2007・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/01/01 (Mon) 白い月  ・・・しろいつき・・・

凍てつく冬の帰り道
白い月を見上げた

薄氷のように夜空に貼り付いた月は
今にもパリンと割れそうな程冷たく
疎らな星も尚更に
まるで廃墟の写真のようだ

いつのまにか影は重みを失い
自分の足音すら消えてしまった
遠く団地の窓の明かりも冷えて
光すらも固まって
世界から生命が消え失せた

白い月に導かれ
私は孤独の容器となる

ひとつで生まれ
ひとつで死んでゆく
命の孤高を深々と受け止める

今までも幾人もが見たであろう
別世界の端を覗き見て
己が孤独に感嘆し
命の待つ我が家に帰る

白い月の下で


*2010年 製本
 登録日時は便宜上のもので、詩の製作日とは無関係です。
 
 

スポンサーサイト

詩集 白い月 | trackback(0) | comment(0) |


2007/01/15 (Mon) 荒地に立つおんな達へ

おんな達よ
しなやかに目覚めよ
老いに向う事を人生と呼ぶなら
人生はもっと楽しんで良いはず
目を瞑ってしまってはいけない

平均寿命は延び続け
長き時を生きるのに
未だ花の命は短いまま
その何倍もの歳月を
喪失感で過ごすのか
若さに執着し時を恐れて
おびえながら生きるのか

おんな達よ
しなやかに進化せよ
老いは美しい
あなたの歩んだ道そのものだ
長い年月をかけて大事に踏み馴らした道は
その長さにこそ美しさの価値がある

若さの呪縛から逃れろ
目元のシワの深さは
幸せの微笑みの数
顎の下のたるみの重さは
受容の器だ
光にも似て頭髪は白く
節が太くなって荒れた手は
なんと愛らしいこと
あなたの善の証だ


人生のゴールは遠く
まだはるか遠く
おんなの美しさはそこにある
胸を張って歩け
しなやかに軽やかに
あなたはまだ美しさへ向う途中だ


*2010年 製本
 登録日時は便宜上のもので、詩の製作日とは無関係です。

詩集 白い月 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。