FC2ブログ
2009・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2009/06/28 (Sun) 「なめろう」作ってみない?

今日は暑い日でした。
でも、久々のお天気で洗濯に忙しかった~~~
もう、梅雨寒の日も来ないでしょう?
厚い毛布とか、色々、色々・・・・
洗濯機を朝から回しっぱなしで、エコとは程遠い一日。
家事の中で、やっぱり洗濯は好き!ゴメンネ、白熊君。たまには許して~

今日は「なめろう」の作り方をご紹介。
ご存知の方も多いわね。房総半島南部の漁師料理です。
美味しくって皿まで舐めるから「なめろう」とも、噛まなくてもいいくらいに叩いてるから「なめろう」とも言われます。


先ず・・・用意するもの。

アジ(刺身用)
玉ねぎ(少々)
しょうが(少々)
味噌(少々)

この4つが基本ですが、当日の新鮮なアジが手に入らない場合は臭みを消す為、シソの葉(大葉)を入れた方が良いでしょう。
実家ではイカも入れていました。
シソを入れると少し口当たりがボソボソと、イカを入れると口当たりはねっとりとなります。
DSCF1293_convert_20090628010038.jpgDSCF1294_convert_20090628010118.jpgDSCF1295_convert_20090628010202.jpg

私はいつも、生協の冷凍物を使用。生食用ですがそのまま食べると・・・朝捕れたアジを食べていた身としては、臭みを感じて食べられないので、「なめろう」にします。酒のみには良い肴になると思いますが、ウチではご飯のおかずよ。


シソ(3枚くらい)とショウガ、玉ねぎは「みじん切り」に。それぞれの量はホンの少しです。
今回も多過ぎて、全量使っていません。

気をつけるのは、まな板や野菜から出る水分を極力排除する事。キッチンペーパーなどで吸い取って下さい。水っぽいと美味しく無いので。

DSCF1296_convert_20090628010249.jpgDSCF1297_convert_20090628010334.jpgDSCF1298_convert_20090628010434.jpg
「鯵のタタキ」くらいの大きさに切ったら、これからは包丁の背を使って「叩く」
シソ、玉ねぎ、ショウガを入れて。
刃で切るより、潰した方が舌触りが良いのですよ。

DSCF1299_convert_20090628010513.jpgDSCF1300_convert_20090628010559.jpgDSCF1301_convert_20090628010637.jpg
味噌を入れ、ダダダ・・・と叩いたら、外側から包丁を入れて返し、繰り返し叩いて、満遍なく混ぜて滑らかに。
食べる時はお醤油を掛け、外側から崩して食べて行くのですが、今は小皿に取ってお醤油を掛けます。だから、味噌を入れすぎると辛いわよ!

DSCF1302_convert_20090628010726.jpg
ほい、出来上がり~ 
所要時間は15分程?
食べる前に、冷えていた方が美味しいので、時間が無い場合はこのまま冷凍室へ(凍らせないでね)
出来たら、作った日に食べて下さい。

(食べ方バージョン)
・普通にお醤油で(お好みでわさび醤油)
・お茶漬けで
・酢で〆て
もし残ったら
・丸めてツミレのように味噌汁へ
・カラ炒りしてご飯にかけて(味噌が多く辛すぎた場合も、このように食べます)

今度、鯵のお刺身を見つけたら、試して見てください。子供も案外食べてくれますよ。
お試しあれ!^^


私、漁師の娘ですから、丸ごと鯵も調理出来ます。もちろん、小鯵程度は包丁を使わず、手で三枚に捌けますよ~。エッヘン、ちっちゃ~い自慢ですが。
でも、あまり新鮮で無い様でしたら、丸から作るより、刺身の方がお薦め!

マダムの日常 | trackback(0) | comment(20) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる