2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2008/04/02 (Wed) 楽過ぎてヤバイ‥

ムッシューのいない生活が‥楽過ぎてヤバイ‥

一人の時間がたくさんあって‥自由になり過ぎです。ヤバイです。
今日だって、息子その1は夜勤、息子その2はバトミントンで、夕飯を作らなくて良いのですよ。
水曜日は生協の日なので、私の定休日でもあります。お昼に作ったおかずで、夕飯に出来ますから、今日これからは、丸々自分の為に使えるのであります!隊長!

こうなったら自分の野望を整理しましょう。
①油絵を描く
②「鳥の声」と「虫の音」を聞き分けられるようになる
③屋根裏部屋を作る
④ピンクレディーを踊れるようになる
⑤名作文学を読み直す
⑥美肌の為、規則正しい生活を心がける

今のところ、こんなとこでしょうか‥ちょっと少ない?

④番の補足‥昔、ピンクレディーが流行った頃は、アイドル文化に興味が無かった為、ステップを覚えませんでした。
高校生時代、都会ではディスコが流行り始めていましたが、夜の足(今、分かった!アッシー君を作れば良かったんだ!)が無かったマダムには、縁が無かったので、踊らないまま大人になりました‥
東京に出てきた後には「竹の子族」が流行りましたが、20歳を過ぎたら恥ずかしくて、仲間には入れませんでした‥でもその時「ツイスト」を見て、いいなあ~なーんて思ったので、踊れる事は憧れですわ。60’はいいなぁ~
昨年「ビリー・ザ・ブートキャンプ」がメチャ流行しましたよね~。流行っていると乗らない天邪鬼なマダム。皆がビリーなら、マダムはピンクレディーと、決めました。で、振り付けDVDを購入しましたが‥覚えられないぞ~~~足と腕、振り付けを別にしても‥覚えられないぞ~(涙)あー、昔流行に乗っておけば、少しは踊れた?のに‥後悔しきり。覚えたら、マダムはケイちゃんだから、息子にミーちゃんを躍らせて、親戚の前で披露しちゃる‥と思っているのですがねっ!

マダムにとって一番難しいのが、⑥番だったりするのが悲しいぞ~

‥と、書いてたら、なぜか息子その2が、メシを食わずに戻って来ました‥でも、自分でラーメンを作っています。私の分も作らせてますけど。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(10) |


2008/04/25 (Fri) 人生50年?

私は「マダム半世紀」 名前のとおり、50歳直前の雌の人類の一個体。
 迷える年頃‥「何に?」‥人生ですがなぁ~

メチャメチャモテたわけでも、遊んだわけでも無いが、少女時代は好きな事を好きにやった。
そこそこ恋愛をして、結婚もした。
子供も二人作った。
二人共、虐待で死なす事無く、子育ては終了。
特殊技能も無いが、パートからフルタイムパート、そこそこ働いたし、働いている。
中古で、ローンもまだまだ残っているが、家も購入。
別居はしているが、まだ離婚はしていない。

ね、そこそこ普通の人生でしょ?
別に「普通」が嫌では無いの。「普通」である為にはどんなに大変か知ってるから‥
返って、「普通」は自慢なのよ!
そしてこれからも「普通」に私らしく生きて行きたいの‥

修学旅行の時、何だか古墳の壁画を見ながら、昔の人の平均寿命がだんだん延びている。飛鳥時代は40年。江戸初期が50年‥と聞いたような。(もちろん、記憶は不正確)
少女マダムは思ったの‥「人生50年、充分でしょう?!」

そして‥その時に、人生が終わっても充分だと思える年齢が近づいて来ている‥
「そうだ、死仕度をしよう‥!」
イエ、自殺は絶対しませんよ!笑、笑、笑‥

若くして亡くなった友人も数人おります。
母も51歳で亡くなっております。
事故、病気、いつ何時、何があるか分からない人生。
今までの行き方、自分が生きてきて思った事、考えた事を整理して、今後の「生き方」を考える‥
これが、マダムなりの「死仕度」なのね~。

一般的には「やれる事をやらなきゃ~人生短いし~」と、なりますわ!
ヒッキーで貧乏なのがタマにキズ~~~

そして、考えを整理するのに、このブログを活用させて頂いてます。
皆様のご意見を参考にさせて頂きながら、私の考えが偏っていないか‥多少、修正しながら整理をしている状態。だから、コメントは大変嬉しいわ~

特に重いテーマの時は、私も他の方のブログで、雰囲気を壊すのが怖くて、結局コメントを入れられない事もありますが、私のブログでは心配はご無用。

まとまらなく、長くなっても良いので(反論も歓迎)色々なご意見を頂けたら、有難いなぁ~。
だって、私は自分の人生しか知らないんだもんっ!偏った考えになり勝ちでしょ?
だから、若い方も、先輩も、男性の方も歓迎。(男性には辛口かも‥ごめんね~)

そして、今私の中で、結構重要な課題であるのは‥
「女性が年齢を重ねる事」
これは、又その内発表~!興味のある方は乞う御期待~~~~(居ないかしら?)

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(12) |


2008/04/28 (Mon) 女が年齢を重ねる事(1)

さて、本日の後片付けをして、皆様のブログを楽しませて頂いたら、あっという間に夜中の3時ですわ‥
じっくりブログを書く時間が無くなってしまったので、とりあえず、マダムの迷いについて、さわりだけ。

前にとる☆ねこさんがコメントに下さった言葉
 「40歳を過ぎたら中身で勝負」
これは私も良く口にしていた言葉でもありました。もちろん冗談半分ですが。
30代を過ぎた頃より「女を止めて人間に戻る」とも言っていましたが。

そして迷いの元
「中身」とは‥一体何でしょうか?

私はまず「人格」を連想しましたが‥

「女性」の中身と「男性」の中身、そして「人間」の中身は一緒だと思います?
もちろん、「中身で勝負」とした場合の事ですが‥
         
     <後日に続く‥>

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(2) |


2008/04/29 (Tue) 女が年齢を重ねる事(2)

昨日、T・Vですごい物を見た‥見た人、いる?
「おとなかわいい」って奴‥イヤ、方。‥誰か止めてあげなさいってば!

え~と、前回は「中身」でしたが、そういう理由で、今回は「外見」に飛んでしまいます。

基本的には、その人の服装の趣味に文句は言いません。いや、そのつもりで生きてきました。
昔、60歳代くらいの方が「ホットパンツ」(←古っ)を穿いているのを見た時は、故郷ではありえない光景に「さすが都会‥」と感心しました。
やはり、50代半ばの女性が、白髪ベリーショートで、革ジャン鋲打ちパンツを穿いているのを見た時は、感心しましたよ。こんな大人になりたいって。
フジコ・ヘミングウエイさんのボヘミアンファッションもポリシーを感じます。
一部地域のおばさま方に流行りまくった、豹柄ファッションも、結構弾けていて好きですよ。

でもね、「おとなかわいい」はいけません。・・・・・・・・・・なぜだろう?

大人と可愛いは真逆だから?←いやいや、歌手の「いるか」がいるじゃないか。
ポリシーが無いから?←いやいや、充分過ぎる程ポリシーを感じます。
スタイルが悪いから?←いやいや、良いって程では無かったけど、そんなに悪いスタイルって程ではなかった。

じゃあ、何なのさ?

だって‥似合って無かったのよ~。エ~ン‥
私の主義(服装の好みは自由)を覆すくらい、似合って無かったのよ~。
いくら、着こなせる程痩せてたからって、43歳の割に老けていた方(本当は50歳越えてた?私より老けてるんだもん)がフリルのついた可愛いミニスカートを穿いたら駄目なのよ~泣、泣、泣、泣‥
服装の趣味は自由よ、確かに~でも、駄目なのよ~!
鏡の中を見つめる、満足気な微笑みが、恐ろしかったのよ~

と、自分の中の矛盾に打ちのめされるマダムでした。
まだまだ、修行中です。
いずれは「おとなかわいい」を認められるようになるんでしょうか?

でも、今のところは、「人のフリ見て、我フリ直せ‥」
「おとなかわいい」は止めとこ‥「大人格好良い」がやっぱりいいなぁ‥
まだ「おとな普段着っぽい」だけど‥

追記 フジコさんは正しくはヘミングさんでした‥申し訳ございませんでした。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(6) |


2008/04/30 (Wed) 女が年齢を重ねる事(3)

「外見」でも、主義修行中のマダムですが、一旦「中身で勝負」に戻る。

伝統、文化、歴史の「女性蔑視」又は「男尊女卑」は世界各国どこでもありますよね~。
なぜ?‥本能で考えると納得が出来るんです。昔は反発だけでしたけど‥

原始の時代から、女性は「産む」性でした。「種の保存」もっとも大きな本能ですよね。だからこそ、価値が有り「物」として扱われてきたんでしょう。「産む」からは「健康」、「健康」からは「若い」、「物」からは「美しい」が更に付加価値として、生まれきたと思われます。
いや~本能は侮れない。

さて、
本能的な価値を強制的に失う事になる50代以降の女性は、別の価値観を持つ事ができるか‥
↑↑↑↑↑↑
「中身で勝負」は言葉を替えると、こうなりませんか?
(でも、この言葉、男性が言ったら大問題ですよね‥笑、笑、笑‥)

<もちろん次回へ続く‥多分>

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(4) |


2008/05/01 (Thu) 女が年齢を重ねる時(4)

本能的な価値を強制的に失う事になる50代以降の女性は、別の価値観を持つ事ができるか‥
さて、困った。なぜなら‥
私は顔だけで生きてきた女だから。
そこっ!私も~って、ノッカラ無いよ~にっ!
ホント、皆様自信過剰なんだから‥エッ、私が?

「恋愛体質」の貴女‥
貴女は別の価値観をもつ必要は無いですよ!今まで通りで良いんです。
ターゲットを15歳くらい上に設定すれば、そのまま行けます。
彼にすれば、充分若くて美しい貴女は、メチャクチャ価値があるんじゃない?
いつ、何時逝くことがあっても、恋愛に価値があれば、悔いは無い筈。

「恋愛体質では無い」貴女‥
<パートナーと家庭をお持ちの方>
男女愛は思いっきり少なく、家族愛をう~んと大目にブレンドして、乗り切って下さい。
長い時を一緒に過ごした家族ですから、本能的な価値が無くなっても、妻、母、又は情の価値は無くなりません。もし、それでは物足り無いのなら、自分に自信が持てるよう、付加価値をつければいいじゃな~い!自分に合った物を見つけてね。
但し、昨今は子供を頼るのは難しいので、最終的にはパートナーと二人になる事も想定してね。
本能的な価値観の昇華型なので、自信を持っていいんじゃな~い?

<パートナー又は家庭のない方>
ここよ、ここが難しいのよ‥
思い切って恋愛体質に転んじゃえば楽かしら?
えっ、無理?う~ん‥

そして又次回へ続く‥

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(3) |


2008/05/03 (Sat) 女が年齢を重ねる時(5)

「恋愛体質では無い」貴女
<パートナー、又は家庭を持たない方>
(実は、私も自分ではこの分類だと思ってます。母ではありますが)

「若い」「美しい」が、例え本能的な女の価値であろうとも、
「女らしさ」が世間、社会で決められた女の価値であろうとも、
貴女自身の価値観が、周りに作られたものであったとしても、
結局、50年間生きて来た、自分を信じて突き進むしかありません。
より若く、より美しく、より賢く成りたいなら、努力を続けるべし!
「外見」「女」が必要で無いと思ったら、すっぱり切り捨てるも良し!
周りが何と言おうとも、好きな事が出来る時間は、そう長くありません。
周りがどうであろうとも、批判する権利もありません。
鬱々と悩む時間もありません。
只、自分の事は自分で始末出来る様、老後の準備はしっかりと。
働けなくなるまで、そう時間がありませんから‥


と、ゆ~事で、前述のTVで見た「おとなかわいい」彼女も、私の中での矛盾は解決。
彼女はお子様がいらっしゃいましたが、子育てをキチンとやっているのでしたら、彼女は間違っていません。それが彼女の生きがいならば‥TPOさえわきまえていれば、世間が口を挟むのは、逆に間違いでした。すみません‥

今回は漠然とした思いを、私自身が整理する為に、書かせて頂いた「日記」でありました。

お付き合いをどうもありがとうございました~。
こんな結論に、そんなのあたりまえじゃん‥と思った方も多いかも?

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/22 (Thu) 悟り

一週間程前の朝日新聞「天声人語」より‥

35歳で没した俳人「正岡子規」の「悟り」をめぐる一節。

悟りとは‥いつでも平気で死ぬ事だと思っていたのは誤解だった。
逆に、如何なる場合にも平気で生きて居る事であった。


脊椎カリエスで長く伏し、寝たきりの子規は、母と妹の献身的な介護を受けていたそうです。

若い男性で、家計を支えなければならない立場の彼が、寝たきりの自分を情けなく思わない筈も無く‥その中での言葉。

考えさせられました。
深い言葉に出会うと、自分の浅さを悟ります。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(6) |


2008/07/30 (Wed) お知らせ

先日まとめてしまいましたが、
「なぜ人を殺してはいけないのか?」
をテーマに、皆様のご意見を拝聴させて頂きました。
まとめた後も、コメントを頂きましてありがとうございます。
大変有り難く、是非、ブログに加えさせて頂きたいと思います。
又、初めて来て頂いた方にも見て頂ける様、カテゴリーを独立させました。

かなり以前にテーマにした
「勉強はなぜするのか?」も同様です。
自分なりに考えたお答えがありましたら、是非教えて下さい。

主旨として
「討論をしない」
「他の方の意見に負の感想を言わない」
を決まりとして、
今後も皆様のご意見として頂いたコメントは、なるべく原文のまま記事に追加をさせて頂きたいと思います。ご了承下さい。(不可の場合は申請願います)
尚、追加のご意見等ございました場合にも、ご遠慮無くコメントを入れて下さいね。
一旦まとめたブログなので、私の結論は、大きな変更が無い場合はそのままです。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(4) |


2008/10/21 (Tue) 柿の木

「やりたい事は?」と聞かれたら、何と答えます?


私は‥
「絵を描きたい」
憧れなの。


但し、仕事も家事も何もしない、自由な時間が出来たら。
没頭する時間が、一ヶ月以上欲しい。
それぐらい、絵を描く事だけに集中してみたいの~。
今の私の「夢」かな。

「絵を描く」
イラストを含めて、ず~っと描いていません。

小学校の4年生の時、描いた一枚の「柿の木の絵」が、私を変えました。
何の気無しに選んだ、一本の柿の木。

絵を描く事は好きでしたが、図画工作はいつも「3」。
特別に評価をされた事がありませんでした。
その時は天気が良く「影」が際立っていました。
私は木や枝に「影」をつけてみたんです。
あら、何と木が立体的に見えるではありませんか‥

友達が次々と、描いている絵を覗きに来ました。
描いているのが、非常に楽しかったのを覚えています。
先生も褒めてくれ、何かのコンクールにも始めて入賞しました。
図画工作の成績も「3」から「5」に急上昇。
それから、私自身も、友人も公認で、私は「絵が上手い人」になりました。
中学3年生まで、図画工作は5でしたよ。あれっ、中学って美術だったっけ?

ただ‥目指すところは「漫画家」だったので、特に美術には向かいませんでした。
だから、油絵を描いた事は無いに等しい。
あっ、デッサンはそこそこやっていますよ。
デザインの専門学校でも授業はありましたから。

息子その2が高校で「美術」を学科専攻した為、宿題を手伝った事はあります。
彼の自画像です。
殆ど下書きだけの絵を、1時間で仕上げました。
ゴッホっぽいタッチで‥(なんと大それた‥汗)
面白いんです。油絵!

その絵がどうなったか?
どんな評価を受けたか?
気になりましたが、絵が戻ってきませんでした。
参考教材として没収されたみたいです。

息子その2には、もちろん、コツとタッチを教えておきましたが、役には立たなかったみたいです。
そのタッチで描いていると、皆が覗きに来て、恥ずかしいのだそうです。
先生には‥「完璧にバレました」ね。

で、息子の油絵の道具は残してあります。
いつか、絵が描ける時を夢みて‥
夢だから‥ず~っと、後でもいいんです(笑)
大事にとっておきます。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(27) |


2009/10/06 (Tue) 40代よさらば

半世紀生きてまいりました。
本日は40代最後の一日でございます。

「若さ」「美」に対する想い・・・例えば、好み、執着、望み、諦めはその年代の時々で、又違った感覚を味あわせて貰いました。

だって女ですもの~~~~(モジモジ・・・)

そして努力には、手間とお金がかかる。

その時間が勿体無いのよ~
今まで、若く美しく(とりあえず^^;)ある為に、どのくらい時間を使ってきたんだ~!
女に生まれてきたら、手入れしないと、女失格?
基本、鼻毛と眉と顔のうぶ毛(ヒゲ含む)の手入れだけでいいじゃん。(実はそれすら面倒)
もうさ、腕毛も腋毛もすね毛もぼうぼうでいいじゃん。
自然なままで生きようよ。
どんなにがんばっても、老化は止められないんだってば。
止めようと思うから、歳を取るのが憂鬱なんじゃん。
女を捨てたら、楽になれるんじゃん?

(これは逃げともいう
ガラの悪い感情なんで、色だけは綺麗にしてみました。^^)

と、又ジタバタしていたら、2008年の5月で結論が出ていたのを思い出しました。

結論はこれ。↓


「若い」「美しい」が、例え本能的な女の価値であろうとも、
「女らしさ」が世間、社会で決められた女の価値であろうとも、
貴女自身の価値観が、周りに作られたものであったとしても、
結局、50年間生きて来た、自分を信じて突き進むしかありません。
より若く、より美しく、より賢く成りたいなら、努力を続けるべし!
「外見」「女」が必要で無いと思ったら、すっぱり切り捨てるも良し!
周りが何と言おうとも、好きな事が出来る時間は、そう長くありません。
周りがどうであろうとも、批判する権利もありません。
鬱々と悩む時間もありません。
只、自分の事は自分で始末出来る様、老後の準備はしっかりと。
働けなくなるまで、そう時間がありませんから‥


今回は漠然とした思いを、私自身が整理する為に、書かせて頂いた「日記」でありました。


(2008年5月頃に「女が年齢を重ねる時」というテーマで書いた記事です)

どう?一年前の私、偉そうじゃない?
上から目線?

まだ48歳の私、あなたが思うより、老化はハイピッチで進んでるわよ~
ウエストなんかね、横の厚みが正面からの幅と変わらないくらい。
昨年までは結構いけてたでしょ?
でもね、今では少々の腹筋運動じゃあ太刀打ちできないのよ。
元から飽きっぽいしね。
そろそろ、女を捨てて、人間になりた~い・・・って、毎日心の中で愚痴ってるわよ。
大した努力はしてないくせに、おいしいものを食べてるし。
努力も面倒でね。^^;

でもね、そんなに偉そうに言われたら、しょうがないけど従うわよ。
少しずつ心と折り合いを付けながらね、歳を重ねるわよ。
努力を放棄したら、後悔してはいけないのよね。了解!
(放棄する方向で話を進めてるし^^)

又、ジタバタしたら、思い出さねば。^^;

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(16) |


2011/02/02 (Wed) 「頑張って」

私の世代の人間は、普通に「頑張れ」という言葉を使う。
「応援してるよ」
「ちゃんと見てるからね」
「負けないで」
「エライなぁ」
すべての想いを乗せて口にしてきた。

「頑張ってね」

・・・・私の記憶では、16年前の阪神大震災の後だったと思う。
(違ってたらごめん)

「頑張って」は無責任な言葉になった。
急に悪モノになった。

・・・もうこれ以上、何を頑張ればいいのか・・・

大災害に打ちのめされた人々は呟く。
「頑張っての言葉がツライ」と。

そうだろう。
頑張る力の残ってない人にかける言葉は見つからない。

親しい友人であれば「頑張ってね」の言葉は必要ない。
態度で示せば良い。
そばにいてあげるだけでいいかもしれない。

・・・でも、態度で示せない人にはなんて言えば良いのだろう。
励ましてあげたいのだ。
力付けてあげたいのだ。
・・・かける言葉が見つからない。

震災被害者だけではなく、色んな人が「頑張れ」の声が辛かったと言うようになった。
そんな事を聞いたらもう「頑張ってね」って言えないなあ。


「頑張ってね」が言えなくなって困ってしまうのは、私自身が「頑張ってね」の言葉に嫌な思いをした事が無いからなのかな。
絶望を感じる程、心が落ちた事が無いからだろうか?
自分でこれ以上頑張れない程、頑張った事が無いからだろうか?

私はどちらかといえば「頑張ってるね」とか、「努力してるね」とか言われる方が嫌なタイプ。
困難は平気な顔で乗り越えたいのだ。
痩せ我慢?
うん、そうそう。
そのタイプ。^^;
「努力してるね」って言われたら「そうでもないけど・・・」って言っちゃう。
あはは。


いつも思うのだけど・・・
「頑張ってね」の言葉が悪いんじゃないよね。

他人事の「頑張ってね(挨拶代わり)」は「はいよ~」で
哀れみの「頑張ってね(かわいそ~)」は「頑張りようがないけどね~(そんなに大変じゃないし)」で
蔑みの「頑張れ(能力足りてね~よ)」は「はい!(お前もな)」で返して。
そうやって臨機応変に受け取るのが言葉なんだと思う。

ちゃんと入っていれば、ちゃんと受け取るよ。
「応援してるよ」
「ちゃんと見てるからね」
「負けないで」
「エライなぁ」
の気持ちも。

多分、日本語だけではなく、英語でも、イタリア語でも、中国語でも・・・
謙譲語や女言葉の無い国程、そうなのかも知れない。
一つの言葉が、様々な意味を持つ。
時には正反対の意味を持つ事だって、あるんじゃないかな。


結局は乗せる心なんだろうな。
その人の人柄とかも大きい。


でも、コレばっかりは相手の受け取る心次第。
「頑張れ」の言葉が嫌いな人には使えない。
かといって、代わりに伝える言葉が無い。
心から頑張って欲しいと想っても、うっかり使えなくなってしまった。
その人を傷つけるのが怖いから。
その人に嫌われるのが嫌だから。


・・・・で、皆様は困った事は無いですか?

やっぱり良くない言葉ですか?
「頑張ってね」って。

・・貴方はどうしてます?



・・・と、以前から考えてました。
又、しょ~も無い事を。
駄文、失礼しました。

マダムの行く道 | trackback(0) | comment(9) |


2013/11/24 (Sun) クリスマス始めました

クリスマスを始めました。
前記事のコレ↓が
IMGP0833.jpg
コレ↓になりました。
IMGP0834.jpg
枝にぶら下がってるのは、ちょっとお気に入りのオーナメント^^

玄関の中はシンプルな飾りのみ。
IMGP0835.jpg
小さい子供はいないので、これで十分クリスマス気分です。
いや、充分すぎるだろ!?(笑)


実は11月後半から12月初めにかけては結構ハードな仕事スケジュールが組まれています。
だから又ブログは放置になりそう。

さて、その前に人間修行中の私が、歳を取るという事に思うものを書いてみようかと思う。
たかだか54年しか生きていない私が言うのも、もちろんおこがましいのですけれど。

又、長くなるので続きに入れましょう。
時間のある方だけどうぞ。^^




マダムの行く道 | trackback(0) | comment(7) |


| TOP |

クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

プロフィール

マダム半世紀

Author:マダム半世紀
半世紀も生存してしまった貧乏マダムの 独り言の垂れ流し?

自作オセロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

電力使用状況&電気予報

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる