2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2008/03/08 (Sat) 勉強する理由

主旨として
「討論をしない」
「他の方の意見に負の感想を言わない」
を決まりとして、
今後も皆様のご意見として頂いたコメントは、なるべく原文のまま記事に追加をさせて頂きたいと思います。ご了承下さい。(不可の場合は申請願います)
尚、追加のご意見等ございました場合にも、ご遠慮無くコメントを入れて下さいね。
一旦まとめたブログなので、私の結論は、大きな変更が無い場合はそのままです。



「なぜ勉強するのか?」
学生時代に、誰でも考えた事ってありますよね?

マダムは素直に疑問をぶつけてみました。中学3年生の時。
今よりずっとゆる~い受験戦争?だったのですが、進学に向けて、教師も親も「勉強」「受験」と追い立てる様に連呼する‥
ところが、マダムの周りには、中学までの知識で十分生活している(ように見える)大人ばっかり。先生だって、アンチョコ入りの教科書での教えだし、中身は中学の勉強だし‥
「人間が社会生活を送る為には、中学までの基礎知識で充分じゃないのか?」と。取りあえず、親と担任の先生だったかな~

親曰く「お前は勉強から逃げているんじゃないのか‥」
先生曰く「勉強をする、その方法を学ぶ事が自分の為になる‥」

どれも、マダムの疑問の答えでは無いと判断しました。
別に反抗心で聞いたのでは無く、自分のやっている事の意味を、納得したかっただけなんです。大人は学歴社会に踊らされている様に見えましたから。学校では、「人を外見で判断するな」とか、「平等」とか「協調」とか理想を教えているではないですか‥それに、知識を増やす事は面白いけど、本を読む事で知識は増えるし、実生活では必要の無い知識を学ぶ意味は?‥。大人が一番学歴とかで人を差別するじゃん‥なんて思いましたが、ま、親が行けって、お金を出してくれるし、別に勉強は普通に出来たし、友達もいたので、受験勉強らしき事はしないまま高校生にはなりました。

でもその時、満足に答えられなかった大人に失望したのも事実です。もし、自分が聞かれた時には、納得できる答えが出来る大人になろう‥と、思いましたね~

皆様はどう答えますか?「なぜ勉強するのか?勉強する事が必要な理由」
皆様が出した答えを、出来たらコメントに入れて、教えてくださいね~
マダムの考えた答えは‥明日に!‥それ程タイシタ事では無いので、期待はしないでね。

PS.拍手を下さった方、ありがとうございます。

なぜ勉強するのか? | trackback(0) | comment(10) |


2008/03/09 (Sun) 勉強する理由<回答編>

まずは、お答え頂いた方のご意見から‥本当にありがとうございます。感謝です!

<なぜなら
ずばり、自分の将来のためでしょうね。
私は中二の時、親の勧める学校を自分で目指すことにしました。

まず大学受験は超えられそうになかったので、大学までエレベーターのその学校が良いと思ったことと、次に将来その学校を出ていれば、色々な意味で有利と判断したからです。
たいした偏差値の学校では有りませんが、ある意味有名校で、そこさえ出ていれば社会的な受けが良いのです。
中学までお馬鹿だった私は、一年半猛勉強の末にたった20人(高校入りはものすごく少ない)の難関を突破しました。

今、その時の自分の判断は大正解だったと思っています。勧めてくれた(それと高い授業料を払ってくれた)親に感謝です。一生の友人達にも巡り会いましたしね。 >

‥‥‥‥なるほど!‥‥‥

<本当に必要な知識自体は中学の勉強をしっかりすれば十分だと私も思います。
私は勉強とは字の通り、「勉めて強くあること」「強く勉める」ことだと思います。なので、常に強くあるために勉強し、努力しています。社会に出て、綺麗事は抜きに知っている者と知らない者で多くの差が出るのを目の当たりにしましたから。。。

学歴については、単なる資格のようなものだと思います。なくてもいいがあれば有利だし、選択肢が広がる。
経理職は、簿記を持っているほうが有利。それと同様だと思います。それ以上でも以下でもないかと。
大手企業では最初の段階で学歴で判断する事も多いです。それだけで自分の将来の選択肢が制限されてしまいます。私の会社も本社配置は早慶以上だけでしたし・・・

必要性については・・・長くなるのでやめますw >

‥‥‥なるほど!‥‥‥

さて、大人になってからマダムの出した答えですが‥

①やはり「自分の為」=ご意見を下さったお二人の内容とまったく同じです。特に「学歴は資格」という、言葉はぴったりですね。自分の選択肢を広げる為。
②は「知識」として=知っている事が増える程、知らない事が世の中にある事がわかる。それが想像力と呼ばれる物。本の中では無く、人を媒介として得る知識も存在するので、学ぶ場所がある。
③は「人類の為」=人類の文明の進化を作る人が、出るかもしれない‥そうでなくても、それを手伝える人になれるかも。その可能性の為に無駄と思える基礎の勉強が必要。

‥でした。すみません、タイシタ事ではなくて‥この答えで、少女マダムが納得して勉強したかは疑問ですが‥なぜならあの頃は「文明の進化」に懐疑的でしたので‥②番が一番求めていた答えに近いかも‥

息子達は特に「勉強をする理由」を聞く事は無かったと思います。高校受験の時は、マダムから言ってましたが‥あまり学歴にこだわらなかったので「やりたい事」が見つからなかったら、勉強しなさい。‥程度の意味でしか言いませんでした。
でも、さすがに、息子その2が「ゲームを作る人になりたいから、高校へ行かないで専門学校へ行く」って言った時は反対しましたね。高校へ行ってからでも遅くないからって。

大学は本来、専門の勉強をする為に行くところです。勉強にも向き、不向きがありますから‥向かない事は無理しなくてもいいかな‥なんて思っていました。だから、大学に行くなら公立、無理なら専門学校で専門技術を学べって中学生の時から言っていましたが、もちろん、国公立の大学はハードルが高すぎて、無理だったみたいです。ってより、努力する事自体を諦めたみたいですね(笑)多分、高校に入ってから頑張っても遅いですよね。親としては、努力をしていて、多少勉強に向いているのなら、私立でも良いかな‥と思ってたんですが‥

今回、お二人のご意見を頂いて、少し反省。「学歴」は、社会に出る為の自分の基盤となり、自信となるんですね。それは、大事な事でしたね。不器用だったみたいで、職人にはならなかった息子達にとって、必要だったかも‥もっと小さい頃から、お尻をひっぱたいとけば‥イヤ、もう遅いです(笑)

息子達、脆弱な基盤で頑張ってくれ!補強は君達次第だ~!
あらっ、丸投げ?

<追加コメントをありがとうございます>

大人になってから勉強するのは、知らない事を知る楽しみがあるからです。
ただ今回の話は、生徒・学生としてという視点での話ですよね。
自分としては、どんな事に興味があるのかを知る為に多くの扉を叩く必要があるんじゃないかと思います。確かに社会に出てしまうと、授業や講義で学んだ事の殆どが必要無かった事のように感じてしまいますが、決して全てが無駄だったとは誰も言えないと思います。
多くの中からより自分に必要なものであったり、興味を持ったものに更に探求していく対象を見出す機会があるのではないでしょうか。成長期には無限の可能性を秘めているのですから、多くのものに触れないというのは、自らその可能性を狭めてしまう事になると思います

2008.03.10 | motasuke

motasuke様ありがとうございます。
大人になると、勉強の大切さが分かりますよね。でも、子供の頃は無理やり詰め込まれる嫌な物でした(笑)そんな彼ら(少女マダムを含む)が納得する答えを出してみたかったんです。


久しぶりに回答を頂きました。^^
しかもスッキリと!


こんにちは、はじめまして。
勉強する理由ですね。歴史を調べると判り易いです。
長くなりますので、結論だけを先に。
勉強(実学)は、貧乏な子が這い上がる手段。
勉強(虚学)は、金持ちの差別化ツール。

※勉強には、実学(生活と職業にちなんだもの)、虚学(生活や職業と無縁のもの)があります。

以下歴史を。
・実学は国や職業ギルトにより自然発生。虚学は、ローマ・ギリシャ時代の金持ちの趣味として発生。
・今の学校に繋がるものは、900年前のヨーロッパで修道所が独立した大学であった。大学の主目的は、実学であった。普通高校、大学はここから枝分かれしたもの。大学の位置づけは、貧乏な子が這い上がるためのもの(医者、弁護士になるための予備校)。その準備学校に哲学部が存在。哲学部は虚学を教える(医者弁護士は社会のエリートなので、昔の金持ちの趣味ぐらいは身に付けておけの発想)。
・そのうち、裕福な人が教養を習いに大学(哲学部だけ)に通うようになった。
・19世紀に入って、虚学(哲学部)が独立して幅を利かせるようになった。だけど、ヨーロッパの身分制により、貧乏な子は職業だけを教え、金持ち&エリート(医者、弁護士になりたい人)は虚学コースとなった。
・日本が明治維新でヨーロッパの学校制度を輸入。このとき、虚学コースが強調されすぎた。そして、明治維新後は、薩長でなければ偉くなれない事情があった。
・学校制度が根付いた明治20年代に、薩長でなくとも、町民出身でも、一高(今の東大教養部)、高工(今の東工大)、高商(今の一橋)、陸士、海兵に入れれば偉くなれたり、金持ちになれた。これにより、受験産業ができ、受験熱が起こる。今の制度はこの制度から何も変わっていない。その関門に虚学が入試として横たわっていた。
⇒即ち、立身出世の道具
・その内、虚学だけをやれば偉くなれると勘違いした人が増え、文学部に農村出身の若者が進学するようになる。
・本来ヨーロッパでは、貧乏な子が通う学校には虚学を入れていなかったのにも関わらず、日本では虚学を小中に入れ大衆化させた。
・日露戦争後の不景気により、虚学コース(文学部、教養コース)の就職が破綻。東大ですら、文学部は3人に1人しか就職できなかった。その反面、医学部工学部は就職に困らなかった。
・飢えた虚学部卒のために、学校を増設。しかし、それは新たな学校が教養難民を増やしただけであった。教養難民が赤化して社会問題に。
・今と同じように、大学(医学部、工学部を除く)を出ても就職できないことが社会問題。旧制高校、旧制中学の虚学コース(教養コース)も同じく失業者養成所と化す。そして、実業中学や専門学校に一部の子が流れ出す。教養(赤化と貧乏の温床)より、理系化や職業化が促進される。
・戦争終了後、GHQにより、教養が巻き返す。ちょうど、好景気に当たり、教養だけの人でも営業として就職できるようになった。

現在、不景気ですから、教養は良くないと思います。実際に、教養を身に付けても、貧乏な人を更に貧乏に追い込むだけですので。
以上で述べた歴史を知らずして、答えることのできない大人が多いように思います。全ては、教育システムが虚学に偏り、虚学と実学を混在させているのが問題かと思います。また観念的な回答も子供を混乱させるだけとも思います。

長くなりまして申し訳有りません。参考文献と資料は、ご要望があれば掲載致します。
2009.10.04 | サラリーマン

歴史に弱いマダム。目からウロコでございます。
そうか・・・勉強のそもそもの成り立ちから考えねばならないのですね。
虚学と実学か~
フムフム。これは少女マダムは納得せざるえませんね。
そして・・・やはり大学は受験しなかったかも。^^
ありがとうございました~。
貧乏な人を貧乏に追い込む「教養」恐るべし!









なぜ勉強するのか? | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる