2009・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/03 (Wed) 小人のケーキ屋さんの作品

お待たせ(?)いたしました。
小人のケーキ屋さんのスィーツをご紹介♪

先ずは「洋ナシのタルト」

CA3A0141_convert_20090603012116.jpg
後ろに見えてるのは、「ティラミスのミニタルト」
そして・・・

DSCF1260_convert_20090603012455.jpg
「ブルーベリーのタルト」
色が凄い・・・。写真にすると、余計(笑)
本当はね、上にクリームが乗るんでした。
小人が夜遊びしてて、昼まで眠ってたんで、私は未完成(ブルーベリーをゼリーで固めてたので冷蔵庫に入れてあったらしい)のまま、食しました。
大変おいしゅうございました。
翌日には完成品を戴きましたがな~

それにしても・・・3種類のタルトは・・・甘かった。
私、糖尿病になりそうです・・・やばっ。



ついでに・・・大工も紹介。
まだ製作中です。

DSCF1257_convert_20090603012334.jpg
先ず、仕切りにする予定の家具の裏側を塗って化粧仕上げにしないとね。
DSCF1258_convert_20090603012414.jpg
台にする2×4(ツーバイフォー)材を設計図通りのサイズに切って、置いてみる。
設計図って格好つけてみましたが、方眼用紙を利用した簡単なメモです。
言ってみたかっただけ~

DSCF1262_convert_20090603012533.jpg
そしたら、見える部分の板を白くペイント。
ペンキが足りなくなりそうで、買いに走ったので、本日はここで終了。


聞いてよ~奥さん!
ペンキがね・・・お高くなってるのよ~
いえ、量がね、減ってるの。
多分・・・以前購入したのは2年程前かな・・・(?)
その時は1リットル缶だったのに、今回探しても0、7リットル缶しか無い。多分値段は同じ・・・
2000円近い値段だった記憶があるから。
どう?(どうって言われてもねぇ)
3割も減量よ~(涙)
貧乏人にはツライわ~


さて、今回2連休なんで、明日は少し作業も進むかな?
また・・・大工三昧。・・・ってより、早く仕上げて布団類の整理をしたい!
急げ~!


スポンサーサイト

マダムは大工 | trackback(0) | comment(9) |


2009/06/05 (Fri) ドブネズミのように

ドブネズミのように

大きなドブネズミが
陽を浴びて微睡んでいた
艶も失い傷だらけでボロボロで
目を閉じて動かぬ様は
戦場で死にゆく老兵に見えた

15年も前の数秒が
ゴミ箱の中の彼の一瞬が
私の中で永遠の映像に変わる
私に「生きる」を教えてくれる

ドブネズミのように真摯に生きたい

生まれる事の意味がそのまま
「生きる」事
忌み嫌われる動物さえも
「生きる」にシンプルな彼らは
時に神々しく輝いている

幸せとか意味とか理由とか
「生きる」に色々飾りをぶら下げる
人間の頭上のはるか遠く
彼らはもっと道理に近い存在
きっと神はシンプルなんだ

迷い悩む私を引き戻してくれる彼は
ゴミ袋の上で陽を浴びて人生を語る
プライドとか見栄とか
そんなものはいらない
生きる事が目的なのだ
もうとっくに生を終えてなお語りかける

ドブネズミのように真摯に生きたい



ドブネズミつながりで・・・懐かしい歌はもちろん


15年ほど前、ファミレスでパートをしていた私。古い建物で外のゴミ箱には時折小動物の影が・・・
その日は日中、ゴミ箱掃除のあと、水切りの為蓋を開けていましたが、ゴミ袋がすでに2個程。
そのゴミ袋の上にそれはもう・・・大きなドブネズミがじっと・・・死んでいるのかと思う程動かず目を閉じて佇んで(?)いました。
私は近眼なので、かなり近くで「生死」を確かめましたが、ちっとも動かず。良く見ると・・・猫との戦いの傷跡でしょうか?そこら辺に傷がたくさん。ボロボロでした。
彼に敬意を示し(怖かったのもある)私はゴミ袋を持ち帰り、彼の微睡みの邪魔はしませんでした。

そういえば・・・「リンダリンダ」が流行ったのは、もっと前でしたでしょうか?
この詩を書きながら思い出して貼り付けましたが・・・今思うと、「ドブネズミ」の美しさ。わかるような気がします。ドブネズミみたいな人間は・・・やっぱり苦手だけどね!


マダムの詩 | trackback(0) | comment(11) |


2009/06/10 (Wed) 0.3リットルの悲劇

6月3日の記事で・・・
ペンキを買いに行ったところ・・・・実質値上げによる減量で、ペンキ缶が1リットルから0.7リットルに変わっていた事をご報告致しました。

・・・・・足らないんです(涙)
ペンキが・・・少しだけ。

仕方無く買いに行きましたよ~~~~~もう一缶。
悔しいけど。

・・・・・売り切れなんです(涙)
0.7リットル缶。
私が購入したあの一缶が最後の一缶。

仕方なく買いましたよ~~~~~~~1.6リットル缶。
でかいっちゅ~の。(怒)

こんな事なら・・・・最初から1.6リットル缶を買っておけば・・・
いやいや、私が悪いんではない!
0.3リットル足りなかったのがいけないんだと思います!


うらめしや~~~
物価高!


なんで最初から大缶を買わなかったのか?・・・って?
ペンキ缶って、一度使用すると、蓋の開け閉めがきちんと出来無いんだも~ん。
あれ、どうにかならないかしらね。
物置に保管しておくけど、蓋がきちんと閉らない分、ひっくり返したりすると(良くある話)後が面倒だからね・・・
出来れば大缶は避けたかっただけ。


では、大工の経過をご紹介・・・
続きを開けてね!

今日完成予定だったけど・・・猫の病院と町内会の定例集会(今年は当番で組長なのよね)があるから・・・完成しないかも(涙)

マダムは大工 | trackback(0) | comment(20) |


2009/06/14 (Sun) 秘密基地

出来ました!DSCF1279_convert_20090614215423.jpg
単に大きな白い箱・・・って話も?
いえいえ。^^
布団を敷いて・・・
DSCF1283_convert_20090614215623.jpg
本棚に漫画とか入れちゃって・・・DSCF1285_convert_20090614215737.jpg
DSCF1284_convert_20090614215702.jpg
外に干してある洗濯物は、この間仕切りの家具の上に取り込みます。
間仕切りの手前は・・・・あの乙女真っ盛りの「ももタン」のスペース。
DSCF1282_convert_20090614215544.jpg
ライトは洗濯物で光がさえぎられ、そしたら、もう・・・そこは秘密基地♪
但し・・・除湿乾燥機をかけてる間は蒸し暑いけど。
だって、洗濯物優先だもの。梅雨だし。

でも、いいの。
今まで、自分の部屋みたいなスペースって、考えたら無かったわ。
そして今までの私は・・・スッキリ収納派(目指してるだけ)
だから本棚みたいな物は結婚してから、ずっと無かった。
棄てられない漫画や本はそれなりにあったけどね。
息子その1の引越しの余剰品の本棚。
なぜか嬉しいじゃないの~。久々の本棚♪

もう・・・スッキリは棄ててもいいや~
秘密基地気分で楽しむぞ~


・・・と、思いながら、本日も募集早退(ヒマな時は、帰りたい人いる?って聞かれるの)で、2時間早退。
今日は自転車で駅まで行ったので、降りだした雨の中、頭からグッショリでいそいそと帰ってきましたが・・・・猫ゲロで布団をやられてました(涙)
布団から床までやられてました(大泣き)
こちらのスペースには、モモたんは入れないので、メメかピーちゃんの仕業ですね。

2時間早退して、ゲロ掃除とお洗濯。


猫好きでも、タマに挫けます・・・・

でも・・・負けない。
秘密基地。わ~い!

(息子に「秘密基地って・・・・歳はいくつ?」って聞かれたけど、49歳だっちゅーの!親の歳は忘れちゃや~よ♪)

夏は息子その2に取られそうな予感。だって上にクーラーがあるから・・・^^;

マダムは大工 | trackback(0) | comment(19) |


2009/06/20 (Sat) 励ましの詩

006
006 posted by (C)youkey

若人よ がんばれよ


疲れた身体が妙に重い
そう気付いたら急に裏切られる
リズムを刻んで勝手に闇を蹴る足が
別の生き物のようで
どこに向っているのかわからないから
ぼんやりと地面を見てしまう

頭の中でエコーする言葉が
何度も何度も心をえぐるけど
えぐられた心を埋める為
呪詛してみたり 励ましてみたり
責任転嫁してみたり 嘲ったり

それでも容赦無く跳ね返り
暴走しまくりのお言葉は
計らずも零れてしまった自信て奴を
赤面に変えて引っ張り出す

そんな夜は無数にある

忘れようと思い酒を飲んでみても
結局悩みの場所に行き着く
それはもう壊れたプレイヤーだね

もとより謙虚のつもりの心は
実は自尊心の裏返しで
貴方は自分で思うより自信家だ

でも それでいい

それでも傷ついた動物が
薄暗い一角で傷を癒す為
じっと身体を丸めるように
この暗い夜道を
永遠に歩いているつもりで
気付いたら玄関で鍵を回している

でも それでいい
帰って来ればいい

そんな夜を幾度も越えて
強くなったらそれでいい
そんな夜を幾度も彷徨い
優しくなったらそれでいい



若人よ、ガンバレヨ~~~~!^^
すでに傷つく事が(かなり)上手くなった大人より♪

マダムの詩 | trackback(0) | comment(17) |


2009/06/26 (Fri) 追悼

皆が彼の中の少年を愛した
誰よりも・・・・
彼は少年のままでいる事を望んだ

大人になんかなれっこなかった




マイケル
キャプテンフューチャーの貴方は素敵でした。
今でも会えるのでしょうか?


*キャプテンE.Oでした(キャプテンフューチャー

マダムの日常 | trackback(0) | comment(9) |


2009/06/28 (Sun) 「なめろう」作ってみない?

今日は暑い日でした。
でも、久々のお天気で洗濯に忙しかった~~~
もう、梅雨寒の日も来ないでしょう?
厚い毛布とか、色々、色々・・・・
洗濯機を朝から回しっぱなしで、エコとは程遠い一日。
家事の中で、やっぱり洗濯は好き!ゴメンネ、白熊君。たまには許して~

今日は「なめろう」の作り方をご紹介。
ご存知の方も多いわね。房総半島南部の漁師料理です。
美味しくって皿まで舐めるから「なめろう」とも、噛まなくてもいいくらいに叩いてるから「なめろう」とも言われます。


先ず・・・用意するもの。

アジ(刺身用)
玉ねぎ(少々)
しょうが(少々)
味噌(少々)

この4つが基本ですが、当日の新鮮なアジが手に入らない場合は臭みを消す為、シソの葉(大葉)を入れた方が良いでしょう。
実家ではイカも入れていました。
シソを入れると少し口当たりがボソボソと、イカを入れると口当たりはねっとりとなります。
DSCF1293_convert_20090628010038.jpgDSCF1294_convert_20090628010118.jpgDSCF1295_convert_20090628010202.jpg

私はいつも、生協の冷凍物を使用。生食用ですがそのまま食べると・・・朝捕れたアジを食べていた身としては、臭みを感じて食べられないので、「なめろう」にします。酒のみには良い肴になると思いますが、ウチではご飯のおかずよ。


シソ(3枚くらい)とショウガ、玉ねぎは「みじん切り」に。それぞれの量はホンの少しです。
今回も多過ぎて、全量使っていません。

気をつけるのは、まな板や野菜から出る水分を極力排除する事。キッチンペーパーなどで吸い取って下さい。水っぽいと美味しく無いので。

DSCF1296_convert_20090628010249.jpgDSCF1297_convert_20090628010334.jpgDSCF1298_convert_20090628010434.jpg
「鯵のタタキ」くらいの大きさに切ったら、これからは包丁の背を使って「叩く」
シソ、玉ねぎ、ショウガを入れて。
刃で切るより、潰した方が舌触りが良いのですよ。

DSCF1299_convert_20090628010513.jpgDSCF1300_convert_20090628010559.jpgDSCF1301_convert_20090628010637.jpg
味噌を入れ、ダダダ・・・と叩いたら、外側から包丁を入れて返し、繰り返し叩いて、満遍なく混ぜて滑らかに。
食べる時はお醤油を掛け、外側から崩して食べて行くのですが、今は小皿に取ってお醤油を掛けます。だから、味噌を入れすぎると辛いわよ!

DSCF1302_convert_20090628010726.jpg
ほい、出来上がり~ 
所要時間は15分程?
食べる前に、冷えていた方が美味しいので、時間が無い場合はこのまま冷凍室へ(凍らせないでね)
出来たら、作った日に食べて下さい。

(食べ方バージョン)
・普通にお醤油で(お好みでわさび醤油)
・お茶漬けで
・酢で〆て
もし残ったら
・丸めてツミレのように味噌汁へ
・カラ炒りしてご飯にかけて(味噌が多く辛すぎた場合も、このように食べます)

今度、鯵のお刺身を見つけたら、試して見てください。子供も案外食べてくれますよ。
お試しあれ!^^


私、漁師の娘ですから、丸ごと鯵も調理出来ます。もちろん、小鯵程度は包丁を使わず、手で三枚に捌けますよ~。エッヘン、ちっちゃ~い自慢ですが。
でも、あまり新鮮で無い様でしたら、丸から作るより、刺身の方がお薦め!

マダムの日常 | trackback(0) | comment(20) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。