2011・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/12/07 (Wed) 忘れていないよ



私の職場は高層・・って程でもないけれど、18階建てのビルなんです。
私は今は8階でお仕事中。
ちょっと前まで9階だったのですが。
今回は窓の外の風景をご紹介します。
IMGP0063_convert_20111207021804.jpg
そうです。
富士山が見えます。^^
静岡や山梨に住んでらっしゃる方には「何?その小ささ」と言われるぐらいの大きさだと思いますが、良く晴れた日に富士山が見えると、ちょっと得した気分です。
そんな時、夕焼けの空に浮かぶ富士の陰影はとっても美しいです。

その美しさを、写真に残す腕が無いのが悲しいですが、今度チャレンジしてみますね。

そして夜景(?)
IMGP0067_convert_20111207022016.jpg

ryuさ~ん。
三脚(ミニだけど)を使って見ましたが、やっぱり才能の問題ですかね?
カメラを置いた分、位置が低いので、邪魔な部分が入ってしまいましたが、実際に背の高さで見れば、もっと夜景は楽しめます。
もっとも、この窓は新宿方面ではなくて逆側なので、夜景は少し寂しいかもしれない。

夜景と言えば・・・
電気不足の恐れから、クリスマスのイルミネーションはやはり不謹慎かしら?
各地で電飾をLEDに替えて、工夫をしているようですが。
色々なブログを拝見し、沢山の意見もあって、そういった説もなる程・・・と思うのですが、色々な意見の中の一つとして、私の思っている事も言ってみたくなりました。

実は私は今の日本の窮地を考えれば、街中のイルミネーションが不謹慎とは思って無いのです。
むしろ、今年は節電に気をつけながら、賑やかにやって欲しいと思ってる派です。
前記事では面倒だったので、考えを述べるのは端折りましたが、日本におけるクリスマスのイルミネーションは宗教を離れたイベントとして捉えています。
その点で、キリスト教徒の方とは意見が違ってしまう事は、先にお詫びを申し上げます。
元々は宗教上の物ですから。


今年、日本は未曾有の災害を受けた、それは確かです。
それより以前に、日本は経済的にかなりの窮地に立っています。
そして今稼動中の原発を廃止したら、処分地の確保や処分費用にかなりの金額が必要でしょう。
(私は原発反対派です)
もし、政治で原発廃止を推し進めるなら、代替エネルギーや蓄電技術の研究費用と共に、予算を確保しなければいけません。
しかも、米軍基地をめぐる、日米関係の悪化もあり、近隣国との陣地取り問題で抑止力としての防衛費の増額も必要かもしれません。
これ以上の日米関係の悪化を防ぐ為にも、アメリカの指示によって、なんやかやと搬出金等もまだまだ出す事になるでしょう。
その上に復興には、莫大な金額を必要とします。
TPPにいたっては、何がどうなるかの見通しさえ立っていません。
政治にも経済にも疎い私にも、このくらいの経済的な不安要素は、すぐに思いつきます。

皆、震災を忘れているのではないと思います。
必死で経済を支えようとしているように見えるのです。

震災を逃れた地域には、経済を支えて貰わねばならないのです。
・・・特に生活保護需給率の一番高い大阪は、しっかりして欲しい。
こんな時は大阪のパワーは特に必要だと思いますもの。
橋下改革、楽しみにしています。


ここから先は妄想が長くなりそうなので。
お時間のある時だけどうぞ。^^;


マダムの日常 | trackback(0) | comment(5) |


2011/12/10 (Sat) テレビの裏側

ダイニングキッチンのお宅もまだまだ多いと思うのですが・・・
DKに置いた電気機器、もしくは精密機器って故障しやすいですよね?

ウチがDK6畳と、狭いせいかしら?
今は料理を余りしないけれど、以前頻繁に料理をしていた頃、それに伴い油料理も多くて、換気扇で排出しきれない湯気の水分と相まって、器械類故障が多いのではって思っていました。
天井近くに取り付けた掛け時計はすぐ壊れました。
浴室用の防水時計に換えてからは、故障していませんが。

幸いな事に、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ等の台所家電は、それを想定してあるのか、そういう事は無いみたいですが、テレビ、CDラジカセなんぞ、すぐに壊れちゃう。
一番新しかった液晶テレビも一年ちょっとで映らなくなりました。
それはやっぱり、台所だったせいでしょうか?

・・・で、私はそれからテレビはこうやって使っています。

IMGP0043_convert_20111210140041.jpg

換気扇の不織布カバーをカーペット粘着テープ(糊残しの無いのを選んでます)で、裏側の廃熱穴(?)をカバーしています。
猫もいると、どうしても中にホコリと毛まで付着しちゃいそうで・・・
薄型テレビは、さすがに外枠を外してお掃除なんて・・・難しいでしょ?(勇気は無し)
夏場は廃棄熱が出来れなくて、熱がこもってしまわないか少し心配はしているのですが。
今年の夏は大丈夫でしたよ。


いつも思うの~
家電メーカーさん。
エアコンのフィルターみたいなのを、テレビ裏側に取り付け出来るように考えていただけないでしょうか?
毛モノペットがいるお宅は、喜んで購入すると思うのだけど。
・・・なぜ今までそのアイデアがないのか、その方が不思議・・・じゃない?

ええっ?
そんなこと思うのは、私だけ~~~?^^;



*発火する恐れあり・・というご指摘を頂きました。
 良い子の皆様は真似をしないでくださいね。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(20) |


2011/12/24 (Sat) メリークリスマス

すみません。放置してました。^^;
お久しぶりです。

キリスト教徒でもないのに私はクリスマス好き。
私にとってクリスマスはケーキを食べられる日。
それだけで昔の子供達は嬉しかったのよ。
幼稚園や保育園には園長サンタがいたけど、家庭に来る事はなかったわ。
だって煙突は無いし、靴下は小さいし。
でもそれで充分楽しかったクリスマス。

クリスマスツリー
(フォト蔵さんからお借りしたツリー映像)

一度だけ父母の夫婦喧嘩でケーキが土間にぶち投げられた事があって・・・ちょっと悲しいクリスマスがあった。
昔はベタ甘のバタークリームケーキで、私は好きでは無かったけど、あのクリームで作った薔薇の花の美しさは魅力的だった。
だから酷く悲しかった。
飼っていた犬が食べるハメになったけど、今思えば、健康に悪くて迷惑だったんじゃ・・・あはは。

ホント、まんがみたいな夫婦喧嘩をする夫婦だったわ。
目の前を良く物が飛んでいくの。
湯呑みやら布巾やら灰皿やら、手当たり次第。
母親が髪の毛を掴まれて、引きずられている姿も記憶に焼きついている。
そうなったらもう、兄姉と三人で、ケンカを止めて貰う為に近隣の家に泣きながら駆け込むしかない。
そんな喧嘩を見て育った私は、子供心に「夫婦喧嘩は子供の前でしない」と、賢くも心に誓ったりして。
反面教師って奴よね。

でも、良く言えば、父母は単純な善人だったな。
私にはそんなに素直にケンカする事は出来ない。
たとえ夫婦喧嘩でなくても、傍目を気にして、格好をつけちゃうだろうな・・と思う。
う~ん。
その点では、父母の素直さには完敗だわ。
大人になって格好ばかりつけるようになると、素直に自分を出せる事って羨ましくなっちゃう。
喧嘩も良くしたけど、すぐ仲直りもしたみたいで、いつも笑っていられたから、良い思い出?
兄妹で集まった時には、父母の派手な喧嘩は笑い話になってる。

もちろん自分にはお金持ちで上流社会の本当の父母がいる・・・って思ってた少女だったけど。
うふふ。
こういう妄想は、その頃の女の子の定番だから、きっと当たり前でしょ。
今の女の子達はどうかな?
本当のお母さんは女優かモデルで、いつか劇的な出会いをする・・・な~んて妄想をやっぱりしてるのかな。

そんな女の子達の変わらぬ妄想に・・・メリー・クリスマス。
(うわっ、こじつけた^^;)

あはは。
皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。


クリスマスカードconvert_20111224134634
(南亭さんのところから素敵なクリスマスカードを頂いてきました)

マダムの日常 | trackback(0) | comment(7) |


2011/12/29 (Thu) 今年もお世話になりました

さてさて、もう今年も残すところあと二日。
放置ブログではございますが、訪問して下さった皆様には、本当にお世話になりました。

一年の早いこと早いこと。
日本にとっては忘れられない年になりました。
被災した多くの方々には、来年こそは希望の持てる年になるよう、願ってなりません。

一人でも多くの方達が、良いお年を迎えますようにと、心して玄関を磨いてみました。
玄関だけで燃え尽きましたが。^^;

皆様も良いお年をお迎え下さい。



実は私の周りにも今年は不幸が一つ。
メメさんが虹の橋を渡っていきました。
あっ、私が行くまで、渡らずに橋のたもとで待っていてくれるんだった。^^
まだメメさんは10歳で、寿命というには早すぎました。
やはりあの便秘は、腸に何か出来ていた為だったようです。

「虹の橋」多くの方々はご存知だと思いますが・・・
もしご存知無かったら、見てみてください。
「虹の橋」
嬉しい事に、私にも待っていてくれる子達がいます。

小5の時に逝ってしまった、白いスピッツ系のミックス犬「アキ」♂
叔母の家で飼っていたのですが、何らかの事情からウチに来ました。(未だ事情は不明)
大人しく賢い犬で・・・利口な犬は繋がないで飼えた時代でした。
だから自由に私の登下校のお迎えと送りをしてくれました。
・・・・といっても、家から10分程の距離まででしたが・・・
学校まではついて来ないところが賢いでしょ?
子供の足では、学校までは歩いて30分くらいかかったのですが、小学校の高学年になってくると、部活やら委員会やら当番やらで、一人で帰る事もあったような。
そんな時には、道端に白い影が待っているのが、遠くから見えるのも嬉しかったりして。
たまには、ワザと知らん振りして通り過ぎたりして。・・・きゃぁ~女は小さくても女。
ちょっと意地悪をしてみたくなるの。
あはは。
「アキ」の死で初めて「実感のある悲しみ」を教えて貰ったと思います。
40年も前だけど、まだ待っていてくれるかな・・・
絶対待っていてくれてると思うな。
私のアキだったからね!(←思い込み?)
40年も、なんのその。^^

その後に飼った柴犬の母娘「サチ」♀と「チー」♀は、母と一緒に虹の橋を渡ったと思う。
私もうんと可愛がったけど、母には敵わなかったわ。

初代女王様猫の「ミー」♀も私を待っててくれてるわ。絶対!
二代目猫の「ムー」♀は、短い命だったな。
あの子は息子その2を待ってると思うから、それでいいわ。
「メメ」♀さんは私かな、息子その2かな・・・微妙だけど・・・私を待っててくれたら嬉しいな。

そんなメメさんを偲ぶ写真。
「センチメンタル写真館」にお付き合い下さい。

DSCF0541_convert_20080301111706.jpg DSCF1309_convert_20090815135701.jpg
メメ_convert_20110519230444
メメ 可愛い DSCF1586_convert_20100608015008.jpg
DSCF1688_convert_20110507040503.jpg

脱走の名人で、身軽なおデブにして、扉開けのプロフェッショナル、それがメメさん。

写真には写っていないけど、2階のベランダ周りやそこら中のラティス柵は、実はメメさんと私の脱走攻防の苦肉の策。
人間怖い、猫怖い・・の臆病なメメさんが、どうしてそんなに家から出たいのか?不思議です。
家から脱走した時は、ずっとびくびくしてるんじゃないか、どうやって楽しんでいるのか、カメラで撮って教えて欲しいと何度思った事でしょう。
今頃は虹の橋のたもとで、のびのびと草むらで虫でも追っかけているのでしょうか。^^
広いお外を存分に楽しみながら、待っててね。



マダムんちの猫 | trackback(0) | comment(16) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる