/05/20 (Sun) 母の日

母の日(誕生日も)恒例のカサブランカです。
写真を撮るのが少し遅れたので、ちょっと寂しいかな~
これは息子その1のプレゼント。

IMGP0216_convert_20120520000910.jpg
息子二人共が花をプレゼントしてくれるので、長く楽しめる様に日をずらしてもらいます。

今回は家の近くの花屋さんでバッティングしたみたい。^^;
息子その2がカサブランカの最後の2本を買おうとしたところ、後から入ってきた息子その1が横取りしたらしいです。
「お前は来週にして、それを譲れ」と。
花屋のおばちゃん、笑ってたよ・・・とそれぞれ別の用事で出かけた二人は、賑やかに一緒に戻って来ました。
息子その1がウチに戻ってくるのは月イチくらいなので、息子その2は仕方無く譲ったのでしょう。

百合の花のプレゼントは、息子その2が高校生くらいからの恒例だから、もう10年くらい続いています。
「この花知ってる?カサブランカっていってお母さんの好きな花なの。豪華でしょ?」って言ったのがきっかけだったと思います。
「カサブランカ」って名前が彼の頭の中に強く残ったみたい。

息子その1は、鉢植えだったり、別の花だったり。
いつごろか(考えるのが面倒になった?笑)彼も百合の花に。
うんうん。百合の花は長く楽しめるから嬉しいの。

高校生から「自分のお小遣いはバイトで稼がせる方針」の我が家の息子達。
その稼ぎからずっとプレゼントしてくれていました。
この時期、豪華な百合の花の甘い香りで、毎年贅沢な気分です。
本当にいつもありがとう♪

でも、毎年「先に買った者勝ち」で、お互いに打ち合わせもしないところが男の子だわ~
兄弟仲は良い方だと思うけど。
これが娘二人だったら、相談して一緒に買うか、買う時期を打ち合わせしてずらすのでは?
男って奴は・・・(ウチの息子のみ?)要領が悪いっていうか・・・
ま、母にはそれも可愛いけれど、恋人&奥さんはそんなに甘く無いと思うわよ。

女性に何かプレゼントする場合は、さり気無くも入念な調査とタイミングが何より大事・・・と、思うけど、女性の皆様、いかがでしょうか?
それを俗に「気持ち」って言うのよね。
「気持ち」が見えないと、プレゼントの価値は「価格」だけになっちゃう。
せっかくのプレゼントだからこそ、結婚したら尚更に・・・10年も20年も50年だって、奥さんには心を込めて贈りなさいね。
がんばれ!男子!

あはは。
これって「老婆心」って奴?

ああ~字面がピッタリ過ぎて、なんかツライわ・・^^;

マダムの日常 | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/22 (Tue) 余計な心配?

私にはちょっとした心配事があります。
そしてそれは年々大きくなるのですが・・・

それは姪の事。
私の姉には25才と23才の娘が二人います。
妹は重い自閉症で、週に3~4日、作業所に通っています。
お迎えは16時くらいなので・・・送り迎えもあれば自由な時間は殆ど無いですよね。

心配事というのは姉娘の方。
自閉症の妹がいたせいもあるのかな・・・優しい子ですが、イジメの対象にもなったせいか、対人関係にはイマイチ自信がないみたい。
高校を卒業後、声優の専門学校へ行きましたが、その頃から登録制のバイトは経験しているようですが、長期のバイトの経験は無く、就職もしていないのです。

父親はきちんと自立させたいようではあるのですが、母である私の姉は手放せない様子。
それというのも・・・

特に愛情深い姉は、重い自閉症の妹娘を、誰よりも慈しんで育てたと思います。
その分、躾や決まりなど、厳しく、又根気良く教える事は苦手としていました。
(昔からそういうのは苦手な人だったの)
すべて妹娘を中心に生活をしていました。
そして姉娘の方は、昔から母親の悩みや愚痴を聞いてくれる何より身近な存在。

自閉症の妹娘が思春期を迎え、反抗期も含めた苛立ちをぶつけられる唯一の相手が「母親」になった時から、同じ部屋にいると突き飛ばされて、怪我を負う事もしばしばあったようです。
簡単にいうと・・・舐められちゃってるって事なんですけどね。
妹娘の方はその頃から、私の2倍くらいの体重があって、肉弾戦で来られたら、女性は敵わない。
一時、100キロ超えもしてましたし。
父親にも、姉娘にも同じ事をする訳じゃない。
自分が理不尽な事をしても、絶対に許される存在として、母親を認識しているのでしょう

そんなこんなで、妹娘が起きている間は、同じ部屋にいると突き飛ばされるので、4畳半の鍵のかかる部屋に閉じこもっている事も多くなりました。
その間、家事も出来ず。
そんな姉にとって、その間、妹娘の面倒を見てくれる姉娘は、いないと困るのです。

私も・・・姉の家族にまで口を出すのは控えたいのですが・・・心配なのは姉娘の行く末。
ここ数年は登録制のバイトも殆ど、やっていないのではないでしょうか。
優しくって、対人恐怖症気味の姉娘にとっても、世間は怖くて面倒な世界。
家にいれば、母親に「助かる」とか、「お姉ちゃんがいてくれないと困る」とか言われて、自分の存在を認めてもらえる。
姉との共依存に陥っているのは傍目にもわかるのですが、このままでいいのだろうか。
親は先に死ぬモノと、一般的には決まってる。
父親に対しても、横暴さに傷つけられたと、昔からお互い慰めあう状態なので、社会を教えるという父親の役割は、上手く機能していないみたい。


数年前から「子供の将来を考えて、自立させてあげるのが親の役目じゃないだろうか」と、姉に言ってはみたものの「私もそう思って、妹娘の通所を週3日から週4日にしようとしてるけど、中々慣れないんだよね。わかっているけど今は無理。」と言われるばかり。
いやいや・・・多分、そんな問題では無いと思うよ。^^;

そんなこんなで、姉娘は今年26歳になるのだけれど・・・
今流行りの貧困女子では無いけれど・・・30歳になるのはあっという間。
例えば、30才過ぎて、まともに働いた事の無い女が、資格も学歴も無しで、対人恐怖症で、サービス業も営業も出来ないで・・・働き口はあるのだろうか。
どこかで一目ぼれされちゃう程の器量良しならともかく、普通の女の子だから、このまま出会いもないままってのも心配。
独身女子は、前の仕事場で嫌という程見てきたけど、外海を泳げる程逞しくないと・・・人生楽しくないよ~


そう。
特に姉にも姪にも相談されてるわけじゃないからね、親でも無いのに、余計な心配したって仕方無いのは充分にわかっているのだけれど。
病人や障害者を抱えた二人暮しで、二人共亡くなってるケースなどが時折ニュースで流れる事もあって。
このまま知らん振りをしていて良いのだろうか?
仮にも姪なのに・・・ほっかむりしたままで良いだろうか?
私に何が出来るだろうか?


・・・と、時折深~く、悩みます。
難しすぎて答えが出ないまま・・・時が過ぎて、更に悩みが深くなるという悪循環。
やっぱり余計な心配かな~?^^;


マダムの日常 | trackback(1) | comment(13) |


2012/05/25 (Fri) 夏の準備は着々と

今年の夏も、各地で省エネ必須のようですね。
昨年は電気不足の為の省エネと、ベランダの水漏れもあって、点けっ放しにしていたエアコンを止めてみました。
例年は2階猫のモモたんと2階息子の息子その2の為に、夏季は昼夜点けっ放しになってしまうエアコンです。
28度設定ですけれど。

昨年の震災の際、瓦が落ちてしまい、ガルバリウム鋼板にて屋根の葺き替えをしましたが、予算をトコトン削った為、断熱材は入ってないのよ~
ガルバリウム鋼板・・・トタン屋根みたいなものだから、日中は上部から蒸し焼き(?)状態。
それでもなんとか、簾と扇風機で乗り切りました。

今年は例年並の暑さの予報ですが、少しでも過ごしやすくする為の工夫で・・・

IMGP0225_convert_20120525005452.jpg
遮光率80パーセントのオーニング (180×270(単位cm)で1580円也。)を取り付けてみました。
2間分の窓に合わせて、半分に切って横に並べると、丁度窓サイズにいいんじゃない?っと。
道具好きの私。
ハトメ穴を作る為の道具も持っていて、下のラティスに引っ掛けて窓ガラスをカバーするように設えてみましたが・・・私、窓が暗いの嫌いだったわ。^^;
当初の↑の計画では、カーテンを閉めきったみたいに暗くなっちゃう。

暗いのが嫌いなので、雨戸も閉めないのよ~。
幸い(?)この部屋は日当たりが良く、洗濯物&猫部屋にしているので、夜もカーテンすら閉めません。
2階に上がった時、窓がぱ~っと明るく無いのは、なんとなく嫌なの。

・・・で、物干し竿を利用して、こんな風にしてみました。
やっぱり少し暗いけれど、このくらいなら我慢出来そう。
台風の時は、取り外す予定です。
洗濯物は・・・そのまま物干し竿にかけちゃう。
真夏は日焼けし難くて、丁度良いかも。^^
あまり役に立たなければ、当初予定に(嫌々ながら^^;)戻す事も可能です。

そして今年は、どうしても網戸がもう一枚欲しくて・・・
今までは上の写真のように、一番右側で網戸を使用していました。(こちら側がモモたんスペースなの)
引っ越してきた時から、この部屋の網戸は2枚でしたが、ベランダの窓に一枚使用している為、こちら側の窓には2間に1枚きりで、ちょっと不満だったの。
もう一枚あると、風の通りがずいぶんと違うのに~と思ってたから。

でも、ホームセンターに買いに行ったら、一枚8千円以上とあまりに高額でびっくり!
諦めて・・・作ってしまった。

IMGP0227_convert_20120525005546.jpg
あり合わせの木材使の木枠に、ヒャッキンで210円で購入した網戸をタッカー(工作用ホッチキス)で貼って、窓枠にはめ込めるサイズにしてみました。
横幅は窓の半分強のサイズで作ってあります。
えっ?
隙間があるじゃないのって?
大丈夫よ~ん。^^
網は上下左右共、木枠より大きめに断ち切ってありますので、窓で挟み込めば、蚊の侵入は防げちゃう。
はめ込んであるだけなので、盛夏以外は外して右側の戸袋に隠します。
普段なら網戸は一枚で充分、かえって邪魔だしね。
〆て210円也。
2~3年は使える・・・と、思う。^^

IMGP0228_convert_20120525005610_convert_20120525012035.jpg
今までの網戸は左側に移動して・・・・
今年の夏はこれで凌いでみようっと。

今年は脱走名人のメメさんがいないので、2階の窓の鍵をかけ忘れても、脱走する猫がいない。
作業も工夫もし易いけど・・・何だか緊張(?)も無くて、ちょっと寂しいな。^^;

その他にも・・・色々と、材料費のかからないような細かい物を作っていますが、又後日紹介します。

う~ん、毎日が日曜日。
日曜大工好きにとっては・・・うひょ~♪な日々です。

マダムは大工 | trackback(1) | comment(4) |


2012/05/26 (Sat) 楽しい工作

前記事で「その他の色々」と言っていた、あり合わせ材料の工作品の1点をご紹介。
IMGP0219_convert_20120525005423.jpg
(まだ色付けだけで、ニスを塗る前です)
↑その昔・・・テーブルの天板だった板の端材を利用して・・・
IMGP0224_convert_20120525021408.jpg
棚板の完成。
今まで猫のキャリーバッグは2階に置いていたのだけれど、昨年の地震から・・やっぱりすぐに手が届く場所に置くべきと思ったの。
でも、玄関前はどうしてもゴチャゴチャしない?
柱に金具をつけてぶら下げていましたが、なんとなく収まりが悪くって困っていました。
棚板をつけようと思ったけど、大きな棚板では狭くなってしまうし・・・
この中途半端さが丁度良いかもと思ってました。
元々はナチュラル色で、以前作った作品の色を合わせるためニスをサンダーで削っちゃったから、色付けやニス塗りをしなくっちゃいけなくて、面倒なので一年以上ホッタラカシにするハメになっちゃった。

やっとこ完成!
キャリーバッグ専用の棚板。

心持ち奥側に斜めに作ってあるし、上面にニスは塗っていません。
念の為、ちょっと引っかかるように右側にビスを1本打って落ちにくくしてあります。
でも、もし落ちて来たとしても・・キャリーバッグは布製で軽いので、怪我はしないと思うからご安心下さい。

これでイザと言う時も素早く猫を入れられる・・・・かもしれない。
無理かな~~~^^;

ちなみに・・・
玄関から入った視点は左側。

IMGP0238_convert_20120526160828.jpg IMGP0237_convert_20120526160806.jpg
角度を変えれば右側の写真だけど、棚板も目立たないでしょ?

それにしても、なぜ昔の日本家屋ってこんな壁にするんでしょう。
色が暗いのよ~
本当はこの壁を真っ白にしたいのだけれど・・・ベニヤでも貼って、ペンキで白く塗ってしまったらどうだろう~な~んて思いながら17年過ぎてしまった。
残念ながら、今ではそんな元気が無いわ~^^;
もう、古ぼけた家でいいわ。

更にちなみに・・・
この天板の端材はなんで生じたかというと・・・

IMGP0234_convert_20120526160725.jpg
このシューズBOXの台の部分を作ったから。
取手のついている扉部分が、その天板。
どうしても、猫のトイレを入れたくてね。
いつだったかはすでに忘れちゃったけど、5年以上は前だろうか?
階段下の床がふにゃふにゃと浮き出して、コレを作るちょっと前に元ダンさんに張り替えて貰ったの。
(彼はセミプロですから)
その床材の残りの杉板と、根太に使った角材も残っていたので、喜んで作った記憶が・・・もちろん私が。^^

非常持ち出し袋や緊急用品を保管する場所も欲しかったから、この扉の中はそういったグッズの収納庫ですよ。
やっぱり玄関に置きたいものね。

でも、この前良いアイデアを聞いたわ。
キャリーか台車にクーラーBOXをくくりつけて、その中に食料品を入れて置くって。
イザとなったら、その方が役に立つかもね。
私もその内、改善しようかな。^^

とにかく、これで引っ越す前に使っていたダイニングテーブルの天板は、ほぼ使い切ったわ~

うっふっふ。 余は満足じゃ!

マダムは大工 | trackback(1) | comment(3) |


2012/05/28 (Mon) え~っ!?

今日も変なお天気で・・・

私ちょっと昔(高校生の頃かな)に読んだ「聖書」を思い出しました。
旧約でしたっけ!?


私の中の宗教はあくまでも知識で、私自身無宗教ですので、宗教っぽい話ではありません。
そして、宗教のお誘いもご遠慮致します(念の為、失礼。)

話を戻しますね。
「ソドムの町」の話は聞いたことがあると思います。
映画もありましたっけ?
「ソドムとゴモラ」
字面は「ゴジラとガメラ」に似ていますが、怪獣は出てきません。
そして・・・記憶が曖昧で「ゴモラ」が何だったか思い出せません(キッパリ!)

曖昧な記憶で(考えたら恐ろしいね)「ソドムの町」のエピソードのあらすじをご紹介すると・・ソドムという町はあまりに退廃的になってしまい、昼間から皆が酒飲み~の、姦淫あり~の、人の物を盗み~のというひどい町だったので、神様は焼き払おうとしたのだけれど、もしかしてまだ救いようがあるんでは無いかと、天使2名を調査に行かせて・・・結局救いようが無いという判断をするって話。

いえね。
なんとな~く、今日本が試されているのなら・・・焼き払われちゃうのかな~と思って。

瓦礫の広域処理問題で、「焼却して値を調査後、検討する」予定の宮城の瓦礫運搬に対しての、あの拒否反応って無いよな~
人間のエゴって、ここまで醜いんだと、とことん思い知ったわ。
トラックの下に入ってまで反対していた方々は、逆の立場の場合も、県外処理の反対をするのだろうか?
私の拙い経験から言うと、エゴの強い人達は、逆の立場の場合はまったく逆の意見を感情的に言うのよね。
そしてエゴとは認めない。
「絆」とか、うそっぱちじゃん。
あれを見て、被災地の人々が、傷つかないと思うのだろうか?

風が騒ぐ度に空を見ちゃうよ。
どこかで天使が見てるんじゃないかと。
滅亡までのカウンターを手に持ってね。


私に一つ良い案があるのですが。
河川が汚されると言うのならば、市役所や県庁舎の地下に保管したら良いんじゃない。
・・・駐車場の下とかに焼却灰保管庫を作っちゃえ!
まずは国会議事堂の下ね。

これなら反対派も文句は少ないと思うのだけど、如何でしょうか。

 ね!?・・・実現したらワイルドだろぅ~?

何度も同じことを言ってしまうけど、断固拒否では無く、どうしたら良いかのアイデアを出そうよ。
宇宙エレベーターを作ろうとしている日本だもの。(今週のジャンプ読んだ?)
きっと素晴らしいアイデアが出るはずなのに。

芥川の龍ちゃんも言ってたよ。
「自分が助かろうとして人を蹴落とす奴は、地獄から抜け出られない。」ってね。


マダムの日常 | trackback(1) | comment(6) |


2012/05/31 (Thu) 楽しい工作 その2

日曜大工が止まらない・・・。
IMGP0217_convert_20120525005323.jpg
良く桐箱入りの頂き物ってありますよね。
ワタクシ・・・桐箱って捨てられませんの。
ミニチュア好きの私。
桐箱を見ると・・・ドールズハウスまがいの、ミニチュアのお店とか作れるな~と思ったりして捨てられないの。

でも今回は引き出しを作ってみました。

桐箱の蓋をした状態でボンドで張り合わせて2分割。
実は計算間違いしちゃって、サイズに1cmの差異が出ちゃった。
失敗、失敗。^^;
でも、ま、いいや~

IMGP0218_convert_20120525005359.jpg
IMGP0233_convert_20120525005717.jpg
外側はかつて引き出しの底板だった、黒のプリント化粧合板(厚み3ミリのベニヤ板)側板やしきり板はコンパネの木っ端。
塗装は階段下の床張替えの時、購入したオイルステインが残ってたし、取っ手なんぞボルトだし。
やっぱりの〆て0円でございます。

中身は充電池のセットやDVDなど。
・・・大したものじゃないの。

IMGP0232_convert_20120525005646.jpg
目的はDVDデッキの底上げ。

昔のテレビ台なので、テレビ上の棚にデッキを載せてると、テレビで隠れちゃう。
リモコン操作が出来ないのよ~
その為に、ちょっとした台が欲しかっただけ。
やっつけ仕事(?)なので、簡単ですが、重宝しています。^^


そして今は・・・前から気になっていたベランダの柵のメンテナンスへ突入。

DSCF1512_convert_20100605192811.jpg
ベランダの本来の手すり柵の外に植木を置きたい為、植木が落ちないようにと10年位前(?)に作ったウッド柵。
この写真が2010年。
防腐剤を塗らなくっちゃと思いつつ・・・あっという間に2年も過ぎちゃった。

私にとっては大物なので、メンテナンスも大変なの~^^;
取り外してみたらあまりにボロボロで・・・結局作り直しています。
ただ、現在ある材料で作ってるので、木材に限りと工夫あり。
貧乏人は辛いわ~
あはは。
汗と涙の工夫の結果は、又紹介しますね。
興味が無くても・・・しちゃうぞ~


木部保護塗料でちょっとネット検索をしていたら、面白いサイトを発見しました。
「酔狂な実験」
木部防腐剤の色んな種類のモノを木部に塗布して、経年経過を実際に行ってみた実験。
そして結果は・・・もちろん言わないよ。

おおっ、なんて素敵な実験でしょう♪
実は私が使っているのも「ウッドガード」です。
興味のある方は・・・(いない?)是非御覧あれ!
めくるめく塗料の世界へGO!(←うそ)



マダムは大工 | trackback(1) | comment(2) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。