2011・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/01 (Sat) 明けましておめでとうございます

至るところに青空あり


地球が丸いと教わっても
私の歩く地面は平らで
眺める水平線は真っ直ぐだ

暗く冷たい宇宙の写真を見ても
今見る青空はどこまでも透き通り
暖かい光に溢れ
その高みに昇ってみたくなる

ある日山の頂の高さから見る水平線は
ちゃんと弧を描き
初めて見る美しい曲線に
ああ本当に地球は丸いと
今更にアリストテレスを賞賛する

一人の人間の視野は狭く
平らな地面と青い空しか見えなくても
いつでもその先に行こうとした
先人の冒険心と知識欲あり
今もこれからも人々は
青空の向こう側に思いを馳せる
世界中に青空あり
至るところに青空あり

コペルニクスには謝って
今日だけは天動説をイメージする
新しい年の輝きが充ち満ちて
地球全部が大きな杯となり
幸せが溢れる一日であるように
元旦の空を仰ぎ見る

至るところに青空あり
至るところにHAPPYあり





明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。^^

DSCF1657_convert_20101231122121.jpg


皆様の健康に乾杯!
今年も箱根駅伝を楽しんで、家でまったり過ごせる私の小さな幸せに・・・乾杯!
戴きモノの赤い福にゃんこが、沢山福を呼び込みますように~^^


スポンサーサイト

マダムの詩 | trackback(0) | comment(27) |


2011/01/10 (Mon) 新年会と年賀状

今日(9日だから昨夜?)は以前のファミレス仲間と新年会。
嬉しくなってちょっとはしゃぎ過ぎのような・・・
18時集まりをして、23時過ぎまで話してしまった。
Kさんは病み上がりなのに、気遣わなくて申し訳なかったと、ちょっと反省。^^;

反省と言えば・・・
ワタクシ、今年も年賀状を出しませんでした。
一昨年は色々あって、昨年も色々あって(爆)
正直者の私、年賀状に離婚の事を書く?書かない?
ええい!考えるのも面倒・・・
・・と、15枚程購入したのにもかかわらず、とうとう書かないまま年越し。

昨年も出していないのにも拘らず、今年も頂きまして・・・
もちろん数年どころか、数十年も会っていない方々も少数ですがいらっしゃいます。
高校時代のマンガの同人誌仲間のAさん、Rさん。

茨城のRさんからは「昨年はマダムからの年賀状が無くて淋しかったよ」との文章が。
Rさんと最後にお会いしたのは息子その1の出産祝いをして頂いたのが最後。
29年前?
・・・って、初めてお会いした高校3年の時と、お会いしたのは合わせても2回だけ。
なのに長いお付き合い。^^

兵庫のAさんとは、お互いマン研の部長同士の交流をして、専門学校を卒業したら、関西で一緒に住もうかと言う程に親しくなりましたが、私の母の発病で関西行きは断念。
最後はご主人の転勤で埼玉に来た時に、一緒に「トーマの心臓」の劇を見に行った以来なので、それでも15年近く前かしら。

アニメ彩色会社の友人Kさんは、やっぱりあちらの息子さんの誕生以来、お会いしていないけど、その息子さんは28歳のはず・・・って、28年間会っていないってことね。

そんなこんなの賀状のお付き合い。
楽しくもあり。懐かしくもあり。
でもね、これから先、賀状が届かなくなると、そろそろ何かあったのではと心配される、お互いのお年頃。
それも又悲しくもあり。寂しくもあり。
いっそこのまま、皆様に賀状御免のお手紙を出そうか・・・
そうしたら、悩みからは開放される。

・・・悩んでいると、ついそのままにしてしまう悪い癖だわ~
そろそろ結論を出さなくては。

マダムの日常 | trackback(0) | comment(7) |


2011/01/15 (Sat) 夜道には気を付けて

21時5分まで仕事をして、家に着くのは22時頃になります。
バス停から家までは住宅街ながら薄暗い20メートルくらいの道。
地域的にも引ったくりも多いしね・・・チャリやバイクがくると、自然と身構えます。
ここのところ特に。

・・・というのも、昨年暮れに嫌な目にあってしまったせいも。

こちらではこれで12月?と思えるほど、暖かい日が続いていた年末の、いつもの帰り道。
直線で10メートル程の道には私しか歩いていない状態。
別に珍しくも無いのですが、そこへ前方から男性の乗った自転車が、元々右側の端を歩いてる私の方に、スピードを上げて向かってきました。
えっ?と思い、右の生垣ギリギリまで身を寄せた私は、無意識にバックを抱え込みましたが、通り過ぎる際に耳元で「ぺっ!」っと、唾を吐く音が聞こえ、驚いて振り向きましたが顔を見る事が出来ませんでした。

唾をかけられたの?・・・と、ビックリして頭や体を手で触ってみましたが、特にかけられてはいない様子。
ああ、的中しなかったのね・・・と思いましたが・・・気持ち悪~~~~い。
もちろん家に帰ってからも、全身くまなく確認。
不発は間違いなかったのですが、気持ち悪いので着ていたGジャンはお洗濯へ。

・・・で、何だったんでしょう?アレは?

①Gジャンなんか着ていたので若い娘に間違えられて、根暗い男にいたずらされた。
②バッグを盗ろうとしたが、盗れなかったので腹いせにやった。
③おばさんに恨みのある男がやった。

ってトコでしょうか?

・・・お陰で、ますますバイクや自転車が近寄ってきたら、バッグを振り回してやろうと思いながら身構えるようになりました。
今度はやるわよ!
近寄ったらね。



*20メートル→200メートル
 10メートル→100メートルに訂正します。^^;

マダムの日常 | trackback(0) | comment(9) |


2011/01/19 (Wed) 人間ってすごいね

とうとうやりましたか!?

こ、これは・・・「レーザーで音を読み取る」CDの出現
        「ベルリンの壁の崩壊」
以来の衝撃ではないでしょうか!?

「癌細胞だけ細胞死」

とうとうやったね!!!!!京大!
この成果は、無念に散った多くの命と、実験に使われた動物達の大きな犠牲、そして研究者達の莫大な頭脳と時間と執念の集大成である事は間違いないと思います。
ああ・・・人間てすごいな~

母を胃がんで亡くしてから早30年。
当時、10年後には人類は癌に勝てる・・・と言われておりました。
それ程に医学の進歩は著しかった。
しかし、その躍進をもってしても克服の出来ない「癌」という病気。
恐るべし!と思っていました。
今や「人類恐るべし!」

あとは、なるべく早く新抗がん剤が実用化出来ますように。
より安価に、より広範囲に。
もちろん保険適応で。^^

人間て素晴らしいな~
こんな日は上を向いて歩こうっと♪^^




マダムの日常 | trackback(0) | comment(8) |


2011/01/25 (Tue) 図書館ビギナー

久々に図書館に行きました。

Rさんにお勧め頂いた「タイタンの妖女」を見つけましたよ。
Aさんにお勧め頂いた「メメントモリ」はまだ見つかりません。
その内、見つけますね。

10年ぶりくらいに利用した図書館は、ずいぶんとシステムが変わって、私はまるで浦島タロ子です。
今度は玉手箱の替わりに、PCを開いて、本を予約をしてみましょう。

本の並び位置に慣れて、図書館が私を受け入れてくれないと、中々良い本との出合いは無いかもしれないけれど、
今回「芥川賞全集」が私を呼びました。
懐かしの赤茶色の布の装丁と全集の文字は、中学校の図書室を思い出します。
なぜか一巻がありませんでしたが。・・・誰か借りてる?

前述の「タイタンの妖女」
そして「芥川賞全集」の2巻、3巻。
Sさんにお勧め頂いた久世光彦さんの「有栖川の朝」はみつからなかったので「百間先生月を踏む」を借りてみました。
計4冊を借りました。

はい。^^;
本の海に潜りますので、又、ブログは放ったらかしです。


怪奇好きのTさんにお勧め頂いた「オペラ座の怪人」はブック○フ入手ですが、読みました。
古い外国文学独特の言い回し・・・ホームズを思い出すような・・が久々で、中々乗り込めなかったのですが、最後の方は頭の中をミュージカルにして、結構楽しめました。

「タイタンの妖女」も読み終えました。
SFというより哲学的?
人間が自分の意志で行動していると思っている事も、実は他者に操られている。
地球の長い歴史や文明すらが、他者の簡単なメッセージ代わりにされているだけ。
・・・という、少々シニカルな内容でした。面白かったです。
高校生の頃、SFはずいぶんと読みましたので、その頃読んでいたらもっと夢中になったわ。

「芥川賞全集」は一冊に6~9作品入っているようで、取り合えず、一日一作品のペースで。
今はまだ・・・昭和12~13年です。
読みでがある・・・って方言?
読み応えがありそうです。(言い直してみた)


ブログは放っ・・・・(しつこいっ!)

マダムの日常 | trackback(0) | comment(9) |


2011/01/29 (Sat) 髪を切りました

髪を切りました。

かなりの短さです。

あはは。

まるで男の子のようになりました。

髪を切ると「失恋?」と聞かれる歳はとうに過ぎたけど・・・

ここまで短いと、皆様「切ったね~」と声をかけてくださいます。

評判は・・・概ね良いと思う。^^

小学校4年生から髪を伸ばしました。

野生のサルのように、およそ女の子らしさとはかけ離れていたワタクシ。

保育園の頃から髪はベリーショート。

私は長めのおかっぱ頭にしている(ワカメちゃんヘアーとは違うわよ^^;)女の子っぽい格好をしてみたかったのだけど、親は似合わないと判断してたのでしょう。

髪を伸ばすと、学校に行く前に髪の毛を纏めるのが大変だから・・・・と渋る母を「自分でやるから」と説得して、やっと伸ばせるようになったのが小学校4年の時。

それから主にロングで。
思春期の頃は巻いたり、伸ばしたり、染めたり、切ったり。
ポニーテールにした時は、他のクラスから男の子が見に来たっけ。
あはは。
数少ない過去の栄光の一つです。
皆様だって武勇伝は沢山お持ちでしょ?^^

髪は長ぁ~~~いお友達。

髪質は、身体の栄養不足を反映して、細い猫っ毛。
その上毛先は癖が残り、結婚して子供を産んでからは、艶もなくなって手入れも満足に出来なくなりました。
元々美容院で座っているのは好きではないけれど、美容院代も節約する為に、10年程前からカットも自分でやるようになりました。
もちろん白髪染めも。
自分カットは長いままの方が後ろ髪を切りやすいのよね。
短いと○ゲが出来ちゃう。あはは。

栄養不良の髪は、艶も更に落ち・・・長いままの維持も見苦しくなってきました。
さてさて・・・これからをどうしよう。
いっそさっぱりと切ってしまって、必要ならば・・・
盛ってればいいじゃん!
・・・・というわけで、思い切って切ってみました。

小柄で直線的な体型で、この髪型。
もう、そこにいるのは男の子。
職場では「外国の男の子みたい」という、嬉しいお世辞を戴きました。
あはは。
ブログネームが「マダム」な為に、もし誤解している方々がいらっしゃったら申し訳ございません。

マダムは女 | trackback(0) | comment(13) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。