2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2008/07/23 (Wed) なぜ人を殺してはいけないのか?

主旨として
「討論をしない」
「他の方の意見に負の感想を言わない」
を決まりとして、
今後も皆様のご意見として頂いたコメントは、なるべく原文のまま記事に追加をさせて頂きたいと思います。ご了承下さい。(不可の場合は申請願います)
尚、追加のご意見等ございました場合にも、ご遠慮無くコメントを入れて下さいね。
一旦まとめたブログなので、私の結論は、大きな変更が無い場合はそのままです。


「なぜ人を殺してはいけないのか?」
数年前、TVで論争を巻き起こしたこの問いかけ。記憶に残っている方も多いのでは?

実はこのテーマ、パクリです。
元ブログは「鯨と水菜とオピニオン」という、ブログ。管理人のトレビアン・西さんより、温かい許可を頂きました。
で、皆様に一度、トレビアンさんのブログ記事を読んで頂いてから‥と思ったのですが、私の技術では、貼り付けみたいなまねが出来ません。
で、リンクフリーなのを良い事に、右側リンクに入れてあります。どうぞ、皆様で飛んじゃって下さい。
トレビアン・西様には、この場で、リンクのご報告を!事後承諾で申し訳ございません。

トレビアン・西さんの記事は長いので、皆様覚悟して(笑)‥心して飛んでね。
7月22日の記事ですよ。寂聴さんの説法(?)まで、読んでいただけると‥
ついでに、トレビアンさんが面白いと思ったら、ご遠慮なく、ポチッちゃって下さい。
(これは、許可を頂いたお礼の宣伝です‥こんなものでよろしいでしょうか?トレビアンさん?)

長い付き合いの方はご存知のように、私は自分の考えをまとめるのに、ブログを利用します。
その際、皆様がどのような意見をお持ちか、聞きたくなる‥という、悪い癖が‥
討論ではありません。ただ拝聴するだけです。
まとまってはいないけど、私の中には結論らしいものがあるので、拝聴しても方向は変わらないかも‥ただ、聴いてみたい。皆様がどう思っているのか。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」
その質問を発した少年を、少年少女を集めたトーク番組で見ていました。
その場の大人達の沈黙‥私も唖然としてしまいました。
なぜなら、大人達は「人を殺してはいけない」を常識にしたうえで、討論を重ねていたからです。

少女マダムが中学生の時「一般社会で使用されない知識の為に、なぜ勉強するのか?」と、大人達へ問いかけた問題と、規模は違うけど「納得出来る答えが返って来ない」という点では一緒です。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」
問いかけた高校生くらいの少年だって、観念では解りすぎる程、解っていたと思います。
只、えらそうに能書きを垂れる大人達に「納得させてみろよ」という挑戦だったのだと思います。
その後、「今の少年少女は‥」云々言われる事にはなりましたが‥
マダムは見ていて「お~面白そう」と、思っていました。
結果は、大人の敗北ですね。
もともと「討論」で結論が出た例は無いけど。

だって、「戦争」はあちらこちらで起こっていて、戦争に行った方々の中には「今の若者は弛んでる。軍隊で鍛えなおしたら」とまで言う方々もいるくらいですもの‥戦争は国をあげての大量殺人です。
軍隊は人を殺す訓練をする所、又は人の心を無くし、国の一部にする所です。

そんな大人達に「人を殺してはいけない」って言われても‥ねえ~

寂聴さんは親が教える事といっていましたね‥
自分が子供から問われたらなんと答えるか?(普通は聞かないけど)
自分は子供にどう教えてきたか?(普通は説教のテーマじゃないけど)
自分がもし高校生の頃、大人にこの疑問をぶつけた時、自分の出した上の2つの答えで納得しましたか?

是非、ご意見を!
漠然でも、まとまらなくても、長くなっても、大丈夫です!よろしく~


コメントを入れて下さったら、この下にどんどん足していきます。ご了承お願いしますね~
これが、マダム得意の丸投げですわ~

コメントをありがとうございます。
勝手ながら、私が読んで特に重要、又は結論と思えるところは、字を大きくさせて頂きました。(後で読み返した時、見やすい様に)的ハズレだったら、もちろん修正いたします。申告してね。

*「何故人を殺してはいけないのか?」、
これ前に韓国語教室に行った時に話題に出たことです。
ちょうと秋葉原の事件が起きた直後、
私より10才ぐらい年配の方が言いました。
「今の子は屁理屈が多すぎる。人を殺してはいけませんというと、
すぐに、何故?と聞き返してくるけれど、私が子供のころは誰も、何故?とは聞かなかったし、
聞かれたら、なんででもよ!と叩かれた時代よ。」
もし聞かれたら私も、理由はないと答えると思います。
では戦争はいいの?と聞かれたら、戦争もダメだと答えると思います。
戦争は、民族や国同士の殺し合いです。
勝った方が正しいとは限らないし、負けた方に非があるとも限らない。
殺人も、戦争もどちらもダメ、とは思うのだけど、
じゃあ、仇討ちは?と聞かれたら、返答に困ってしまうかもしれません。
人を殺してしまった時、故意なのか、過失なのか、快楽なのか、怨恨なのか、
いろいろ状況を考えると、理由はない!では納得させられないかもしれません。
ただ、どんなに時代が変わっても変えてはいけない物があって、
その中の1つが「汝殺す事なかれ。」だと思っています。

書いていて、おかしくなったので、また出直します。

2008.07.24 | 琳子

トレビアン・西様、琳子様。早速のコメントをありがとうございます。

トレビアン・西様。「面白い人」称号ありがとうございます。トレビアンさんにはかなわないですが‥
こんなテーマで真剣に話せる友達とタイミングは、実生活では難しいから~この機会に、もし、皆様の考えがあったら、是非伺いたい。こんなやり方が嫌いな方もいそうですから‥どのくらいの方がコメントを下さるのか‥ドキドキです。

琳子様。こんな難しいテーマに、直ぐコメントを入れて頂いたのは、すごく嬉しいです。
もちろん、後から追加して頂いてもOKですよ~。きちんと答えてくれた方がいた‥それだけで、感謝しております。

はじめまして。戯言をつらつらと。

自然界の摂理に弱肉強食という言葉がある。
それに従えば、生きていくために殺すことも是正される。
しかし、いたずらに殺生するわけでもなく、
それこそ生命維持に必要最小限という程度。

では、何故人間においては許されないのか……
それは自然界を自らが離れ、文明を得たからだと。
人間の食物連鎖には共食いは無い。
ならば食料を得る為の殺人自体が必要ないことになる。
とでも言えば良いのだろうか……
あーーー支離滅裂!!!失礼致しました。

2008.07.24 | 森野帽子

なぜ殺してはいけないか?
これは単に人間は考える葦である…からだと思いますよ。
殺し合い、共食いは畜生のする事です。
人間は考えるために生まれてきたのだから、畜生のする事をするべきではない…
そう子供達に教えていました。

それに伴って、生きるため、食べるための殺生という問題も上がってくるだろうと思われますが、それはまた別の次元で説諭していくべき事だと私は思いますね。これを説くには自然界の理から説いていかなければならないので、殺し合いとは別の話になりますね。。
2008.07.24 | 匿名希望A

おはようございます♪
・・・いつか記事にしようと思っていたテーマの一つなので自身の結論的考えは控えさせて頂きますが・・、
「人を殺してはいけない」と言葉で押さえつけて教えようとするから無理があるのだと思いますがね。

2008.07.24 | 【一心】

森野帽子さん、匿名さん、一心さん、コメントありがとうございます。
森野帽子さん、初コメをありがとうございます。いえ、分かり易くまとめて頂きました。
匿名Aさん、実際にお子様達に伝えていたんですね。すごいです。
一心さん、このテーマでのブログ、楽しみにしています。(先に書いちゃって、ごめんね)

またまたマダムさん、難しい事を。
早くホグワーツに行きたいけど、コメントしてからに。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」
「死」というものは、恐ろしいものなのです。
皮膚は紫色になり、体は硬直し、形相がかわり…。
「死」というものは、壮絶なものなのです。
もがき苦しみ、口から血を吐き…。

そしてその後、全てが「無」になります。
その人の心や体や夢や人生が、すべて消え去るのです。
幸せな家庭も、頑張ってきた仕事も、何もかも。

どんなに会いたくても、もう二度と会えなくなるのです。
どんなに話したくても、もう二度と話せなくなるのです。

そんな恐ろしい「死」に人を至らしめることは、
例外を除いて、やはりしてはいけない事だと思います。

例外とは何か。
「死刑」と「安楽死」。

以上、私の考えでした。
では、行って来ます!!

2008.07.24 | とる☆ねこ

待っていました!とる☆ねこさん。ハリポタ、ドラクエと忙しいのにありがとうね!
今回はゆっくり時間をかけて、より多くの方の意見を拝聴したい‥と思いまして、気の短めの私ですが、土曜あたりまでこのまま、皆様が来て下さるのを待っていますよ~。
トレビアン・西さん、修正のご希望承りました(笑)いい感じで柔らかくして頂きましたが‥

今晩は、またお邪魔させて戴きますスミマセン!
今朝の事、
すずめの巣立ちまもないほんとうに可愛い小雀
なんとか飛ぼうと懸命に羽にチカラを入れていました
つい手が離せず、先ずは安全と思える所へそっと置いて
「ここに居りいよっ」と声を掛け、その場を離れ、
暫くして戻ってみると、
自力で飛べたのかもうおりませんでした。
野鳥の「雛」なんと可愛い事、
人間は勿論のこと動物の「幼い」この可愛さは
云いようのないものと思います。
こう、思えれば命の尊さのようなものを感じるのではと思います

いつか、テレビで見た「学校」で捨て犬を子供達が皆で
めんどうをみて素晴らしい「心」の成長の記録を見たとき
「殺す」という「衝動」にかられることはないように思えます。

今の「子供達」の環境はやはり良いものではないんでしょうねえ、
そんな「悪環境」の中で育つ不幸?・・を、
つい思います。
なんか、ようわからんこと書いてごめんなさい。

2008.07.24 | つとちゃん

つとちゃん、重いテーマにコメントを頂いてありがとうございます。
つとちゃんの優しさがちゃんと伝わるお言葉です。

生命を人の手の中で創造出来ないからだと思いますよ。

作品や建造物は手を使って創り上げられますが、命は掌の中では創れません。勿論人間以外の生物も手の中では作れませんが、食物連鎖という生態系の中で生きていく為には手に掛けなければならないことも有ります。
しかし、人間同士は食物連鎖には当て嵌まらないですね。それは他の生物にはない知性があるからでしょう。それなのに戦争が起きるのは一人一人の人間を見ずに、地域や国を見ているからではないでしょうか。

人が命を、次世代に繋げている、つまりは創造しているように見えるかもしれませんが、授かりものではないですか?命を授かりたいと思っていてもそうならない事もしばしばです。神様が…とは言いませんが、人の命はまだまだ人智の及ばない所にあると思います。

創り出せない、手品のように掌の中にパッと生み出せない命、だからそれを奪い取る事もしてはいけないと思います。

2008.07.25 | motasuke

motasuke様、来て頂きましてありがとうございます。是非、ご意見を伺いたかったんです。
いつもながら、説得力のあるご意見ですね。


たくさんの方のご意見、大変ありがとうございました。
本当に嬉しいです。皆様のご意見で方向は変わらないかも‥と言いましたが、少し考えが変わりました~。
実は私の出した答えは‥

「なぜ人を殺してはいけないのか」

それは集団の「ルール」だから‥しかも根幹のルールであるから。
人間は体力的にはさほど秀でたところが無く、それ故、知恵という武器を持っていた。
残念(?)ながら、「知恵と欲」はセットである。
その二つが揃った場合、生存競争を生き抜く為に、簡単な方法が食物を持っている者の「殺人と略奪」である。
当然ながら、個より集団が強く、より大きな集団になる為に「殺戮と略奪」は繰り返される。
しかし、集団内で個々に「殺人と略奪」が行われると、集団の生産性は上がらない。
より強い集団と成る為に、集団内での「殺人と略奪」はタブーとされ、刑罰等で管理する。
又、集団内でのルールの管理は、それぞれの宗教又は道徳等、精神面によっても行われる。

だが、このルールは、あくまでも集団内でのルールの為、集団対集団では適用されない。
人間の歴史の当初から、部族、民族が小さな「殺戮と略奪」を繰り返し、より大きな集団となり、現在の国の形が出来ている。
未だに民族間での内紛、又は国間での戦争が絶えないのは、世界が同一の集団となっていないからであり、宗教の違い、倫理観の違いから、同一となるのは大変難しい。


これが、私の考えた結論です。
こう考えると「なぜ人を殺してはいけないのに、戦争は許されるのか」と、すんなり納得は出来るのですが‥矛盾も無いと思いますが‥救いも無い。

皆様のご意見を拝聴致しまして、「自分の子供には、自分の結論を言いたく無い」と思いました。
あのTVで見た、高校生には言えますが。

子供を育てる過程では‥
「人を傷つけてはいけない。」
「自分がされて嫌な事は、人にもしてはいけない。」
「命は大事なんだよ。」
こういう言葉を繰り返し教えていたら、
「なぜ人を殺してはいけないの?」
という疑問は出てこないですよね。普通は‥


だから、それで良いと思いました。
その方が良いと思いました。


変な結論で申し訳ございません。
でも‥
「なぜ人を殺してはいけないのか?」って聞く奴には、言っちゃいます!
身も蓋も無い答えを!

でも、私は反戦主義者です!誤解の無い様にお願いします。

<追記>

命 一番尊いものです。

戦争絶対反対!
戦争が起こる(起こった)のは間違った思想(宗教)からだと思いますね。これを次世代の子供に教えていかなければならないと思います。
そして 自殺。。。これも自分で自分を殺す行為であって、許される行為ではありませんね・・・・。
(自分の意見伝わったかどうか?考えあっても伝えられない^^;
文章能力かなり貧困なんで すんません><)

2008.07.30 | マダムちゃん

こんにちは。初めてお邪魔いたします。このテーマについては僕なりに考えております。少々哲学めいていて恐縮ですが書かせていただきます。仮にこの世の中に自分とあと一人の人間しかいないとします。その場合自分の存在はもう一人の人間がいるから認識するのであって、同じように相手の人間も自分がいるからその存在を自覚するはずです。仮にもう一人の人間を殺しその存在が消えた場合自分の存在そのものも無になると思います。何故なら、自分自身を自覚する人間が他にいないわけですから。ですから、少し飛躍しますが相手の人間を殺すことは自分自身の存在を否定することになり、人間社会にあっては自殺も同じように他の人から見たらその存在を否定されることになると思うのです。
2008.07.30 | 斜構え

私もはじめましてです。
実は先日、この記事を読んでコメント入れようかと迷っていましたが、私の大切なお友達から聞いた事を書かせて頂こうとここに来ましたら、なんと!その方が私のすぐ上↑におられました。(笑)
私もこのお話を聞かせて頂いて、みつけた好きな言葉があります。
『自分という存在を知るときには、必ず誰かと一緒にいる自分が在る。
「わたし」という存在は、あなたが生きている“証拠”です。
そして、「あなた」という存在は、わたしが生きている“証拠”です。』 

一人では生きていけないでしょう? 「おかげさま」って言葉の意味を考えていました。
なんか、偶然にも斜構えさんと参加させていただき嬉しく思いました。

2008.07.30 | 葉月

マダムちゃん、斜構え様、葉月様、コメント大変嬉しいです。ありがとうございました。
マダムちゃん お気持ちは良く伝わります。表現って大変難しい作業ですよね~。でも、表現して頂き感謝です。
斜構えさん、初めまして。新しい視点でのご意見、新鮮に感じました。これからもよろしくお願い致します。
葉月さん、ご挨拶も無しに昨夜はコメ入れましたが、初コメでしたら失礼致しました。以前ご挨拶したつもりでいたので。「おかげさま」良い言葉ですね。これからもよろしくお願い致します。

なぜ、人を殺してはいけないのか?

なぜ、そんな問いが出てきたの?
なにを確認してんの?・・・・「どっち?」って。
他人に聞く前に「自分」は「どう思っているんだ?」
そんなこと、自分がどうしたいのか考えれば「答え」はわかること。
周りがなんと言おうが、法律があろうが無かろうが「答え」は自分で決められること。
質問したってことは、「わかっていた」ってことだよね。
なにを、「他人のせいにしょう」と思っているの?
ちゃんと、そのくらいのことは自分で思ったとおりに判断出来るはずだ。
じゃあ、なにかい?私が「人殺しはいけない」って言ったから、守るのか?
それとも、私が「人殺ししてもいいんだよ」って言ったから、人を殺すのか?
どっちにしても、聞いたあとも結局は自分で「どっちにしょう」って?
いいか、悪いかなんて「ない」・・・・「自分がどうしたいのか」を考えることである。
私は、「殺さない」・・・「見殺しの悔しさは二度としたくないからだ」
私は、「自分の身体も、自分の思いさえも殺さない」
私の目の前に居る人に「あなたをたすけたい」と言ったとき、「余計なことはするな!!おまえを殺してやる」って思う?どうですか?
そんな私が、殺されることもない。
私を殺したら「あなた」を助ける人がいないことになるから。である。
「あなた」が他人を助けると、自分も助かる。仲間ができる。
「あなた」が他人を殺すと、自分を助ける人もいなくなる。
意味のない行動は、しなければいいだけのこと。
いつまでも考えるだけが「ムダな時間」・・・「わかっているのに」である。

「なぜ・・いけないのか?」と、考えること事態が、すでに?・・・である。
単に、「・・・・してはいけない」って言う人は、「自分がされたくない」と思うからである。
この質問には「あなたは、殺されたいですか?」って、問い返せばいいだけです。
質問者の返事は、おわかりですよね。
そして、「あなたがそうであるように、相手も同じなのだ。」と、言ってあげれば判ること。である。
「人殺しは、自分の不都合を外に発散しているだけのことである。外のせいにしてね。」
じゃあ、またね。  おやすみ・・・である。
2008.11.19 | 永山拓美


久々にご意見を頂きました。ありがとうございます。永山拓美さん。
拓美さんは色々な経験をなさって、強い信念の人と思っています。まだ、お知り合いになったばかりですが、もっと知りたい気持ちにさせられる、不思議な魅力の方ですね。これからもよろしくお願いします。

(2008年の記事に、目を止めて戴いた方がいらっしゃいまして、コメントも戴きました。ありがとうございます。お約束通り、追記致します。2010.2.16)


ヒットラーって死神かな?
鳩山法相なんて、死刑執行の決裁をしただけで、
人殺しだなんて朝日に書かれて地獄だね。
全国の刑務所に死刑囚が溢れかえって、
ヨボヨボになるまで生きてる?崩壊するわ。
人を殺したら死に神なんてーことになったら、歴史上の
人物はほとんど死に神。
毛沢東、レーニン、金日成なんて、いったい
何人殺したのか、こっちが聞きたい。
思想の種類によって違うといわれたところで、
毛沢東がなにをやってきたかなんて、いまでは、
あちこちで暴露されてる。
死に神なんてそんなものは、最初からこの世に
存在しない。
あるいは、あたしたちも、死に神かもしれません。
中絶したそこのオネーサン、あなた、殺されたベイビーの
こと、どー考えてるの。
この世の相対的な現象なんてーものは、現象的人間に
とってのマスターベーション。
セックスはふたりでやるものよ・
2010.02.14 | ryu

人間の魂というのは常にいきいきとして未来永劫なもの。
僕たちは仮想の肉体を借りて、たまたま動く人形を演じているだけ。
死も生も、そんなものは、すでに最初からない。
そんなことは、いつも考えてきたから、
幻想でもなんでもない。
でも、世の中には、死後の世界を心配したり、肉体が滅びることを
怖がる人間がいる。
そーいった人々には、殺人という話というのは、退廃的で
難解というよりは反道徳的なことかもしれない。
そんな、あいもかわらない、僕と世の中のズレを感じながら、僕は、音楽と絵を見ている。
2010.02.15 | ryu

虐殺された少女
           ルイ・アラゴン
お前たちがまたやってきて
地獄と野獣をひろげようとて無駄な事だ
銃床で扉は 叩き壊せても

この子の目は覚ませない 死んだのだ
びっくりしたような瞳も 瞠らぬうちに
何者も奪う事はできないのだ この子から 
       この夢を

くしゃくしゃの髪に顔を埋めて少女は眠る
今に息を吹き返すのだと みんな思った
小さなその手に 夜は祖国の土を握らせた
       こっそりと

そう苦しい想いでをもたずともいい
バラは ただ蒼ざめて散ったのだ
やがてひそかに この子は忘れてゆく
       生きる事を 眺める事を

2010.02.15 | ryu


ryuさん、ありがとうございます。
散文的な文章で、内容も難しいので、そのまま載せました。
力足らずで申し訳ございません。
ryuさんの仰る事は、「死生観」からの意見でしょうか?
確かに「人を殺す是非」は宗教、倫理、死生観によって変わってくるとは思います。
そうなると・・・私ごときがテーマに出来る話題ではなくなりますので・・・
もちろん「なぜ人を殺してはいけないのか?」自体、大それたテーマですが。^^;

私の「なぜ人を殺してはいけないの?」のテーマの範囲はとても狭いものなんです。
「自分が子供から問われたらなんと答えるか?(普通は聞かないけど)」
「自分は子供にどう教えてきたか?(普通は説教のテーマじゃないけど)」
「自分がもし高校生の頃、大人にこの疑問をぶつけた時、自分の出した上の2つの答えで納得しましたか?」


を軸とした問いかけになります。
そして背景を求められた場合は「現代の日本」になってしまいます。
平和で餓死とは無縁の世の中で、あえて若者が口にする「疑問」に納得できる答えを突きつける
という、甚だ狭い内容で申し訳ございません。
ご理解を頂けたら幸いです。

私には「ルイ アラゴン」の詩は・・・
虐殺された少女を悲しみ、無力な自分を嘆き、虐殺に対する怒りを表しているように思えました。
「ルイ アラゴン」はryuさんに教えていただきました。^^


簡単にいうと、生き死にのことを考えてない人間はダメよ。
子供が産まれたときに、五体満足ならいいって、アナタ
思ったでしょ。
そんな子供が、やがては死んでいく。
人生は、ただ、それだけなんです。

アフリカ スーダン20年の内紛で、200万もの命が失われ、自分の親を殺した子供もいる。
アナタが今のスーダンに今産み落とされていたら、99%殺人者。
世界の紛争地では、殺人、栄養失調、病気で死ぬ人間なんて、今も絶えることはない。
9:11なんかも人殺し、 ボスニアもそうだね。
今の日本なんて、日に100人もの人間が自殺している。
それは事実。
それだけが真実。
四川大地震で多くの子供が死んだ、それは事実。
それだけが真実。
世界の偉人なんて、ほとんど間接的な人殺し。
それ以外は関係ない、終わったハナシ・
秋葉原で、オトコが無差別殺人を起こした。
マスコミはギャーギャー騒いでいますが、犯人を罰するのは
司法。
悲しいのは家族。
それ以外の事実は、そこにはなにもない。
まことに簡単、だけど、ほとんどの人間はわからないのね。
五体満足でいいって言っていた子供に勉強しろとか、東大に
いけとか、ばははは、バカにつける薬はない。

あとは凝縮されたものを考えないとダメ。
それは、どーゆうことか、まあ、死ぬまで考えて。

2010.02.17 | ryu

こころ

こころをばなににたとへん
こころはあぢさゐの花
ももいろに咲く日はあれど
うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて

こころはまた夕闇の園生のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかひなしや
ああ、このこころをばなににたとへん。

こころは二人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。

萩原朔太郎
2010.02.17 | ryu


ryuさん、又々ありがとうございます。
「こころ」良い詩ですね。^^

>生き死にのことを考えてない人間はダメよ。
私も同感です。
「若者よ なぜ人を殺してはいけないのか死ぬまで考えよ」という事ですね。^^
ryuさんも経験豊かな方なんだろうと想像しています。^^
本当にこのような事柄を真剣に考えて下さって、どうもありがとうございます。

私の中では上記のオレンジ部分(かなり上)のとおり「人を殺してはいけないというのは、人間という動物が生き延びるという本能の為に、所属集団を弱体化しないための集団内の根幹の規則」という結論では納得出来ています。
ただ、これは小さい子供には教えたくない結論でした。^^;(困った事に)
倫理的には問題があるとは思うのですが、自分自身が納得してしまったので、「良し」・・・としております。
すみません。




今回は皆様の力をお借りして、長~い記事になりました。
マイナーブログだからこそ出来る事でしょうね‥笑、笑、笑‥

<最後に>
長くお付き合い頂いている皆様‥コメントを下さる事を実はアテにしていました。ごめんなさい。そして、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
お付き合いを始めたばかりの皆様‥コメントを頂けたのが本当に有難かった♪感謝しております。又、馬鹿なテーマをぶつけたら(笑)是非、ご意見を頂きたいと思います。ありがとうございました。これからも、よろしくお願い致します。

なぜ人を殺してはいけないのか? | trackback(0) | comment(16) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる